【期待しない生き方】他人や自分に期待しなければ失望することもない

先日、鴻上尚史さんの人生相談で「4歳の娘の我がままに、爆発してキレそうです」というお母さんからの相談が話題になってました。 んで、これね、回答はひとまず置いといて、そもそもの話でね、 「なんでお母さんが娘にムカついてるのか?」 っていうと、こ…

「無職」という言葉が持つ無限の可能性

ある方のプロフィール欄に「無職兼作家」って書いてあったんですよね。 おぉ…なんか…カッケー。よく分からんけど「二足のわらじ感」カッケー。 そもそも、無職って何なんだ?って話なんですけどね、そんなのはもうね、人それぞれでいいと思うんですよね。 十…

自由律俳句とは、はみ出し者たちの魂の叫びである

要領よく生きていけるならね、ちゃんと五七五のルールを守って句を詠めばいいんですよ。 でも、それができなかった。既存の枠の中に行儀よく収まることができなかった。 そういう「はみ出し者」がね、いるんです。 社会のルールの内側で上手に生きられなかっ…

我々はもう年金はもらえないんじゃないか?と思う

年金制度自体は、裏技的なテクニックを使えば、表面的には持続可能だとは思うんですよね。 支給開始の年齢をどんどん引き上げていけばいいだけの話なんで。 70歳から、75歳から、80歳から…と、さじ加減を測りながら、崩壊しないレベルまでひたすら先送りすれ…

リアルがダメなら非リアがある!自分が戦えるフィールドで勝負しろ!

カレー沢 薫(かれーざわ かおる)先生が出版した『非リア王』(講談社文庫)が、たくさんの「生きづらさを抱えた人々」を救うことになるだろう。 リアルな世界で輝けないなら、バーチャルな世界で輝けばいいじゃない。 なんという逆転の発想。 これはもう「…

【驚愕】人間は長距離走で馬と競争して勝つことができる!って話

人間は、馬と「かけっこ」で競争して、勝てるだけのポテンシャルを持っているって話、皆さんはご存知でしょうか? 私は、この話を知った時、めっっっちゃテンション上がりまくりました。 アドレナリン出まくりです。 すぐにジョギングシューズを履いて、ダッ…

月々3万円の現金収入で生活できるシステムを構築したい

「月々2万円稼げば生きていけますよ」的な意見を見かけました。 実際の話、極論を言えば「現金収入ゼロ」でも生きていくことって、ぶっちゃけ可能ですよね? 例えば…自給自足とか?(違ったら失礼)

カレーで絶命しそうになった話

とある田舎のカレー屋で危うく命を落としそうになったことがあります。 あたり一面、畑、畑、畑…。 畑の中にポツンと佇む、いわゆる「隠れ家」的なカレー屋での出来事です…。

【はてな初心者講座】文字のサイズ 16px以上にしてますか?(追記アリ)

聞くところによると、文字のサイズが16px以上だと、SEO的にもメリットがあるとかないとか。(詳細はのちほど) 当たり前の話ですが、人は誰しも、読みやすければ読むし、読みにくければ離脱する生き物なワケですよ。 今日はちょっとブログ初心者にとって役に…

ZOZOTOWN前澤友作社長、実はピーターパン説

ZOZOTOWNの前澤友作社長って…実は、少年の心を持ったまま大人になってしまった、いわばピーターパンなんじゃないか?って気がしてきました。 こんなこと言ったら、全国8千万人のピーターファンに怒られちゃうかな…?

【 #自由律俳句的つぶやき 】始めました。ツイッターで。

こんにちは。「平成の俵 万智(たわら まち)」です。ウソです。 ワタクシ、この度「はいじん」を目指すことにしました。 廃人のほうではなく、俳人ですね。 五七五にとらわれない自由律俳句をね、これから始めてみようかなと。

「政治家になってほしい芸能人」を10人選んでみる

先日、「政治家・武井壮 待望論」的な意見を目にしまして。 まぁ、半分、青いっていうか、半分ファンタジーな感じもするんですが、冷静になって考えてみると、あながち、無くもないんじゃないか?って気がしてきました。 想像してみてください。武井壮総理大…

「女性」と「化粧」と「生きづらさ」の話

以前このブログで「電車の車内で化粧するのはどうなの?アリなの?」みたいな話を取り上げたことがあります。 なんと、あるアンケート(しらべぇ)によると「化粧はダメ」と答えた人は、驚異の80%越え。 しかも男性よりも女性の方が、女性の化粧に厳しい…

ブログ「自由ネコ」3周年記念企画。1万文字書いてみたよ。

このブログ「自由ネコ」を始めて3年が経ちました。 皆さんに感謝です。ありがとうございます。 はてな読者数2000人超え、累計アクセス数460万超えということでね、思えば遠くへ来たもんだなぁ…と。 今回は、日頃のご愛顧に感謝する意味も込めまして…

【R-1ぐらんぷり】キートン3回戦敗退問題について考える

ピン芸人No.1を決める大会『R-1ぐらんぷり』。 その3回戦で、当日のネタがめちゃめちゃウケていたキートンさんが、まさかの敗退。 キートンさん自身、全く納得してない様子で、R-1の審査基準などを批判していますね。 キートンさんの気持ち、分かるっちゃ分…

「冷めたおでんで火傷するのがプロだよ…」by ダチョウ倶楽部リーダー肥後

ダチョウ倶楽部のリーダー、肥後さんいわく。 「冷めたおでんで火傷するのがプロだよ…」 これは…! ・・・・・・名言なんでしょうか。

伝説のコンテンツ『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』をご存知だろうか?

みなさんは『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』という、伝説的キラーコンテンツをご存知だろうか? ようするに、 「草刈正雄(くさかりまさお)」は「まさかりくさお」に。 「松平健(まつだいらけん)」は「けつだいらまん」に。 ただそれだけ…

【サッカー日本代表】アジア杯カタール戦ひとり反省会(決勝で完敗)

いや~、見事でしたね、カタールの1点目と2点目! こういうスーパーシュート決められちゃうと、今の日本にはまだ試合をひっくり返す力は無いですね~。完敗ですよ、完敗。 そして、カタール初優勝、おめでとうございます!

【バスケ日本代表】2020東京五輪のメンバーを予想(後編)

【バスケ日本代表】2020東京五輪のメンバーを予想(前編)の続きです。 今回は寄り道しないでどんどん行きます。 (ちなみに、前回紹介できたのは、富樫選手と比江島選手のみ!)

【バスケ日本代表】2020東京五輪のメンバーを予想(前編)

大坂なおみの次はバスケの八村 塁だっ!間違いないっ! 来年の今頃は、八村 塁(はちむら るい)選手の「NBA入り」で、間違いなく日本バスケ界&日本スポーツ界全体が爆発的に盛り上がってるはずなんでね、フライング気味にオリンピックのバスケ日本代表メン…

【サッカー日本代表】アジア杯イラン戦ひとり反省会(事実上の決勝戦)

優勝候補筆頭の強豪イランに!まさかの3-0勝利! イランはアジアでは6年間(39試合)無敗の圧倒的大本命だったんですけどね~。 終わってみれば、森保ジャパンは今大会最高の出来で勝利と。 これが「サッカー」の醍醐味ですよね。 ホント、何が起こるか分…

大坂なおみ選手は日本人ですよ。誰が何と言おうとね。

大坂なおみ選手が日本人だからって、私自身、ドヤ顔するつもりもないし「日本人、誇らしい」とも思わないんだけどさ、 「大坂なおみは本当はアメリカ人だ!」とか言って噛みついてくるの、ホントマジでやめて。

コンビニまで徒歩7分。終の棲家として理想的な土地を発見

「終の棲家」的移住先として非常に理想的な土地が売りに出ていました。 ザックリ、広さ1000㎡オーバー(300坪以上)で、100万円ちょい。 「山林」なのにコンビニまで徒歩7分。なおかつ海まで2キロなので釣り生活も可能。 温暖な気候で果物の産地。 これ、ど…

【サッカー日本代表】アジア杯ベトナム戦ひとり反省会(北川は被害者)

いや~…参った…。劇的に、しょっぱい試合でした。 これでホントにアジアのベスト4を決める戦いだったのか?っていう酷い内容。 まぁいいです。本番はここからです。 次は優勝候補のイランが相手ですからね。今までのような試合をするわけにはいきません。こ…

NHKスペシャル『安室奈美恵 最後の告白』を観た感想

途中からですが「NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント第4回『安室奈美恵 最後の告白』」を観ました。 見ごたえがありましたね~…。 安室ちゃんの芸能生活も、決して順風満帆だったわけではなく、いろいろ迷ったり、葛藤した時期もあったんですねぇ…。

【サッカー日本代表】アジア杯サウジアラビア戦ひとり反省会

アジア杯決勝トーナメント1回戦、いきなりサウジアラビアと当たっちゃいましたけど、いや~、なんとか勝ちましたね、森保ジャパン。 それにしても、サウジアラビア、良いチームでしたね。個々のスキルもあるし、連携も日本より良かったんじゃない? 正直、…

【妄想】もしも自分がZOZOの社長なら1億円をどう使うか?

ダウンタウンの松ちゃんが指原莉乃さんに「お得意の身体を使って何かするとか」みたいな発言をして炎上した件について言及しようか迷ったんですが、今日はもうちょっと「夢のある話」をしたかったんで「1億円の使い道」を妄想することにしました。

スポーツ観戦の醍醐味のひとつは「どうでもいい」ってところだと思う

スポーツ最高~! 今、ホント大変ですよ。テニスも、卓球も、バスケも、サッカーも、盛り上がってますからね~。チェックするだけでもテンテコマイです。 今回は満を持して、以前から温め続けてきた「スポーツ(観戦)の素晴らしさ」について語ってみたいと…

なぜ「サブウェイ」は失敗したのか?サブウェイ童貞の俺が考察してみる

サンドイッチのチェーン店「SUBWAY(サブウェイ)」が破産したとかなんとか。そんなニュースが舞い込んできました。 今回は、一度もサブウェイを体験したことの無い、いわば「サブウェイ・チェリーボーイ」の私が、独断と偏見で「何故サブウェイが日本で受け…

稀勢の里がついに引退。なぜこんなことになってしまったのか

稀勢の里が、再起をかけて臨んだ初場所で初日から3連敗。 ついに…ついに、引退を決断しました。 これはもうどうしようもないっていうかね、勝負の世界なんで。 横綱ってのは本来、勝って当たり前のポジションですし、稀勢の里だけ特例ってわけにはいきませ…