近所でコロナ感染者続出な件と山梨コロナOL弾丸帰省ツアー陽性編

広告

いや~…ホント、思いっきり他人事ではなくなってきました。

 

私がよく買い物に行くお店の店員さんがコロナに感染して陽性だったらしく。いったん閉店して、店内を丸ごと消毒?とか何とか…。

 

コロナがめちゃくちゃ身近な存在になりつつあります。 ご近所づきあいを余儀なくされております。

 

ぶっちゃけ、コロナに感染したら、私は死ぬと思う。いろんな病気、すでに持ってるから

たぶん、終わりでしょうね~、私の場合。

 

コロナに感染したら、おそらく生きては帰ってこれないでしょう。

 

あの世行きです。

 

いろいろ病気持ってて、からだボロボロですからね。

 

重症化は免れないだろうな、と。

 

フライング気味に遺書でも書いておこうかな、と。

 

そういう状況になってきております。

 

いや~、ホントね、うちの近所、めっちゃコロナってんのよね…。

 

クラスタ?っていうんですかね?集団感染的なやつ。

 

アレ、発生してんすよね…。

 

とにかくもう「民度の低さ」においては相当なハイレベルを誇る我が町「ゴッサム・シティ3丁目」なわけですが。

過去記事参照。

gattolibero.hatenablog.com

コンビニ強盗や郵便局強盗は当たり前。

マンションの郵便物は住人?に盗まれまくるし、

警察に届け出たら「そんなところに住んでるアンタが悪い」と説教される始末。

THE・実写版ゴッサム・シティ。

 

こんな町で、コロナが蔓延しない方がおかしいよね。

冷静に考えてみると。

 

ということで、「これが最後の記事になるかもしれない感」をひしひしと感じつつ、魂込めてブログを更新していかなくちゃイカンな…と思う今日この頃です。

 

なんつったって、死ぬからね、アタイは。

コロナったら、即、死亡よ。

 

死ぬこと自体は「まぁ、しゃ~ないな」って気がするけど、痛い思いとか、苦しい思いとかするのは、嫌だよなぁ~。

できれば、ポックリと逝きたい。

 

「夜寝て、朝起きたら死んでた」

くらいの、ナチュラルな死が望ましいですね。

 

なんかさ~、コロナ感染者の若者とかが、インタビューに答えてるの観たんだけどさ、

「ホント、マジ勘弁。二度とコロナりたくない」

って言ってましたからね~、相当、キツイと思うのよね。

 

元気でフレッシュな、ナウなヤングでさえ、死ぬほどキツイっていうんなら、棺桶に片足突っ込んでる爺さんなんかは、やばいでしょ。

奇跡の生還を遂げるとしても、相当なところまで、三途の川をバタフライしないとイカンですよ。

 

あとさ~、いま、こうしてブログ書いてるじゃないですか、久しぶりに。

 

んで気づいたんだけどさ。

 

全然、文字数稼げないね…。

 

けっこう書いたなと思ったんだけど、まだ1000文字くらいしか行ってない。

 

 

そういえば、これ、すげぇなと思っちゃったよ。絶賛コロナ感染中(陽性)のアクティブなOLのニュース。

「とりあえず、やっちゃいけないことを全部やってみました。てへっ💦」

みたいな内容。

 

味覚と嗅覚に異常を感じつつも高速バスで地元へ里帰りし、ショッピングを満喫したり、昔の仲間たちとBBQ(バーベキュー)パーティーを楽しむとか、ちょっとしたテロリストだな、って。

 

おそらく、幼馴染の連中に、コロナウイルスをうつす気マンマンだったんじゃねぇかな?って。

 

そもそも味覚異常で、味を感じない状態でバーベキューやっても、美味しくないだろうが!

肉がもったいないわ!たわけ!

 

実は感染知っていた 帰省先の山梨から東京に戻った女性 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 女性は4月29日に山梨県内の実家に帰省した。30日に会社の同僚の感染が判明。女性は帰省前から味覚・嗅覚(きゅうかく)に異常があったため、今月1日に県内でPCR検査を受け、2日に陽性が判明した。

 県は2日の発表で、女性には1日の検査後に実家で待機するよう求めていたが、結果が出る前の1日夜に新宿行き高速バスで帰宅したと説明していた。

 しかし、県の発表内容を知った女性の知人から2日夜、「女性は1日夜に県内にいた」と保健所に連絡があった。県が確認すると、女性は2日午前9時すぎに電話で感染を知らされ、直後の同10時台に富士急ハイランドバス停(同県富士吉田市)を出発する新宿行き高速バスで帰京したことを認めたという。

 

しかも、地元で自分のコロナ陽性をハッキリと確認した後に、間髪入れずに東京へ舞い戻る、っていう。

このフットワークの軽さね。

 

山梨に帰省の感染女性が虚偽報告「犬心配だった」 上京は発覚後 濃厚接触者も陽性 - 毎日新聞

帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。女性が虚偽の説明を保健所にしていた。女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。

 

犬が心配!

(千鳥ノブの「イカ2貫!」の言い方で)

 

怒るとか、腹立つとか、悲しいとか、むなしいとか、そういう感情の前に、ちょっと笑っちゃったもんなぁ…。

人間って、想像を絶する場面に出くわすと、笑えてくるんですねぇ…。

 

同県によると、女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。

 

へいへいへいへい!

家族ぐるみで虚偽の報告ですよ~!

 

なんかもう、完全に、想像の斜め上っていうか。

 

このOLさんに会ってみたい。

どんな人なんだろう。

金髪かな?

日焼けサロンとか通ってる系かな?

 

でも、いま会ったら、コロナうつされて、オレは死んじゃうね!

 

そんじゃ、フライング気味にさよなら!