お金が要らない世界では、人は何のために働くだろうか?

50年後や100年後といったごく近い未来、人類は「生活費を稼ぐために働く」必要が無くなる、という説がある。

お金が無くても生きていける世界では、人は毎日、何のために働くだろうか?

ちょっと考えてみた。

 

世界は、ものすごいスピードで激変している。今の常識は50年後には全く通用しない。

以前の記事でもちょっと書いたが、今後20年くらいの間に、単純作業、単純労働は、全て機械が受け持つようになるらしい。

 

20年以内に、日本の労働人口の49%の仕事が、機械に置き換えられる!?(シンクタンク試算)。人工知能やロボットによって、従来の仕事がなくなる懸念が世界的に高まっている。

(略)

“働かざる者食うべからず”といった常識が通用しなくなるかもしれない社会で、私たちはどう生きていくのか。

“仕事がない世界”がやってくる!? - NHK クローズアップ現代+

 

 

機械、すなわち「ロボット」にもできる仕事は「職業」としては消滅する。

今、誰にでも出来るような職業に就いている人は全員、失業する。

非常に興味深い。

gattolibero.hatenablog.com

 

中国にいたっては、現在、人間が行っている仕事の8割がロボットに取って代わられるという。

仕事を失った大半の中国国民は果たして、この先どう生きるのだろうか。

仮に中国人の5割が失業したと考えただけでも、ちょっと恐ろしい。何億人だ?

 

今の社会のシステムでは「仕事をしない=失業者」は、生活費を得られず、生きていけない、という仕組みになっているが、これはもう、通用しなくなるだろう。

 

次の次の世代では「生活費を稼ぐために働く」という概念自体が無くなっているのではないだろうか。

 

人間は働く必要なし!30年以内に仕事はロボットがする時代が来る! - アメリカ読書生活

 

 

つまらない仕事は全部ロボットがやってくれる世界では、人間は「自分がやりたい仕事」「面白い仕事」をやるしかない。最高。

今までのような

「やりたくない事も我慢してやるのが仕事だ」

とか

「好きな事を仕事にするとか甘いこと言うな!」

という、正論めいたジジイのたわごとは、もはや通用しない。

好きな事をしなければならない。

損得勘定抜きで、どうしてもやりたいことを仕事にする

そんな時代がもうすぐやってくる。

 

ロボットに仕事を奪われないためには?

結論から先に言います。

ロボットに仕事を奪われないために、私たち人間ができることは、ただ一つ。

大変にシンプルで、人間にとっても幸せなことです。

それは「好きなことを仕事にすること」です。

ロボットに仕事を奪われないために「好きなこと」を仕事にし始めよう - アメリカ読書生活

 

「働かないと生きていけない」世界は野蛮
もっと言うと、今から50年後の世界では、「働かない」ということが当たり前になっている。

その中には、働く必要がないにも変わらず、自ら望んで、わざわざ「働く」ことを選択する人もいるが、それは「働くのが好き」だから、働くのであって、現在のように「働かないと生きていけない」から働くのではない。 

今から50年後の世界では、現在の「働かないと生きていけない」世界を奴隷制度を同じように野蛮なものと見なすだろう、ということです。

働きたくない人に朗報!労働から解放される時代が、もう少しで来る! - アメリカ読書生活

 

お手本はすでにいる。例えばサーファーは、生活費のために海へ漕ぎだしているのか? 違う。波に乗るのが楽しいから、サーフィンをしてるのだ。

おそらく、全てのサーファーは、サーフィンが楽しいから、面白いから、サーフィンをしているんだと思う。

結果的に、才能が開花して、スポンサーがついて、お金をもらえる事もあるだろうけど、そもそも「カネ目当て」でサーフィンを始める奴はいない。

女にモテたくてサーフィンを始める奴は大勢いるだろうが、収益を生み出すことを考えて、サーフボードを購入する奴はいないだろう。

 

楽しいから、やってる。

やりたいから、やってる。

 

これが正解。

本来の仕事のあり方。

そして、近い将来、みんながこの生き方をするようになる。

最高。

もうちょっと遅く生まれたかった。

 

Apple(アップル)のSteve Jobsスティーブ・ジョブズ)は、ちゃんと分かってる。ジョブズは金儲けのために仕事をしていなかった。と思う。

例えばの話。

カネのために仕事をしている人間は、自分の余命があと1ヵ月しかないと知った時には、躊躇なく会社を辞めるはず。

会社を辞めて「本当に自分がしたかったこと」をやるはずだ。

残りの1ヵ月、全力で「自分の人生」を生きようと思うはずだ。

 

この時点で「会社勤め」は本当に自分がやりたかった事じゃないとハッキリしてる。

 

ジョブズは言う。

これじゃダメなんだと。

 

Steve Jobsスティーブ・ジョブズ)の言葉

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

http://iyashitour.com/archives/25343

 

ジョブズは言う。

例え今日死ぬとしても、いつもと同じように出社する。

何故ならそれが、自分が一番やりたいことだからだ。

というスタンスで生きること、働くことが正解だという。 

 

 

これはね、オレも常々、考えている。

オレの命があと1年だったら、オレはどう生きるだろうか?

もしも半年後に死ぬとしたら、オレはどうするだろうか?

余命があと1ヵ月だったら?

1週間だったら?

1日だったら?

 

その最大公約数的な部分を探るようにして、生き方を模索している。

いつ、どの瞬間に死んでも、後悔が無いように。

 

オレは、明日死ぬとしても、この「自由ネコ」ブログを書いてると思う。

オレにとってはそれが正解。