【もはや完全に虜】サバンナ八木が7年に渡って連載中の「真澄携帯小説」を毎日読んでしまう。

お笑いコンビ「サバンナ」の八木真澄が7年間も書き続けている「真澄携帯小説」の引力がスゴイ。

1周まわって、いや3周くらい回って、面白い。

今日は第2519話(!)だったが、いつにも増して、荒唐無稽だった。

サバンナ八木からは毎日「生きる勇気」をもらっている。

八木、ありがとう!

 

正直もう、ストーリーとか全然どうでもいい。八木が元気でいてくれれば、それだけでいい。この先もずっと、終わらない話を続けてほしい。

実は先日も、八木真澄小説のことは記事にした。

gattolibero.hatenablog.com

それ以来、私は毎日、サバンナ八木の綴る小説を読んでいる。

このブログのサイドバーにも八木の「新着記事」が表示されるようにしておいた。

 

完全に八木の虜。

 

小説が面白いとか面白くないとか、そういう視点では見ることが出来なくなってしまった。

 

八木の生存を確認するために、毎日、彼のブログを訪問することが日課となってしまった。

八木中毒。

 

それにしても、今日の内容は、一段と荒唐無稽だった…。

みんなにも読んでもらいたいので、あえてここには今日の内容は書かない。

savannayagi.seesaa.net

 

とにかくね、勇気がもらえますね。

 

「あぁ、文章って、小説って、こんな感じでもいいんだ。」

 

「ブログってこんなに自由に、のびのびと書いていいんだ!」

 

「人生って素晴らしい!」

 

そんな風に思えます。

 

サバンナ八木に感謝したい。

 

八木のお母さんにも感謝したい。

「真澄を生んでくれてありがとう!」

 

八木のおばあちゃんにも感謝したい。

「定子を生んでくれてありがとう!!」

 

あ、定子ってのはサバンナ八木のお母さんです。

 

サバンナ八木のお母さん、通称「八木ママ」がやっぱりめちゃめちゃ素晴らしい人だった。

サバンナ八木自身、芸人仲間からは「人を疑う事を知らないピュアでイイやつ」って思われているようですが、八木のお母さんも、もっと言っちゃうと、八木のおじいさんもおばあさんも、本当に素敵な人なんですよね。

 

八木ママ(八木定子さん)

f:id:gattolibero:20160612103853j:plain

f:id:gattolibero:20160612104259j:plain

八木ママは幼稚園の園長先生をしていました。

子育てのエピソードなど、興味を持たれた方はPDFからどうぞ。

http://www.shirafuji.ac.jp/pdf/sh_1.pdf

 

 

ありがとう!

八木一族!!