【断捨離以上の効果】確実に不要なモノを買わなくなる方法

広告

私は、独自に編み出したこの方法を3~4年前に採用して以来、生活必需品以外のモノは、ほぼ買っておりません。買うとしても年に一回とか。

めちゃくちゃ効果があります。浪費癖のある人には、ぜひオススメしたい!

 

まずは「オレは不要なモノをたくさん買って経済を回してんだよ!」という詭弁に対して一言

無駄使いする人の常套句ですね、「経済を回しているのだ」っていう。

そんな言い訳めいた発言、1ミリも説得力ありませんからね。

 

「経済を回すために何か買わなくちゃ」なんて、本当は思ってないくせに。

見え透いたペラい言い訳。

 

お金が余って困ってるんなら、無駄なもの買わずに、全部オレによこせ。

オレが有意義な使い方してやるから。

 

ノーベル賞を受賞した山中教授でさえ、研究のためのカネが足りなくてメチャメチャ困ってんだよ。

ご支援のお願い Request for Support

山中伸弥所長から皆様へのメッセージ

iPS細胞実用化までの長い道のりを走る弊所の教職員は、9割以上が非正規雇用です。

これは、研究所の財源のほとんどが期限付きであることによるものです。

しかし、2030年までの長期目標を掲げ、iPS細胞技術で多くの患者さんに貢献するべく、日々の研究・支援業務に打ち込んでいます。

皆様のご支援は、長期雇用の財源や、若手研究者の育成、知財の確保・維持の費用などに大切に使わせて頂きます。

どうか、皆様のあたたかいご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

ご支援のお願い | iPS細胞研究基金 | 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ)

 

信じられるか?

ノーベル賞受賞者を援助することもできないんだぞ、この国は。

なっさけない。非常~~に情けない。

 

今の日本は、せっかく凄い才能やスーパーな人材が揃っていても、国自体がそれをロクに援助したり支援したりするつもりがない。

宝の持ち腐れですよ。

こりゃ、沈没して当然だ。

 

はい、そろそろあったまってきたんで、本題に入りますか。

 

「断捨離」なんかよりもはるかに効果がある無駄なモノを買わなくなる方法。

 

 

日本古来から伝わる「八百万の神」という考え方。そして今、世界はMOTTAINAIの大切さに気付き始めた

八百万の神(やおよろずのかみ)。

めちゃくちゃたくさん、神様がいるって考え方。

 

神羅万象、この世のありとあらゆるものに、神は宿る。

そういう考え方ね、たぶん。

 

なんにでも、どこにでも、神様はいるんですよ。

 

山の神。川の神。森の神。

 

家の神様、玄関の神様、トイレにだって神様はいます。

 

トイレの神様/植村花菜

www.youtube.com

 

※ここから先は、植村花菜さんの名曲「トイレの神様」をBGM的に流しつつ、読み進めていってください(号泣必至)

 

だからいいですか、

「このセーターは、ときめかないから捨~てよっと♪

とか、本当は、やっちゃイカンのよ。

 

いいですか、今、あなたが、軽薄なあなたが、何もためらわずに、平然と捨てようと思った「ダサいセーター」にも神は宿っているんですよ。

 

「ダサいセーター」には、「ダサいセーターの神」が宿っているんです。

それを、なんで平然と捨てることができちゃうんでしょうか?

捨てられたダサいセーターの気持ちを、あなたは考えたことがあるの?

 

あなたには、モノを大切にする気持ちってないの?

コスパとか合理性とか、そういう欧米で主流の価値観に毒されて、本当に大切な「心」を見失っていませんか?

大量生産、大量消費の、虚しいサイクルに絡めとられて、ただの歯車の一つに成り下がっていませんか?

もう一回、「こころ」を取りもどそうよ。

 

思い出してみてよ。 

日本には「もったいない」という素晴らしい言葉があったでしょう?

 

世界は今、「もったいない」の大切さを認識し始めていますよ?

2004年に環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア出身のワンガリ・マータイさん。この方が環境を守る世界共通語として「MOTTAINAI(もったいない)」を広めることを提唱し、国内外で「もったいない」という言葉が注目を浴びたことは、多くの方がご存知だと思います。

「もったいない」の日本語に隠れた本当の意味 | アルファポリス | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

ときめくとか、ときめかないとか、バカなこと言ってんじゃないよ。

簡単に命あるものを捨てるんじゃないよ。

神様が宿っている、と考えれば、そう簡単には捨てることができなくなるはずだよ。

 

 

「飼ってた子犬がデカくなったから、もう要らない!新しい子犬GET!」と言った女性タレントが炎上したことがあったはず

うろ覚えですけど、確かそんなことがあったはず。

 

子犬、可愛いじゃないですか。

それで、ある女性タレントが、ワンちゃんを飼い始めるわけです。

 

でも、それ、小型犬じゃなかったらしくて、どんどんデカくなってさ。

それで

「もう可愛くないし、いらん」

ってことで。

 

とはいえ、捨てるのは忍びないんで、実家の親にあげたって話なんですけどね、これさ、

「ペットの子犬がデカくなりすぎて、ときめきを感じなくなったから、もう要らん!」

っていうことなのよ、実は。

ときめかないものを捨てるって、そういうことなのよ。

 

「靴でも、シャツでも、上着でも、ときめかないならどんどん捨ててこうぜ」

っていうのは、

靴にも、シャツにも、上着にも、神様なんて宿ってない、命なんて宿ってない、単なる物質でしかない、そういうふうに考えてる、ってことなのよ。

ものすごく軽薄でドライな考え方。

 

こういうの、ほんと、悲しいし、心が痛いね。

 

軽い気持ちでペットを購入して、軽い気持ちで捨てる。

 

軽い気持ちで子作りして、軽い気持ちで子どもを捨てる。

 

そういうの、やっぱ、悲しいよ。

 

もう一回、「八百万の神」、思い出してみてよ。

 

どんなものにも、神様が宿ってるって想像してみてよ。

 

 

おしら様って大根の神様かと思ってたら違うんだ…。

 

この大根の神様、名前はおしら様と呼ばれている神様です。劇中では大根の神様として登場していますが、実際は養蚕、農業、馬の守り神として有名です。農業の神様なので、ベストなモチーフなのかもしれません。

その本来のお姿は、東北地方で信仰されている家の神様です。東北地方以外にも、茨城県や静岡県などに、おしら様を祀った神社が存在しています。

『千と千尋の神隠し』に出てくる大根の神様はおしら様? | ciatr[シアター]

 

 

全てのものに魂が宿ると考えるようになると、モノを簡単には捨てられなくなる。

シャツでもパンツでも靴下でも、モノを大事にするようになります。

「はい~!ときめかなくなったから処分~!」

などとは全く考えられなくなります。

 

全ての生きとし生けるものを慈しみ、

さらには

生きていないものさえも魂が宿っていると考え、慈しむ。

 

捨てらんないッスよ、ほんと。

 

可哀そうだもん、天寿を全うさせずにゴミにしてしまうなんて。

自分がそういうことされたら、イヤだもん。

 

「お前、ときめかないから廃棄ね」

って言われたら、どんな気分?

 

人からやられて嫌なことは、やらない。

そういうことだよね。

 

はい、いよいよ核心に迫ってきましたよ。

(まだ前フリだったことにビビった?)

 

 

とはいえ、どうしても、気に入らない服とかもあるんだよね…それをどうするかが重要なのです

どう考えても、ときめかない服って、あんのよね。

一時の気の迷いと言うか、衝動買いと言うか、

買ったけど着ない服ってあるでしょ。

そういう場合どうすべきか?っていうのが、今回の話の肝です。

 

それでは、発表します!

 

ど~しても、ときめかない、あんまり着たくない服は、どうすればいいのか?

 

答えは…「イヤイヤながら、それでも歯を食いしばって着る」、です!

 

これがもうね、けっこうな拷問なんすよね。

 

全然、気に入ってない服を着て過ごすのって、テンション激下がるじゃないですか。

でもね、それでもなお、歯を食いしばって、その服を着るのです。

着るっていうか、着倒すんです。

部屋着として、室内で、コテンパンに着まくるのです。

 

徹底して、着たくない服から着る。

お気に入りじゃない服から着る。

もう、ボロボロになるまで着る。

(洗濯はしますよ)

そしてボロボロになったところで、その服が寿命を迎えたところで、

天寿を全うしたところで、そこでようやく「ありがとう」と感謝して、廃棄するのです。

 

これがねぇ~、めちゃくちゃ効果あるんですよね。

軽はずみな気持ちで洋服を買うことが無くなります。

 

かつて槇原敬之が「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」って歌ってましたけど、

「もう洋服の衝動買いなんてしないよ絶対」

って、メッチャクチャ、心の底から思うようになるんです。

 

「軽い気持ちで購入して失敗する」っていうことに対して、ものすごく敏感になります。

 

そのくらい、キツイ拷問なんですよね、気に入らない服を着続ける、ってのは。

ものすごくツラい。

 

だから、もう二度と、こんなツラい思いはしたくない!って、心底思うようになるんです。

そうすると、Tシャツ1枚買うだけでも、メチャクチャ熟考するようになります。

 

簡単に、軽い気持ちで服を買って「やっぱ似合ってねぇな」とか、悲劇ですから。

似合ってなくても、その服がボロボロになるまで着続けないとダメ、っていう縛りがありますから。

 

それでね、この拷問、コツとしては、どんどん着て、どんどん汚して、どんどん洗濯するってのが、ポイントです。

結局、服ってのは、ただ着てるだけだと、あんまり劣化しないんで、相当長く着れるわけですよ、数年とか余裕で着れちゃう。

だから、拷問を早めにやり過ごすためには、めっちゃ洗濯するってのがポイントです。

洗濯機に入れて、グルングルン回すと、徐々に劣化が速まってきて、寿命が短くなります。

って速めに寿命を迎る方法を教えちゃう時点で私も相当なワルですね。

 

なんか、最後の最後で酷いこと言っちゃいましたが、まぁでもね、今回提唱した「自由ネコ方式」を導入しようという方にとっては、非常に有意義な情報なんじゃないかって思います。拷問の期間を短縮する方法。

 

あ、あとね、最後に。

なんかさ、

「気に入らない服を着続けるのって地獄」

って言っちゃいましたけどね、

これだと、本当に全く救いがないじゃないですか。

ということで、

ちょっとホッコリする話をするとですね、

実際には、毎日のように徹底して着ていると、意外とね「気に入らない服」でも、愛着が湧いてきて、好きになってくるんですよね、これはマジで。

だから、最後に、拷問期間が終了し、ボロボロになった服を捨てる時には、けっこう名残惜しいというか、もうちょっと長生きしてほしかったな…みたいな気持ちになってるんですよね。

あれほどまでに、好きじゃなかったアイツのことを、いつの間にか好きになっている自分がいる、っていう。

 

「いままで、ありがとう…」って。

そういう気持ちで、ボロボロになった服をゴミ箱へと送り出すことができます。

 

興味を持たれた方は、是非、チャレンジしてみてくださいネ!

 

 

あ、そういえば、これ書くの忘れてた。

いま私は、捨てられない大量の服の山を抱えて、着倒すだけで精一杯な日々を送っております。。

新しい服を導入する以前の問題なのです。

負債を抱え過ぎているような状態。

だから、買わない、というか買えないのです。

 

昔はオシャレ大好き人間だったので、すでに一生分の服、買っちゃったんですよね。

結果、それが裏目に出て、現在はその処理(着倒す)に追われております。

gattolibero.hatenablog.com