読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【特集・抱かれたい男たち】俺達はブログにアドセンス広告を貼らない。+追記

脱・拝金主義…!

まさに時代に逆行するスタイルでブログを運営し続けている人気ブロガーたちの存在を皆さんはご存知でしょうか?

毎日、何千何万ものアクセス数を稼ぐ人気ブロガーたちにとっては、ブログに貼りつけておく広告は、勝手に収益を生み続けてくれる、いわば「金の卵を生むガチョウ」です。

しかし…。

その「金の卵システム」を自らの意志で封印し、広告を貼らずにブログを書き続けている、非常~に希少な存在の人々が、ここ「はてな村」にも生息しておりました…。

 

【総力特集】今、丸裸にしたい男たち。ブログにアドセンス広告を貼らないスタイリッシュなライフスタイルの実践者たちを紹介。

一体、彼らにはどんな思惑があるのでしょう…?

なぜ「グーグルアドセンスの広告」を貼らずにブログを運営するのでしょうか…?

 

カネさえあれば何でも手に入るこのご時世に、何故あえて、ブロガーにとっての収入の柱とも言えるアドセンス広告に頼らない道を選択したのでしょうか…?

 

その答えは、彼らのブログの過去記事の中にありました…。

ここではあえて、核心の部分には触れません。

ぜひ実際に、彼らの歩んできた道のり(すなわち過去記事)を遡り、みなさんが、ご自身の目で確かめてみてください。

 

それでは早速「アドセンス広告を貼らない男たち」のブログを紹介していきましょう。

(便宜上、現時点での読者数の順に紹介) 

 

 

Everything you've ever Dreamed(読者数5294)

言わずと知れた、はてな村の名誉村長的存在、フミコフミオ氏のブログ。

delete-all.hatenablog.com

 

芸歴が長いだけで、刀のさび付いたブロガーも多い昨今、相変わらずのジャックナイフぶりは健在です。

 

フミコ氏がいかに規格外のブロガーかを示す証拠画像はこちら。

アルファブロガー」兼「アルファツイッタラー」なのですねぇ。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gattolibero/20160517/20160517123034.jpg

Instagram

数年前のブル◯タスに掲載された「アルファツイッタラーの証」だそうで。

そうそうたる顔ぶれの中に、我らがはてな民の星、フミコ氏の名前が…!!

軽くピックアップしてみましょうか。

 

イケダハヤト

はあちゅう

山本一郎

東原亜希

辻希美

フィフィ

鬼束ちひろ

はるかぜちゃん

乙武洋匡

ひろゆき

ちきりん

田母神俊雄

与沢翼

フミコフミオ…と。

・・・・・・

罰ゲーム感が漂っておりますが大丈夫でしょうか…?

 

ちなみに、フミコ氏のブログを確認してみたところ、記事下のスターやブクマボタンの下に広告が表示されておりました。

もしかするとフミコ氏が自身で意図的に貼りつけた広告の可能性もありますが、広告の位置的には「はてな運営側」 が用意した広告の可能性もあります。(未確認)

いずれにせよ、記事上、記事中などにはアドセンス広告の気配さえありません。

 

ここでひとつ、読者のみなさんにワンポイント・アドバイ~ス!

フミコ氏は、

「タイトル下に広告を入れるような、読者に優しくないブログはクソ。死ね。爆発しろ。」

という自論をお持ちのようです。(若干意訳)

グーグルが提唱するところの「ユーザーフレンドリー」という概念と同じ発想ですね。 

フミコ氏、並びにグーグルから、クソだと思われたくない方は、読者の立場に立ち、極力、目立つ場所への広告の表示は避けた方が良いでしょう。

 

参考までに。当ブログ内の関連過去記事。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

いばや通信(読者数3714)

言わずと知れた、宇宙全体に愛された男、坂爪圭吾氏のブログ。

ibaya.hatenablog.com

 

ひとりの女に養ってもらった場合「ヒモ」と呼ばれるが、宇宙全体に養ってもらった場合「超ヒモ」になる、

というアクロバティックな発想から導き出された、坂爪氏の超ひも理論2.0」に感銘を受けたのは私だけではないはずです。

【超ひも理論2.0】必要な物は既に備わっている。ー 特定の女性から養ってもらおうとするのが「ヒモ」ならば、宇宙全体から養ってもらおうとする発想が「超ひも理論2.0」だ。 - いばや通信

 

私は時々「近い将来、坂爪氏が学校の教科書に載る日が来るのではないか?」と思うことがあります。

それは言うなれば、

自由律俳句の尾崎放哉、あるいは、画家の青木繁のような

「放浪の末にくたばった、ろくでなし文化人枠」みたいなポジションで

坂爪圭吾←NEW!

みたいなことになるんじゃないかと勘ぐっているのです。

 

私は過去に、肩書を持たない坂爪氏に、あえてキャッチフレーズを考えた事があります。

ほんの一例。

 

坂爪圭吾(平成の吟遊詩人)

 

坂爪圭吾(日本語吹き替え版スナフキン

 

坂爪圭吾(キレイな山下清

 

坂爪圭吾(逆サラリーマン金太郎

 

坂爪圭吾(無職・島耕作

 

無職なのにアドセンス広告を貼らないという生き様。

その理由は、坂爪氏のブログの過去記事にちゃんと記してあります。

ぜひご自身の目で確かめてみてください。

 

参考までに。このブログ内の関連過去記事。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

 

ここまでで2000文字過ぎちゃったんで、後半は駆け足で参ります。

 

 

警察官クビになってからブログ(読者数2008)

言わずと知れた、ハルオサンです。

www.keikubi.com

 

突如はてな村に彗星のように現れ、一気に人気ブロガーへ…!

しか~し!

アドセンス広告は貼らない!!

欲しい物リストも公開しない!!

……

聖者だ…。

 

ハルオサンのブログは、おそらく、実写化されると思います。

昔あった「電車男」みたいな感じでしょうかね。

 

私の想像では…

主演のハルオサン役:山田孝之

 

 

緊急避難的な追記。

ハルオサンがアンサーソング的なエントリーを先ほどUPされましたので、リンクを貼らせていただきます。

www.keikubi.com

「ハルオサンに、アドセンス広告でのブログ収益化を否定された!」と勘違いして殺害予告的なメールを送るのは辞めましょう!

自分とは違う価値観を持っているからという理由で殺害予告的な事を言っちゃダメ!

ノーモア殺害予告!

 

 

嫁を動かす(読者数357)

言わずと知れた、マスオ兄さん。

www.move-wife.com

 

マスオ兄さんと言えば、先日のホビヲ氏との激闘がまだ記憶に新しいですね。

読者数が全く同じブロガー、ホビヲ氏と、決められた期限内でどちらがより多くの新規読者を獲得できるか?

というバトルを繰り広げておりました。

私は中立の立場から、マスオ、ホビヲ、両氏共に読者登録しないように心がけておりましたが。

 

それにしても、仲の良い「ホビ・マス」のお二人ですが、ブログを運営する上でのスタンスが真逆な感じなのが、非常に興味深かったですね…。

マスオ氏は、アドセンス広告を貼らない。

かたや

ホビヲ氏は拝金主義の権化みたいなイメージ。

「金儲けのためなら、どんな汚いことにも手を染めるよ」と言わんばかりの守銭奴・ホビヲ氏。

(勝手なイメージです)

この二人が、お互いを罵り合い、けなし合いながらも、愛を確かめ合っている姿を目の当たりにした私は何とも言えない、みぞみぞ感がございました。

 

 

ぐわぐわ団(読者数356)

言わずと知れた、ぐわぐわ団。当ブログには6回目の登場ですw

gwgw.hatenablog.com

 

私は、ツラいことがあった時や、悲しいことがあった時に「ぐわぐわ団」を読むことにしています。

あと、楽しいことがあった時も「ぐわぐわ団」を読むことにしています。

 

それと、眠れぬ夜にも「ぐわぐわ団」を読んでいます。

しかも、眠くてたまらない時も「ぐわぐわ団」を読んでいます。

 

ましてや、あんまり読みたくない時でも読んでいます。

そのくらい、使い勝手がよく、便利です。

 

いわば「メンタルによく効く一服の清涼剤」なのです。

 

あれっ!?

ちょっと待ってよ!?

 

マスオブログの読者が357人、

ぐわぐわ団の読者が356人って…!!

 

これ…また始まっちゃうんじゃないの!?

3月31日までに、どっちが新規の読者を多く獲得できるか、またまた勝負が始めっちゃうんじゃないの…!?

え~~!!!

始まっちゃうのかな?

どうなのかな?

(/ω・\)チラッ

 

実はさっき、マスオブログの読者になったんですよ、私。

ということは、私が読者を辞めれば、マスブロの読者数が356人に戻って、ぐわぐわ団と同数になりますよね!?

 

読者数が同数となれば、当然、雌雄を決するためにバトルが勃発する…のかな?

どうかな~。

どうなのかな~。

|д゚)チラッ

 

 

まとめ。不思議な事に、アドセンスを貼らない人々の多くは貧乏。

ニワトリが先なのかタマゴが先なのか。

 

アドセンスを貼らないから貧乏なのか。

貧乏だからアドセンスを貼らないのか。

私にも分かりません。

 

おそらくですが彼らは、おカネやモノに対してそれほど重きを置いていない。

「金儲け以上に大切な何か」を抱きしめて、生きている。

そして

我々は心のどこかで彼らに憧れているのでしょう。

「本来ならば自分もこうありたい…」

そういう気持ちがほんの少し、誰の心にもあるのではないでしょうか。

…なんつって。

 

それにしても、今回紹介させていただいた、抱かれたい男(広告貼らないマン)たちの多くは、それほど裕福には見えません。

 

むしろ、貧乏アピールに余念がない。

「カネが無いよ~」という記述が、ブログに度々、出現します。

 

そうするとですね…。

読者の脳内ではイリュージョンが発生するわけです。

貧乏って…

カッコイイな…!

 

かくいう私も、貧乏最強説を支持しております。

 

過去にはこんな記事を書いたこともあります。

社会心理学者ポール・ピフの実験によると、人は金持ちになるほど性格が悪くなるというのです…。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

どうでしょうか?

ブロガーのみなさん。

 

今、はてなブログ界でもっとも輝いている「アドセン貼らないマン」たちの生き様に感銘を受けたんじゃありませんか?

 

アドセンス広告を外したくなってきたんじゃありませんか?

(私は外しませんけど…) 

 

~Fin~

 

 

追記~! 奇跡が起きましたwww

こんなシンクロ、あるんでしょうか…?

でも示し合わせたわけではありませんよ!偶然です!

このエントリーの直後に公開された、ぐわぐわ団の最新記事を見てください!!

限りなくアドセンス広告によく似た謎の広告だらけになってるww!!

gwgw.hatenablog.com

イリュ――――ジョン!!