お前の上司、フライドポテトに親でも殺されたのか?

ポテトごときに殺される親も親ですけどねぇ…。

そもそも、ポテト側に明確な殺意があったかどうかとか、分からないじゃないですか。

だって、ポテトって単なる、ナス科ナス属の多年草じゃん?

多年草が人殺しとか…そんなことあります?

あ~……。

でも、冷静になって考えてみるとさ、アイツらけっこう、天狗になってる部分はあったかも知れないね。

クイーンとか男爵とか言ってさ、変にプライド高いとこあるからなぁ。

 

飲み会の席で、新卒の若手社員がフライドポテトを注文したら、上司に「貴様~!いつまで学生気分なんだ!」とブチギレされる事件が発生。

何なんですか、これ。

 

上司や先輩との酒の席で、「好きなものを頼め」と言われることがある。しかし、その言葉を額面通り受け取るのは危険だ。

上司から、「研修後に配属先の部署が決まり、GW後に飲みに連れて行く」と言われていた。本心では乗り気ではなかったが、これも付き合いだと割り切って参加した。

実際は上司と2人だけだったようだ。ここでフライドポテトを頼んだところ、上司から「いつまで学生気分なんだ」とキレられ、刺身の盛り合わせや漬物を注文させられたという。

 

飲みでフライドポテトを注文 上司「いつまで学生気分なんだ」と怒り - ライブドアニュース

 

いろいろツッコミどころがありすぎるな…。

 

 

まず、「何でも好きなもの頼んでいいよ。ただしフライドポテトはダメだ」の基準が全然分からない。しかも何故、激怒?

なんで、フラポテはダメなんでしょうね?

しかも上司、大激怒ですよ。

あっ、ごめんなさい。

フラポテじゃなくてフライドポテトでした。

 

みなさんは、これほどまでポテトフライを憎んでる人、見たことありますか?

おそらく十中八九、この上司はポテトフライに親を殺されたんだと思いますけど、それにしたって、全てのポテトフライたちがみんな…

あっ、ごめんなさい。

ポテトフライじゃなくてフライドポテトでした。

 

フライドポテトにだって、フライドポテトなりの、事情があったと思うんですよ。

好きで殺人を犯したわけじゃない。

フライドポテトなりの葛藤があったはずなんですよね。

あっ、ごめんなさい。

フライドポテトじゃなくてフライドポテトでした。

ん?合ってる。謝って損した。

 

とにかくね、 

この上司は、そのへんのことが全然分かってないんですよ。

確かに親を殺したポテトが憎いでしょう、つらかったと思います。

でもね、そのポテトとこのポテトは別の話じゃないですか。

ポテトポテトって、十把一絡げにして、芋づる式に語ってんじゃねぇっつ~の。

 

 

上司の脳内がクレイジーすぎる。「フライドポテトを頼む=学生気分」っていう公式はどこから出てきたのか?

もう、理屈もクソもないですよ。

上司の中では

 

お酒やタバコは二十歳から。

フライドポテトは二十歳まで。

 

みたいなマイルールが成立してるってことですよね?

何がどうしたら、こんな公式が導き出せるんでしょうか。

 

そもそもね、人が頼んだ料理に対してOKとかNGとか、ジャッジしてんじゃねぇよって話ですよ。

超絶・余計なお世話。

 

 

しかしこれがもし仮に、上司の部下に対する愛情ゆえの行為だったとしたら…?

「理不尽な規則を無理矢理、新入社員に押し付けることによって、社会の厳しさを教えようと思ったんですぅ~~。社員教育の一環なんですぅ~~。」

っていうなら、まぁ許すけどね。

 

いろんな社風があっていいですから。

ちゃんと意図があって、フラポテ社員を叱ったというならば、まぁいいでしょう。

愛のムチ。

若手が憎くて怒ったわけじゃない。ポテトが憎くて怒ったわけじゃない。

むしろ、愛しているがゆえに、叱ったんだ、と。

そういう話なら、納得できます。

ただし

「そんな会社、潰れろ」って思いますけど。

 

 

しかしまぁ、ホント、よく分からない話ですよ。

いろんな意見が飛び交っているようですけどねぇ…。

こんな意見もありましたよ。

 

「何でも好きなもの頼んでいいぞ」って言われてフライドポテトを頼むのは、

社長室で「くつろぎたまえ」って言われて靴下を脱ぐのと同じ。

……みたいな。

 

ほら。もう、どんどん意味が分からなくなってきてるじゃないですか。

この例えが適切なのかどうか、全然わからない。

 

フライドポテトのポジショニングがますます曖昧になってきております。

 

よく分からないのが

「あちゃ~…フライドポテト、頼んじゃったかぁ~…やれやれ」

みたいな論調の意見ね。

上司寄りの見解。

えっ?

やっぱダメなの?フライドポテトを頼んだ側に過失があったの?

 

いや~~…

個人的には、この新卒くんには落ち度はないと思うんだけどなぁ…。

あるのかなぁ…。

 

日本の悪しき伝統、「空気読め」、「上司の顔色を伺え」ってことなんすかねぇ…。

いいじゃん、好きなもの頼めば。

ダメなの?

 

 

10:0の比率で、上司側に責任があるような気がするんだけど…。あるいは…。

う~~ん……。

裁判になったら全面的に上司の敗訴が確定のような気がするんだけど、世間的にはそうでもないってことなんでしょうかね…。

 

もしかしてもしかすると、責任の所在は

上司:3

新卒:3

ポテト:3

居酒屋:1

 

みたいなことになるのかも知れないな…っていう気がしてきました。

 

ようするにね、居酒屋のメニューにフライドポテトを載せてる時点で、店側にも過失があるような気がしてきたんですよね。

 

もっというと、

上司:1

新卒:1

ポテト:1

居酒屋:1

マクドナルド:6

かも。

 

諸悪の根源は「I'm lovin' it」でお馴染みの、マクドナルドかも知れません。

学生時代にマックでフライドポテトを食って食って食いまくって、そうやって我々は大人への階段をのぼってきたじゃないですかぁ。

「ポテト=学生」のイメージをポピュラーにしてしまったマックの功罪は確かに大きいような気もします。

 

 

まとめましょうか。まとまりませんね。

ちょっと待ってくださいよ。

まったく着地点が見えてないんですよね。

どうしましょうか。

 

う~~ん…困った…。

 

ポテトの話だけに、甘く見ておりました。

ネコっちです。

(スウィートポテトにかけてみました)

 

ダメ?