伝説のコンテンツ『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』をご存知だろうか?

広告

みなさんは『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』という、伝説的キラーコンテンツをご存知だろうか?

ようするに、

「草刈正雄(くさかりまさお)」は「まさかりくさお」に。

「松平健(まつだいらけん)」は「けつだいらまん」に。

ただそれだけのことであるが、これがもう、じわじわ来るのである。

ボディーブローのように、あとから効いてくるのである。

 

「森進一」が「しり もんいち」に「イエロー・モンキー」が「モエロー・インキ―」になってしまう。

『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』は、こちらのサイトの名物企画だったわけです。

Sledge Hammer Web

 

新規の更新は2005年が最後だったようです。

今まで感動をありがとう…!

 

伝説のコンテンツはコチラ。

苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました

歴代の名作の数々。

苗字と名前の最初の文字を入れ替えるだけで、これほどのイリュージョンが発生するものなのか!?

思わずうなってしまうような、見事な作品ばかりです。

 

私も一つ、考えてみました。

「マツコ・デラックス」が「デツコ・マラックス」に。

・・・・・・・・・

いかがでしょうか。

まだまだ甘いですね。

 

ちなみに、第1回けつだいらアウォード の大賞作品は「けつい うん」でした。

「宇津井健」→「けつい うん」

見事です。

 

第1回の敢闘賞は以下の通り。

「ゴリ田モウ」

「ゲリ・ユラー」

「くま いるよ」

「とてい ほもやす」

 

くま いるよさん、いいですね。

ついつい下ネタに走りがちな雰囲気の中、あくまでも老若男女、万人ウケを意識した王道、ストロングスタイルとでも申しましょうか。

殺伐とした現代社会に咲く、一輪の野の花のような、そして、一服の清涼剤的作品。

PTA役員の皆様もご満足の一品。

「くま いるよ」。

ほのぼのと、心が温かくなります。

冷静に考えてみると相当ヤバい状況なんですけどね。

クマがいるわけですから。

 

 

第50回、まさに集大成と呼べる「けつだいらグランドアウォード」ともなると、もはや行きつくところまで行ったな、と脱帽するしかない。

 

50回の集大成・けつだいらグランドアウォード(2001.11)

 

「苗字と名前部門」の大賞作品は…

「なまづしりあきら」!!

 

えっ!何?

ナマズ?

尻?

アキラ?

えっ?どういうこと?

 

もう、パッと見、意味が分からない。

変換前のフルネームが思い浮かばない。

 

んで、もう降参して、答え見ちゃう。

「・・・・・・・・・島津 斉彬(しまづ なりあきら)かよ…。」

そもそも元の名前が反則級じゃん…。

 

ちなみに、個人的には、

「もかまつ ちんざえもん」

「フーガン・モリーマン」

「オイリー・ゲールドマン」

あたりが好きですね~。

 

「歴史上の人物」と「外国人」は、料理しやすいのかも知れませんね。

元がどんな人なのか分からないので、相当乱暴に扱っても大丈夫そうな雰囲気があるからでしょうか?

 

あと、

「さくまむし どんだゆう」ってのも味わい深いですね。

なんかもう、うっかり八兵衛みたいな、場を和ませるのが得意な、愛されキャラなんでしょうね。(勝手な妄想)

 

 

「苗字と名前じゃないもの部門」になると、もはやバーリトゥード、何でもアリなんで、とんでもないアクロバティックな荒業が飛び出してきます。

グランドアウォード大賞作品は…

「俺につけてもそやつはカール」!!

なんだこれは!!!

 

ノミネート作品も、非常にカオス。

「べこはまヨイスターズ」

「だち、2、3、イーッ!」

「こきたてヒーヒー」

 

「だち、2、3、イーッ!」ってなんですか。

イーッ!って何!?

ものすごく情緒不安定。

 

「ウエってきたカルトラマン」ってのも哀愁が漂ってていいですね。

そりゃあね、正義のヒーローだって、飲みたい時もありますよね…。

こっちが二日酔いでも、そんな事情を察することなく怪獣は現れますからね…大変ですよ、ホントに。

 

 

そんなこんなで。ぜひ、みんなも文字を入れ替えてみてネ!ところで。

このブログ「自由ネコ」のヘビーな読者の皆様はご存知かと思いますが、私の永遠のライバル的な存在として「ぐわぐわ団」というブログがございまして。

gattolibero.hatenablog.com

 

gattolibero.hatenablog.com

 

この、ぐわぐわ団の中に、最近、

「ゴルロス・カーン」とかね、

「フィーン・デジオカ」とかね、

往年の『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』を彷彿とさせるキャラクターが登場しております。

 

www.gw2.biz

 

www.gw2.biz

 

このシリーズ、まだまだ続く可能性がありますので、要チェックでございます。

みなさんも、面白い作品を思いついたら、どんどんドロップしておくれやす。