読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ドローン(無人航空機)」にドローン以上のピッタリな名称を考えてみる。

誰だよマジで。

「ドローン(無人航空機)」に「ドローン」っていう名前付けちゃったヤツは。

センスねぇなぁ~~。

もうちょっとこう…

「名は体を表す」なニュアンスってあるじゃないですか。

今回は、もっとドローンに適した名称を考えてみようと思う。

 

あれはね、「ドローン」じゃないと思うのよ。どっちかっていうと「バビューン」とかさ「ドゥイーン」みたいな路線だよな。

ドローンの由来は「オスの蜂」です~。とか言ってるけどさ、そんなのどうだっていいんですよ。もっと大事なことがあるでしょうが!このバカチンが!!

 

もっとしっくりいく名前付けろや!!

大事なのは、名前を聞いて、その現物をありありと想像できるかどうか?ですよ。

 

まずね、もしかすると、このへんの「名は体を表す」っていう感覚、感性って、日本人は優れてるのかも知れないなぁ~って思うことが、多々あるわけ。

 

これはもうね、みなさん、身に覚えがあるはず。

「あ~~、このネーミング、バビッとハマってるな!」

って、感じること、多いと思うんですよ、日本人はね。

 

例えばさ。

 

ゴジラとかね。

 

怖そう。強そう。デカそう。

いいじゃないですか。

言葉の響きと見た目がピッタリ。

 

「ゴリラ」と「クジラ」を組み合わせて、生み出されたんだよね、確か。

ゴリラの力強さと、クジラのデカさにあやかってる。らしい。

 

でもこれがですよ、

センスのない人が名付けちゃうと、

ゴリラとクジラのあいの子で「クリラ」って付けちゃうわけよ。

 

ダメじゃん、クリラ。

若干、リラックマ的なゆるさが醸し出されてる。

やっぱ、濁点が入らないとダメなんですよ、ゴジラには。

 

 

「濁点が入ると、強そうな感じになる」ってのを日本人は昔からよく分かっています。

マジンガーZ」しかり。

機動戦士ガンダム」しかり。

 

とりあえず、ロボットモノのアニメなんかは、この「濁点」をかなり意識していますよね。

 

ゲッターロボ

UFOロボ・グレンダイザ―。

鋼鉄ジーグ

勇者ライディーン

装甲騎兵ボトムズ

太陽の牙ダグラム

聖戦士ダンバイン

戦闘メカ・ザブングル

あげていったらキリがない。

 

「力強さ」がありますから、ロボットモノ以外でも「濁点」はよく使われています。

デビルマン

ガッチャマン

ゴレンジャー。

室伏アレクサンダー広治(Koji Alexander Murofushi)

KABA.ちゃん

ミッツ・マングローブ

マツコ・デラックス

デヴィ夫人

and more…!

 

 

逆に、半濁音の「ぱぴぷぺぽ」が付くと、今度は「食べちゃいたいくらいに可愛らしい~!」という感じに。

ポッキー

プリッツ

パピコ

ハッピーターン

ポポロン

ポテコ

ぷっちょ

プッカ

ポイフル

……キリがありません。

 

日本人はこの、「名は体を表す」的な感覚を大切にしてきた、と言えるのかも知れません。

 

 

それに比べて外国人の雑さね。ネーミングセンスの無さ。ヒドイ。ドイヒー。

日本人の感覚から行くと、「ヒーローものの主人公」は、本来、濁点が付いた方が、しっくりいくし、強そうな感じになるんですが、アメリカ人は、ちょっと雑なんですよ。

 

アメリカンコミックのヒーローの中でも、圧倒的なまでに名が体を表していないのがコチラ。

 

スポーン。

身長2m、体重200kg。

www.youtube.com

 

「すぽ~~ん」って…。

無いわ~~。

弱そうだし、ちょっと抜けてそう。

おっちょこちょいな一面がありそうです。

 

ちなみに、全裸のスポーンは

スッポンポンスポーンってことになります。

だからなんだと言われても困りますが。

 

魔界からよみがえったダークヒーロー…。

その名は…すぽ~~ん。

・・・・・・

だめだぁ~~~。

 

 

スポーンにスポーンって名前付けちゃうようなセンスだから、

ドローンにドローンって付けちゃうんだろうなぁ~。

 

ちなみに、

結構ね、上手に名前を付けてる例もあるんですよ。

バットマンとか。

ジャック・バウワーとか。

 

なんなんだろうね。

外国人だからと言って、みんながみんな、センスが無いわけじゃないんですよね。

 

たとえば、犬とか。

チワワ。…分かる。

ド―ベルマン。…わかる。

名が体を表してる。

ブルドッグ、とかね。

ポメラニアン、とか。

すごく名前と本体がマッチしてる。

 

 

輝け!第一回「名前と実物の距離が、かけ離れている有名人」選手権大会~!!

とりあえず、脱線しておきます。

 

私が常々、気になっていた人が2名おります。

名前とその本人の距離が、異様に離れすぎている人々。

 

西の横綱

ミラ・ジョボビッチ

 

東の横綱

プーチン大統領

 

 

この二人は、群を抜いて、名前と本人がかけ離れているような気がします。

まぁ、ファミリーネームっていうんですか?苗字の部分なんで、自分ではどうすることもできないんでしょうけど。

ちなみに、この違和感は、日本人の私だから感じていると言うわけではないみたいです。

過去に、インタビューで、ミラ・ジョボビッチさんご本人も、

「ないわ~。さすがに、ジョボビッチは無いわ~。」

って悩んでた時期があった、といっていました。

ミラジョボ本人も、「ジョボビッチ」が持つ語感が、自分のルックスとかけ離れているというのは感じていた、ということです。

 

ということはですよ。

おそらくプーチン大統領も、悩んでいる可能性が高いです。

「あぁ~オレの名前、ぷ~ちんかよ~トホホ…」

眠れない夜を何度も過ごしたでしょうね。

 

少年時代にはイジメもあったかも知れません。

「や~い!や~い!お前の名字、ぷ~ちん◯◯」

 

その頃のトラウマが、今のプーチン大統領を生み出したといっても過言ではないでしょう。恐るべし。

 

 

結局、なんだっけ?あぁ、ドローンの名前だ。 

そもそもさ、

「ドローン」 って聞いて、何をイメージするか?だよね。

個人的には、こんな感じかなぁ…。

 

少年

「おこずかいも貯まったし、今日はドローンを買いに行くぞ!」

 

てくてくてく。

 

少年

「よ~し。ここがおもちゃ屋かぁ~」

(自動ドアをウィーーン)

 

おもちゃ屋

「いらっしゃい!」 

 

少年

「おじさん、ドローンおくれ!」

 

おもちゃ屋

「はいよっ!ネバネバのドローンだよっ!」

ぷるぷるスライム 全6種セット ガチャガチャ

 

少年

「ありがとう!おじさん!これをピザ生地のようにグルグル回して大空へ…ってコラー!」

 

おもちゃ屋

「(なかなか良いノリツッコミだったぜ…!)」

 

・・・・・・

 

こういう大参事が起こる可能性もあるわけですよ、それが「ドローン問題」。

 

事故を未然に防ぐには、早急にドローンより適した名称を考える必要があります。 

 

 

いま私は、ドローンの動画をいくつか観て「ドローンらしさ」を学びました。いよいよ名付けてみますか。

思いついたワードを、とりあえず、適当に並べてみます。

 

ツベルクリン

ヒヤリハット

ヌラリヒョン

ペッパー君

・・・・・・すでにこの世に存在していますね。

全部却下。

 

う~~む…。

 

・・・・・・ひらめいた!!!

 

DEENみたいな感じかなぁ。

 

ディーン。

このまま君だけを奪い去りたい

www.youtube.com

 

DEEN、なつかしいなぁ~。

 

 

正直に言います。

いま、ドローン問題に関しまして、どうでもよくなってきております。

 

有志のみなさんで話し合って、勝手に決めていただけたら幸いです。

 

私は今から、DEENの懐かしい曲の動画をハシゴしたいと思います。

それでは!

お先にドロンさせていただきます!

(不可抗力的なダジャレ。オレは悪くない)