マジシャンはトリックの種明かしをするな。

※暇氏へ。

途中、厳しめな表現もありますが、愛してるからこそ、正直に書こうと思いました。

 

私が愛してやまない「はてなブロガー」さん。

その名も「暇な女子大生」。

 

「暇女(ひまじょ)」とか、「佐田清澄」とか、いろいろと呼び名はあるようですが、今回は愛を込めて「暇ちゃん」と呼ばせてもらうことにします。

とりあえず「ダンシング暇ちゃん」をどうぞ。

 

過去に何度か、このブログでも取り上げさせていただいております。

好きすぎるので。

 

私は「生きづらそうな人」が大好物なのです。

そこはかとなく自分と同じ匂いのような気がして。

 

しかしですね。

実は最近、残念に思っていたことがありまして。

 

この記事なんですけど。

「暇だから◯◯してみる」でヒット記事連発の暇な女子大生さんに直撃「個人でもブランドイメージを普段から意識して」 | AdverTimes(アドタイ)

 

タイトルからして、ちょっと不穏な空気。

「個人でもブランドイメージを普段から意識して」

 

・・・・・・。

 

この言い方を鵜呑みにするならば、

「生きづらそうなキャラクターは、計算したうえで創り上げたイメージです」

とも取れます。

 

えっ!

生まれながらの、生きづらい人じゃないの!?

「ナチュラル・ボーン・翼の折れたエンジェル

じゃないってこと?

計算!?

計算なのーーーーーーーーーーー!?

 

記事の内容も、私個人としては、非常に残念と言うか、悲しいと言うか、虚しいというか、ガッカリと言うか、つらいものでしたね…。

 

──暇女さんは、普段どういったことに気を付けて記事を書いていますか。

(略)

人々に与える印象がポジティブになるように、「炎上商法には手を出さない」「誹謗中傷になることは書かない」など気を付けています。

一時的にアクセスが集まったとしても一度ネガティブなイメージがついてしまうと結果的に損しかしませんからね……。

(略)

あとは、「世に出しているコンテンツは常に誰かに見られているんだ」ということを意識し、ツイートひとつでも慎重に送り出すようにしています。

 

暇ちゃんの自虐的なツイートのひとつひとつも、実は読み手の目をゴリゴリに意識した、徹底的に練り込まれた作品なんだってことなんでしょうか!?

あの愛すべき「暇女」は、創られた虚像に過ぎないってこと!?

 

覚めるわ~。

こういうこと、言っちゃダメなんじゃないかなぁ…。

 

マジシャンが手の内を明かしちゃダメじゃね?

 

 

──文章を読んでもらうために気を付けていることはありますか。

(略)

私も自分の中で何度も推敲した完璧な作品を発信するよう心がけています。

自分の中でイマイチなまま公開することは読者にもクライアントさんにも失礼だし、自分にもウソをつくことになるので……。

他の人のブログやニュースサイトなどの文章を見ていると、内輪にしか通用しない言葉を使ったり、公然と人の悪口を書いていたり、「いかがでしたか?」などというコピペみたいな文章だけで構成していたり……。

何も考えずに書いているんじゃないかと思えるものが多くて。

「自分の文章を世の中に発表すること」を軽く見過ぎているなと感じます。

もっと自分の中で精査した文章、読む人の立場に立っている文章を毎回出していれば、誰かが見てくれて、仕事を頼んでくれるし、認められるのになと感じます。

大事なのは、老若男女すべての層に通じる言葉で書くこと。

 

言ってることは、逐一、正しいんだと思う。

うん、一貫して正しい。正論。

 

でも、ブロガーが「ブログ論」みたいなのをドヤッ!って感じで語ってしまうのって、やっぱり、「トリックの種明かし」のようなものだと思うんだよね。

 

言うなれば、芸人さんが「お笑い論」をテレビで真顔で語るのは自殺行為じゃないですか。

実はこういう裏側です、って言っちゃダメな気がするんだよね。

これからエンターテイメント・ショーを観る人に対して、先にそのカラクリを解説しちゃイカンと思うのよ。

 

マジシャンがそのトリックを自らバラして解説し始めたとしたら、それってもう、第一線から退く覚悟だっていう感じしない?

 

現役のお笑い芸人ではなく、NSC(新人を育成する目的で作られた吉本興業の養成所)の講師としてやっていくようなもんじゃない?

 

売れっ子ブロガーとして長くやっていくのは想像以上にキツイと思う。

いつまでも現役のブロガーとして生きていくよりも、ブログのノウハウを売り歩く方向でやっていく方がきっと楽だろうとは思う。

 

だからてっきり、暇ちゃんも、今後はブログの更新頻度をガッツリ落として、アドバイザー的な事をやっていこうとしてるんだなぁと、私は勝手にそう判断しちゃった。

 

 

とにかく、

「しっかり計算して文章を書きましょう」

っていうのは、言っちゃいけなかったんじゃないかと思う。

今後も「翼の折れたエンジェル系ブロガー」としてやっていくのであれば。

 

最初から

「打算と計算で生きている世渡り上手な勝ち組ブロガー」

というポジションであれば、全然問題なかったと思うんだけどねぇ…。

 

「徹底的な計算ありき」っていう前提で暇ちゃんのブログ読んだら、

「この自虐的な描写も実は計算してるって事かぁ~」 

 って思っちゃうからねぇ…。

 

手品師は、トリックの種明かしをすべきじゃない。

 

もう、私が愛した「暇女」はいない…。

ちょっぴりドジで、可愛げのある、あの暇ちゃんは死んだんだ…。

神は死んだ。

ロックも死んだ。

そして、

愛すべき、しょ~もないキャラクターの暇ちゃんも死んだ…。

 

まぁ、私は勝手にそんなことを思っておりました。

 

だからね、先日のブラジリアン・ワックスの記事なんかも、私としては、あんまり楽しめなかったワケ。

joshi-daisei.hatenablog.com

はいはい、これも全部、計算ですよね。

みんな食いつくもんね。下ネタ系は。

大衆、大喜びだね。

・・・なんつって。

 

全部、計算、打算に見えてきちゃう。

狙いすまして、意図的にバナナの皮を踏んで転んでるように見えちゃう。

 

笑いって難しいよ。

 

 

暇ちゃんは確か、

「今後は母校の大学の講師になるのが夢」

ってなことを言ってたと思うので、もう面白自虐ブロガーは卒業なんだね…と思いましたデスよ。

 

さようなら、私の愛した暇ちゃん…(´;ω;`)ウッ…

 

 

そんなある日。

(っていうか昨日だね)

 

この記事ですよ。 

暇ちゃんの裏アカウントの方のサブ・ブログにこんなエントリーが。

故障中 - 佐田清澄のすべて

「孤独は脳に悪い」という本に書いてあった。

ちなみに毎日日記をつけることも認知症対策としてかなり効果的だという。

脳みそがout of orderにならないように毎日ブログを書こう、、

 

ん!?

ブログ、辞める方向なんじゃないのか!?

ず~~っと更新してなかったのに、これから毎日書くの?

何か悩んでるのかな…?

ブレてる感じがしますが…。

 

 

そこへきて、今度はメイン・ブログにこんな記事が。

確かに「計算高い暇ちゃん」とは思えない微妙な内容ではあるんですが…。

joshi-daisei.hatenablog.com

絶賛炎上中。

 

ブックマークコメントに辛辣な文字がズラリと並んでいる…。

 

「久しぶりに読んだら、文才が無くなってる」

みたいな評価多数。 

 

 

みんなキツイこと言うなぁ…。

 

 

失意の暇ちゃん…。

 

ネット辞めたくなる奴らの気持ちがよーく分かるぜ!!

ゴミだな - 佐田清澄のすべて

 

このマーケティングは失敗だったのかもしれない。

今までは観客に媚びて観客の目を気にしていたけど、それを止めて自分と、自分に限りなく近い種類の人間だけに向けて書いたことも影響しているのかも。

マーケティング失敗 - 佐田清澄のすべて

 

 

私は分かってるよ。

 

ホントの暇ちゃんは、めちゃめちゃデリケートな人だ。

今まで炎上しないように、誰かにバッシングされないように、細心の注意を払ってブログを書き続けてきた。

 

それはきっと、暇ちゃんが打たれ弱い人だからだ。

今きっと、めちゃめちゃ凹んでるだろう…。

想像するだけで、こっちまで辛い。

「うちでお茶でも飲んでいくか?」って誘いたい気分。

 

 

めげないでほしい。 

 

ホント、それだけ。

 

桐島、部活やめんなよ。

暇ちゃん、ブログやめんなよ。

 

それだけ。

 

私が楽しみにしている、読者の目をあまり気にせずノビノビ書いている「裏ブログ」の方だけでも続けてほしいと思っています。

別に毎日、1行だけでもいいしね。(ツイッターだな)

 

 

gattolibero.hatenablog.com

暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇女のブログは、確かに最高に面白いが、

それよりもさらに面白いのが、

暇女の中の人が綴っている、裏アカウント?のブログ。

 

結局、オレとしては、

「よそ行きの綺麗なドレスを着た暇女」よりも、

「ドレスを脱いだ中の人」の方がよほど魅力的に見えてしまう。

(略)

この記事とか最高。どす黒い。

結局コメダがいちばん - 佐田清澄のすべて

何というゲス感。

これこそ、ロック。

ゲスであればゲスであるほど美しい。

 

でも、大衆の支持なんてガン無視して、自分が思うように書いてほしい…とは言えないよなぁ。

アクセス数や、収益や、人気や、仕事と結びつけてブログを書いている以上、この地獄からは逃れられない。

 

極論を言えば、大衆に媚びるのか、あるいは、己を貫くのか…。

どちらを選んでもイバラの道です。

 

「暇女ブランド」とは別に、言いたいことを言うための全く新しいアカウントを、別人になりすまして運営するってのが正解かも知れませんね。

そっちの方は、収益も人気もPVも、一切気にせずに書く。

精神の安定のために書く。

(もしも、新アカウントつくったらコッソリ教えて下さい)

 

 

上手くまとめることが出来ませんでしたが、これにてエネルギー切れです。

 

全ての迷えるブロガーに幸多かれ。