読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバンナ八木が7年間もブログ小説を書き続けているという事実

お笑いコンビ「サバンナ」の八木真澄が、支離滅裂なブログ小説(ケータイ小説)をかれこれ7年間も書き続けていることを、みなさんはご存じだろうか?

今日現在で第2506話。

小説の内容はともかく、サバンナ八木の創作意欲と無尽蔵なエナジーには恐れ入る。

 

過去に、第1689話の内容がテレビで取り上げられたようだ。・・・ひどい。ひどすぎる。そして、この時の有吉の顔(笑)

 

f:id:gattolibero:20160530100256j:plain

出典 http://marticleimage.nicoblomaga.jp/

 

短い話なので、全文引用させていただこう。

 

真澄携帯小説1689話

2014年01月27日

 

アジとハマチは揉み合いになった。

アジとハマチでは体の大きさが違う。

アジは一瞬のうちに不利な体勢になってしまった。

ハマチが一気に叩き込もうとした時、そこにヒトデが現れた。

ヒトデは言った。

「弟のアジに何してくれてんねん」

ハマチの血の気が引いていくのがわかった。

ヒトデは固まったハマチに対して、さらに詰め寄っていく。

続く

 

真澄携帯小説1689話: 八木真澄の日記

 

お分かりいただけただろうか。

 

とりあえず、

クソなのである。

 

 

しかし、このクソ小説を足かけ7年も継続しているという事実が称賛に値する。

正直、内容なんてどうでもいいのである。

 

 

これを我々専門家は「ヘンリー・ダーガー」システムと呼ぶ。

gattolibero.hatenablog.com

 

文法上の間違いや、誤字脱字などは一切関係が無い。

ストーリーの一貫性の有無など、どうでも良い。

支離滅裂、大いに結構。

むしろ、荒唐無稽であればあるほど、

他の誰とも似ていないがゆえに、評価に値する。

 

本来、アートとはそういうものだ。

芸術の本質とはそういう事だ。

 

そして

「人間が生きるという事」と「芸術」は、ほぼ同義なのだ。

 

サバンナ八木は、そのことを我々に伝えようとしている。

 

八木の表面上のつまらなさに、惑わされてはいけない。

 

八木が全身全霊を込めて解き放つメッセージに耳をすませろ。

目を凝らせ。 

括目せよ。

本質を見極めろ。 

 

 

もしも、何かを感じ取れたならば、書くが良い。

 

世間体や、完成度など、気にすることなく、己を表現しろ。

すべて振り払え。

 

ありのままの自分で勝負しろ。

 

5年後に読んだ時に赤面してしまうような恥ずかしいことを綴れ。

それを最後まで貫くことが出来た者だけが、

5年後に「過去の己の未熟さ」と対峙しても、決して揺らぐことが無い、本当の強さを勝ち取ることが出来るのだ。

 

人間は不完全な生き物である。

人間は必ずや、間違いを犯す。

 

自分の事を棚に上げて、他人を中傷する事で現実から逃避するな。

己と向き合え。 

 

「他人の揚げ足をとる者」が

自分が望んだポジションなのか?

 

本当になりたかった自分になれ。

 

逃げるな。

 

犠牲を払え。

 

何も失わずに何かを手に入れようなどと思うな。

 

 

ようするにサバンナ八木は、そういうことを我々に気付かせてくれる貴重な存在だ。

 

サバンナ八木は、おそらく悪魔と取引したのではないだろうか。

 

「お笑い芸人としての面白さ」

と引き換えに、

「しょうもない小説を書く」

というチカラを手に入れたのだ。

 

 

サバンナ八木に幸多かれ。