読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【道教(タオイズム)】バカのままで楽しく生きる方法

人生の羅針盤

私の内側を構成している要素の一つに「道教」的な考え方がある。

道教老荘思想、タオイズム、まぁいろんな言い方があるんだけれど。

難しいっちゃ難しいんだけど、あえて一言で言うと「無為自然(むいしぜん)」。

実はこれが、鬼のように難しい。

 

「自然体で生きたい!」という、その考え方自体が不自然というジレンマ。道教(タオ)は近づこうとするほど遠のいていく。

 

道教って何よ?宗教なの?」

って思うだろうけど、なんというかな、宗教っていうよりは「考え方」って感じで捉えていいと思う。

たぶん、そのへんは適当でOK。

 

とにかく、頭でっかちにならない方がいい。

道教とは何か?」って、あんまり細かいことは気にしない方がいい。

理屈をこねまわしたり、言葉の定義をああだこうだ論じるとか、そういうのが一番「TAO(タオ)」と相性が悪いんだよね。

道教は「そういうのを辞めろ。」っていう考え方だから。

非常に難しい。

 

散々、色んなことを調べて、考えて、悩んで、結果、何も考えていないバカが最強だという結論。

 

ピカソの絵みたいだね。

ピカソは若いうちに超絶技巧をマスターしたけど、結局、子供の落書きみたいな絵に辿り着いちゃった。

 

みんなも身に覚えがあると思うけど、思春期の頃に書いた日記が、妙にイキってて「○○なのであろう。」とか、知ってます感を出しちゃってたりして。

必死に難しい言葉を使ってカッコつけてるんだけど、大人になってから、あとで読み返してみたらすごく滑稽だったりして。

 

頭の悪い外国人は難しい英単語を並べ立てて、早口で道を尋ねてくるけど、利口な外国人は、中学生レベルの単語だけを駆使して、ゆっくりとした口調で、道を尋ねてくるでしょ?

「スミマセン。 ア・サ・ク・サ ステーション ドコ?」

いたってシンプル。

 

物事を勝手に難解にして、身動きできない時ってあるけど、それって全部、自分がやってた事だったりしてね。

 

難しく考えたらダメ。お手本は、クマのプーさんや、バカボンパパ。

今日ほど、アマゾンのアカウントを作っておくべきだったと後悔したことは無い。

アマゾンの商品をブログに貼り付けても1円も儲からない。

でも貼る。

タオのプーさん

タオのプーさん

 

 

 

みんな、買わないように。お金がもったいない。

私のブログを読んでくれている人は多分、そんなに物欲も無いだろうし、モノをたくさん所有するのを好んでいないはずだろうから。

まず、図書館で借りましょう。

 

大事だと思ったページは、ノートに書き写してください。

コンビニでコピーしただけじゃ多分、自分自身の血や肉には、ならない。

 

3回読んで、どうしても必要だと思ったら、古本屋で買えばいいかな。

ただし、お金持ちの人は、定価で5冊買って、友達に配ってください。 

 

もしかしたら、子供向けの「児童書」で道教老子に関する本があるのなら、絶対にそっちの方が良いだろうなぁ。

 

悩んだ時や、苦しい時は、こう考えてみる。

TAO(タオ)をゴリゴリに実践しているクマのプーさんや、バカボンパパなら、こんな時どうするだろう?

 

もっとシンプルに決断して、シンプルに行動してるんじゃないのか?

自分は考え過ぎなんじゃないのか?

もっと、

プーさん的に、バカボンパパ的に、生きていけないだろうか?

 

私は、釣りバカ日誌のハマちゃんなんかも、タオイストだと思う。

道教を実践しているサラリーマンは、きっとハマちゃんタイプだろうな。

 

私が時々使うテクニック。野生動物の気持ちになって考えてみる。

秘伝のタレだから、教えるのはちょっともったいないけど、今日は特別に教えてあげよう。

 

ちょっと心に波風が立って、モヤモヤした時に、たとえば野生動物なんかをイメージしてみるわけ。

 

そのへんでチュンチュンいってるスズメとかね。

 

私の場合、何故か野生動物をイメージすると頭の中によく出てくるのは、シカ。

多分、自分が見た野生動物の中で一番大きな陸生哺乳類だから?かもなぁ。

 

f:id:gattolibero:20160522101458j:plain

 

悩んだ時は、

「こんなとき、鹿だったら、どうするだろう?」

って考える。

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

「あ、どうもしねぇな」

って。

 

自分で難しく考えて、勝手に「自爆」してるだけだった…

って気づく。

 

野生のシカは、もっと淡々としてる。

「クヨクヨ考えて自爆」なんてしない。

自分をわざわざ苦しめない。

 

もっと、

キョトンとした顔して、何も考えていない。

・・・・・・

それでいいんじゃないのかな。

って思える。 

 

 

 

そんなこんなで、今、バカな人は幸いである。

これからバカになる努力をしなくていいのだから。 

 

ピカソみたいに一度、技術的に頂点を極めてからそれを捨てる必要が無い。

最初から捨てるモノを持ってないからね。

ラッキーじゃん。

 

おめでとう、バカな人。

そのまま突き進んでください。