バカバカしいブログを書いている人を応援したい。

私は、「ブログを書いている人」ですが、同時に「ブログを読んでいる人」でもあります。

まだ運営期間が短く、それほど知名度の高くないブログの中から、キラッと光る面白さを持つ「未来のスター候補」を発掘して、勝手に「うひょ~!」って喜んだりしています。

ただねぇ~…。

残念なことに、私が目をつけた「ダイヤの原石」たちは、ことごとく短命で、すぐにブログを辞めちゃうんですよねぇ…。

 

1年で7割が脱落。2年で9割が脱落する。それが「はてなブログ」だっ…!

まずね、才能があろうとなかろうと、ダイヤの原石であろうとなかろうと、とにかく、ブログを始めた人はほぼ全員、ブログを辞めちゃうんですよね。

 

続かないんですよ。

常人には無理。

 

普通の人間にとっては、ブログを続けることのメリットはほぼありませんからね。

ブログを続けることができるのは、ブログを続けなければ死んでしまう者だけです。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

逆に言うと、ブログを1年以上続けている人は、その時点ですでに「選ばれし者」なのです。

「ブログの神に愛された者」と言っても過言ではない存在なのです。

 

 

私は当初、大きな勘違いをしていました。「有望な新人ブロガー」と呼べるかどうかは、文学的な才能では決まらなかった…!

最初の頃はね、私もよく分かっていませんでした。

 

ライフワーク的に、なおかつ隠密行動的に、将来すごいブロガーになりそうな人材の発掘作業に従事していたわけですが…その時に大きな勘違いをしていたのです…。

 

私は当初、そのブロガーの可能性を測る目安として「文学的な才能」に着目しておりました。

例えば…

美しさを感じられる文章か?

オリジナリティがあるか?

着眼点の鋭さはどうだ?

・・・・・・

みたいな部分ですね。

 

でもね、そんなのどうでもいい話でした。

ナイーブだったり、繊細だったリ、アーティスティックだったり、知的だったり、ユーモラスだったり、そんなのはどうでもいいんです。

もっと大切なものがあった。

 

ブロガーにとって最も大切なもの、それは…

 

一言でいえば、

強さ

なのではないか?

 

今ではそんなふうに思うようになりました。 

 

何年もブログを続けている人たちは、ある種の「強さ」を持っているように思います。

「精神的なタフさ」というか。

 

 

「ブログを続けられないよ~。書けないよ~。」と嘆いている人たちの多くは、

アクセス数を気にしたり、

収益を気にしたり、

人気を気にしたり、

さまざまな要因に翻弄され、精神的にブレブレのグラグラです。

 

そんな状態で、炎上でもしてごらんなさい。

簡単に心が折れちゃいますよ。

ポッキリと。

 

弱いんです。

力強さが無い。

 

しかし、

それに対して「ブログの神に愛された者たち」はどうか?

 

彼らは、なんというか、

非常に「強さ」を感じさせます。

 

たとえ豪快に炎上して、散々、罵倒された直後でさえも、まるで何もなかったかのように平然と通常通りのエントリーをリリースし続けることができます。

まるで燃え盛る炎の向こう側で、薄ら笑いでも浮かべているかのようです。

一向にメンタルにこたえている気配が無いというか。

 

ブログを一般に公開している以上、読者からの視線を全く気にしないわけにはいかないんですが、どこかのタイミングでその「向こう側」へ行っちゃってるんだと思うんです。

炎上?知るかそんなもん。

ワシはワシの書きたいように書くんじゃ!

という境地。

 

これはねぇ…難しいっちゃ難しいと思うんですよ。

駆け出しのブロガーが真似をして、読者を意識せずに、好き勝手やってたら、よほどの才能が無い限り、そもそも読者を獲得できませんからね。

誰にも読まれてない状態で「ワシの好きなように書く!」って言ってもねぇ…。どうせ読者いないんだから炎上もバズも共感も何もないでしょうし。

たんなるひとり相撲ですよ。

 

 

まぁとにかく、メンタルが弱けりゃ、多少シャレオツな文章が書けたところで、はてなブログは続けられません。

そして、

たとえ文学的なセンスが無かったとしても、メンタルが強く、アホみたいにひたすら書き続けているブロガーは確実に文章が上手くなっていきます。

そして、書き続けることで、その人の個性、オリジナリティ、いわゆる「味」が完成されていくわけです。

ちょっと何を言ってるのか、自分でも分からなくなってきましたが。(出ました。これこそ「味」。)

 

 

ということで。

今現在では、私がブログをチェックする時に着目しているのは「強度」なのです。

少なくとも、最低限、1年以上は続いているブログじゃないと自信を持って「このブログはオススメですよ!」と太鼓判は押せないというか。

・・・・・・

っていうか、私はどのポジションから語っているのでしょうか?

 

※私の将来の夢は「はてなブログ大賞」の審査員です。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

全然、本題に入れないので、軌道修正したいと思います。(これが「味」)

何が言いたかったのか、ちょっと忘れてしまいました。

・・・・・・・・・

ダメですね、ちょっと思い出せません。

 

代わりに、違う話をしましょう。

 

 

輝け!第一回ぐわぐわ杯争奪!「次世代のぐわぐわ団を探せ!」選手権大会を開催してみてはどうか?

ふと、ひらめきました。

みなさんは、ぐわぐわ団をご存知でしょうか。

もうこのブログで10回くらい紹介してるので、読者の方ならご存知でしょうが…。

 

私の超人強度が100万パワーだとすると、ぐわぐわ団の超人強度は1000万パワーと言ってよいでしょう。

ちょうど偶然にも、ウォーズマンVSバッファローマンと同程度のさじ加減ですね。

 

ぐわぐわ団は、強度がね、ハンパないんですよ。

倒せない。殺せないっていうか、死なない。

はてなブログ参入前のワードプレス時代も含めると4~5年?運営してるんじゃなかったかな…?(もっとだっけ?)

しかも恐ろしいのが、はてなブログ、毎日更新してるんですよね。

1日に3回くらい更新してんの。

 

強ぇ~!

 

おそらく現時点ではてな最強クラスと言ってもいい。

格が違う。

ブレなさ加減が圧倒的すぎるんです。

 

ず~~っと、どうでもいいようなクソみたいなこと書いてるんです。

 

これがねぇ…

できないんですよ、普通は。

 

超~リスペクト。

 

原付バイクなどに適用される「二段階右折」っていう方法がありますが、その進化形の「五段階直進」を見た時は度肝を抜かれました…。

gwgw.hatenablog.com

 

ちなみに、五段階直進はLINEスタンプ化されています!

gwgw.hatenablog.com

 

この、どうでもいい話をひたすら繰り出してくる無尽蔵のエナジーはどこから湧いてくるのだろう?と、私は畏敬の念を抱かざるを得ないのです。

 

ということでね、ぐわぐわ団を頂点とする、超どうでもいいことばかり書くブロガーたちが一堂に会し、二代目ぐわぐわ団を襲名するブログを決定するための大会を開催してはどうだろうか?

…と、さっきふと思ったんですが、別に開催しなくてもいいです。

めんどくさいから。

 

 

疲れてきたから、バカバカしいことばっかり書いているブログを紹介するよ。

社会の役に立つような、有益な情報を発信するブログなら、黙ってても勝手に読者や支持者が増えるでしょう。

しかし、バカバカしいこと、くだらないこと、すなわち、ちょっと人が笑顔になれるようなことを発信し続けているブログは、ちゃんとそのファンたちが、声をあげて、応援すべきなんじゃないか?って、最近思うようになりました。

誰かを笑顔にする作業って、実はめちゃめちゃ大変なのに、あんまり評価してもらえないことが多いと思うんでね…。

 

これは、誰のためかと言えば、私自身のためなのです。

くだらないことばかり書いているブログを読むのが、私は好きなのです。

そういうブロガーが、ブログを辞めてしまったら困るのです。

だから応援しようと思ったのです。

 

最近、私が読んでいる、面白系ブログ。

全然役に立たない。

だがそれがいい

 

芸歴(ブログ運営期間)の長い順から紹介。

読者登録必至。

 

www.yanoyu.com

 

www.awarenafubijin.com

 

new.enomotoblog.link

 

mayuchandesu.hatenablog.com

 

gootatan.hatenablog.com

 

tocotocokumachan.hatenablog.com

 

 

みなさんのブログを楽しみにしているおっさんが、ここにいます。

お前ら…

f:id:gattolibero:20170414164821p:plain

炎のブロガー・バズル - ココまん!

 

 

以上、私なりの叱咤激励&愛情表現でした。

 

 

最後に。

手前味噌で恐縮ですが、私のブログの過去記事から、衝撃の問題作を。

gattolibero.hatenablog.com

こんなに怒られると思いませんでした(笑)