格闘技【RIZIN】朝倉カンナがRENAを返り討ちに。RENAリベンジならず去就は?

広告

先ほどまで格闘技イベント「RIZIN(ライジン)」をテレビで観ておりました。

う~~む…。試合後の勝者のインタビュー中に、強引にCMブッ込んでくるのはどうなんでしょうか。(あの時間帯だけ生放送とはいえ)

まぁそれはそれとして。

ちょっと「ひとり反省会」開催しておきましょう。

 

この先、どうなるんだろうか。RENAは総合から足を洗うのか?

RENAの練習してる場面で、本人が言ってましたね「私、総合、向いてないわ」みたいな。

 

RENAはもともと、シュートボクシング出身ですからね。

いわゆる「立ち技」系の選手です。

「打撃」がウリのスタイルですね。

 

それに対して、朝倉カンナのバックグラウンドはレスリングですね。

レスリングから総合格闘技の道へ進んだ選手です。

殴る蹴るなどの打撃よりも、寝技、関節技を得意としています。

 

そうなると当然、試合の展開としては、RENAは打撃で勝負したい。

朝倉カンナは、打撃をかいくぐって懐に飛び込んでタックル、そのままグラウンドの攻防に持ち込みたい。

 

 

やっぱり、打撃系の選手、いわゆる「ストライカー」って、総合格闘技の世界ではなかなか難しいんですかね?

転がされちゃったら、強いパンチもキックも打てないしね。

関節技のノウハウもないから、防ぎ方を知らない。簡単に腕とか首とか極められちゃう。

基本的なね、セオリーの話をしちゃうと、そういうことになりますよね。

 

もちろんRENAも寝技対策を散々やってきたんだろうけど、所詮は付け焼刃、試合本番の大事な場面で考えるより先に体が動いてくれるのか?っていうと、やはりなかなか難しい。

RENAがこの先、本気で総合格闘技の世界でやっていくつもりなら、どうしても、寝技の練習をみっちりやっていくしかない。体に染み込むまで、徹底的にグラウンドの練習に打ち込むしかない。

 

でもねぇ、やっぱりさ、格闘技にあんまり興味が無い人なんかは、派手な打ち合いが観たかったりするんですよね。

両者が、スタンディングのまま、殴り合うシーンが観たいんですよね。

そういう試合展開の方が、盛り上がる。

 

寝技のスペシャリスト同士が、終始、寝転がって、関節の取り合いばかりしている試合も分かる人が見ればめちゃ面白いんだろうけど、一般人は盛り上がらないわけですよ。

 

で、今後のジョシカク=女子格闘技界はどうなってしまうのか?

 

朝倉カンナのスタイルで、盛り上がれるんだろうか?

 

RENAが今まで戦ってきた試合は総合ルールではなかった。

それで「立ち技では、もはやRENAに敵なし」みたいな状態になって、総合ルールの試合にも参入するようになった。

 

ジョシカクが盛り上がった大きな要因はRENAの強さだった。

華のある選手が、華のあるパフォーマンスで入場し、華のあるスタイルで試合をし、そして勝つ。勝ち続ける。

 

朝倉カンナ、どうだろうか。

あのファイトスタイルで、一般の人、盛り上がるのかな?

もしかすると、プロ根性を見せて、試合序盤はあえて苦手な打撃でやりあうスタイルにチェンジするのだろうか?

 

 

例えば、私なんかは、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを思い出すね。めっちゃ強かった。柔術家。でも、殴り合った。

今でも健在なのか知らんけど、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラって選手がいたのよ。

昔、日本には「プライド」という格闘技団体があって、ノゲイラなんかは、めっちゃ強かったんよね。

 

でも、やっぱり、ファンが盛り上がるのは、基本的にはストライカーの試合なわけよ。分かりやすいから。(ヒョードルはサンボ出身のはずだけど打撃強すぎなので除く)

顔面ぶん殴り合って、どちらかが、ぶっ倒れたら決着がつく、っていうのが、ものすごく派手で分かりやすい。

 

それに対して、寝技での決着って、分かる人にしか分からない部分が大きい。

関節技の名手が「ヒールホールド極めた」って言っても、ニワカファンには何が起こってるのか分からんわけよ。「えっ、なんで今、ギブアップしたの?」ってなる。

 

柔術家のノゲイラなんか、打撃の選手じゃないんだから、本当は殴り合いたくなかったと思うよ。正直に言うと。

しかも相手が、キック出身とか、ゴリゴリの本職のストライカーだった場合、どう考えてもスタンディングでは分が悪い。

こっちのパンチは全然当たらないし、相手はお手本通りの体重の乗ったハードパンチをどんどん繰り出してくる。

 

でも、試合を盛り上げるため、ノゲイラは、ちょっと打ち合ったよね。

打撃のプロ相手に、柔術家のパンチがヒットするか?っていうとなかなか難しいのは百も承知で。

だから、観ている方も盛り上がった。

玄人が観ても、ノゲイラのその心意気に感動したし、うれしくなった。

 

まぁ、決着としては、顔面をボコボコに腫らしても、結局はノゲイラがグラウンドで関節を決めて勝つんだけど。

 

やっぱね、試合開始から一発もパンチを出さず、終始タックル狙いで、転がしたら即、関節決めて秒殺、みたいな試合ばかりじゃライトな客層は盛り上がらんという事情があるわけで。(相手が立ち技出身の選手だった場合、柔術のチャンピオンの関節技を防ぐのはあまりにも難しい)

 

なかなかね、寝技のスペシャリストが盛り上げるってのは難しいんよね。

青木くらいじゃないですかね。

青木真也

キャラも含めて。

 

 

ちょっと話が脱線しまくっちゃったけど、ようするにですよ、朝倉カンナ。

寝技の選手ではあるけれども、今後はオーディエンスを盛り上げるために、あえて打撃の展開も取り入れてくるんだろうか。

 

今のスタイルで、格闘技を観たことが無い女子たちのハートをガッチリとキャッチできるだろうか。

 

このへんが、プロの試合ってのは難しい。

お客を盛り上げてナンボ。

 

盛り上げて、勝つ。

朝倉カンナはエンターテイナーになれるのか?

今後も大注目です。

 

RIZIN.11 浅倉カンナ選手試合前インタビュー

www.youtube.com

 

RENAの風格。

「カンナ!アンタがジョシカクを背負うのはまだ早いよ!」とでも言いそうな…w

 

RIZIN.11 RENA選手試合前インタビュー

www.youtube.com

 

RENAの去就にも注目!

 

追記

今知りましたが、RENAは格闘技を一時休業し、普通の女の子に戻るそうです!
お疲れ様でした!

しっかりリフレッシュして、また戻ってきてね!