【この生き方がすごい!】第1回目のゲストはエド・スタフォードさんです。(ガチサバイバル)

広告

新シリーズです。

非常に興味深い生き方を実践している「人生の達人」を紹介していく企画…その名も「この生き方がすごい!」・・・爆誕!

記念すべき第一回目のゲストは、このかた、エド・スタフォードさんです~!どうぞ~!

 

ディスカバリーチャンネルの「ガチサバイバル」でお馴染み、英国版・裸の大将、その名もエド・スタフォード(スタッフォードともいう)!!

もうね~、すぐ脱いじゃいますね、エド・スタフォードさんは。

お前は山下清か、芦谷雁之助か、って突っ込みたくもなりますよ、日本人からしてみれば。

 

秘境に到着すると、す~ぐ脱いじゃいます。

間髪入れずに、脱いじゃいます。

 

ちょっとでも目を離したら、もう脱いでる。

玄関開けたら2秒で全裸。

 

裸のエド、屈辱の着衣!!死ぬか生きるか、デッド・オア・アライブ!!服を着るか、それとも、リタイアか!?デッド・オア・着衣!!

www.youtube.com

【ガチサバイバル】期間限定公開|ザ・秘境生活 (フル) パタゴニア (ディスカバリーチャンネル) - YouTube

オタマジャクシを食す巻。
サバイバルエキスパートのエド・スタッフォード、カメラマンなし、ガチの一人サバイバルに挑戦。今回はパタゴニア!

今回、エドが降り立ったのはアルゼンチンのパタゴニア。アンデス山脈のふもとでサバイバル生活に挑戦する。この地方の気候は独特で、昼間は焼けつくような日差しが、夜は凍えるような気温がエドを苦しめる。渓谷を拠点にすると、植物やオタマジャクシ、アリの卵を常食とする。また、川では魚釣り機を作って、魚を生け捕りにする。最後の夜を盛大にするため、晩餐の準備をするのだった。

 

いや~、やっぱヤバいね、パタゴニアっつ~のは。

噂には聞いていましたけれども。

 

昼間は下手すると30度以上、

夜は下手すると氷点下、っていう。

こりゃ、死ねますわ。

何度でも、死ねる。

何度蘇っても、その都度、死ねる。

2泊3日なら、6回は死ねる。

 

エドさん、魚をGETすることに夢中になって、日焼け対策をすっかり忘れるという大失態!

背中がほぼ、やけどのような状態に!!!

このままだと悪化して「第2度熱傷」になるおそれが!!

水ぶくれが出来て、細菌に感染してしまえば、そこでドクターストップ、チャレンジ中止ということで・・・。

エドさん、緊急事態用の連絡ツール(衛星電話?)で医師に問い合わせたわけですが、

医師いわく「潔く自分の判断ミスを認めてシャツを着なさい」との返答!

これはもう、エドにとっては死刑宣告に等しいメッセージだぁ~!!!

 

出ました、エドの名言。

「シャツを着たのはシリーズで初めてです」

 

これはキツイ。

エドの顔、渋いね~!!

 

いや~、おもろすぎます、エド・スタフォードさん。

(人の不幸を笑っちゃいけない)

 

 

火なのか、水なのか、寝床なのか。優先順位をちょっと間違えただけで、生死の境をさまようことが可能です。それが、ガチサバイバルなのだ!

 

www.youtube.com

[神回]【ガチサバイバル】[FULL] ルーマニア | ザ・秘境生活 | 期間限定公開 (ディスカバリーチャンネル) - YouTube

世界で初めてアマゾン川を水源から河口まで踏破した男、元イギリス陸軍大尉のエド・スタフォードが冒険の旅に乗り出す。たった1人で辺境の地へ行き、10日間のサバイバルに挑戦するのだ。持ち込めるものは撮影用のカメラだけ。水や食料は持っていけない。しかも、ただ生き延びるのが目的ではない。世界的に見ても非常に過酷な環境で、いかに肉体的にも精神的にも充実した日々を送れるか試すのだ。

今回、エドはルーマニアのカルパティア山脈に来ていた。ここは、今でも手つかずの自然が残る数少ない場所で、凶暴なヒグマの猟場でもある。彼は凍るような冷たい気温に注意しながら、脱水症にも気をつけねばならない。そこで、彼は原始的なワナを仕掛け、シカを捕まえることにする。わずか10日間で次々と逆境を乗り越えていくのだった。

 

いや~~~、エドの生き様を目の当たりにすると、いろいろとね、気づくことがありますね。

 

いつでも簡単に水を飲めるってのは、ありがたいことだったんだなぁ…とかね。

いつでも簡単に火を起こせるってのは、ありがたいことだったんだなぁ…とか。

 

エドのガチサバイバル、自分自身に課すハードルが高すぎよ。

せめて、靴履こうぜ。服着ようぜ。

あと、テントとライターくらい、持って行ってもイイんじゃね?

 

あまりにも、過酷すぎよ、初期設定が。

 

まぁねぇ、「やらせ」なんじゃないか?とか、そういう意見もあったりなかったりしてるみたいですけど、それはそれでね、エンタメですから。

そこんところは、なんとな~く、ねぇ。

 

 

人生につまづいたとき、迷ったとき、悲しいときーーー!エドのガチサバイバルを観て、生きる勇気をもらってください。

 

これ、リストかな。

エドの魅力がてんこ盛り。

これは永久保存版だな。

ザ・秘境生活 Marooned S2 [フル] 期間限定公開 - YouTube

 

 

こんなのもあった。

www.youtube.com

【エド】イーヒッヒヒヒヒヒ集 (ディスカバリーチャンネル) - YouTube

 

 

「イーヒッヒヒヒヒヒ集」ってすごいタイトルだな。

まぁ、言うけども。

エド、イーヒッヒヒヒヒヒ言うてるけども。

 

ホントね、なんか人生が嫌になった時とか、エドの動画、観てもらいたいよね。

 

「オレはなんで、こんな小さなことでクヨクヨしてたんだろう…?」

みたいなね、自分の悩みがちっぽけなことに見えてくるっていうか。

 

エドの生命力を目の当たりにしたときに、なにかこう、こっちも、生きる勇気が湧いてくるっていうかね。

 

人間にとって、真に重要なことって何なのか、考えるきっかけがもらえます。

 

エドの生き様に触発された「自分の中のリトル・エド」が、「クソどうでもいいことで、いつまでもグダグダ言ってんじゃねぇよ」って、自分自身を叱咤激励してくれます。

 

結局、人間にとって本当に重要な課題ってのは、「生きる」ことと「死ぬこと」、だけなんじゃないかな?って気がしてきたりします。

 

そんなこんなで、新シリーズ【この生き方がすごい!】、記念すべき第1回目のゲストはエド・スタフォードさんでした!

 

 

 

サバイバル的関連過去記事。

 

全裸版テラスハウスと言っても過言ではない人間模様。

全裸の男女12人が40日間サバイバル「THE NAKED XL 12人の挑戦」が非常に興味深い件 - 自由ネコ

 

このサバイバル小説、激烈に面白いです。

無人島からの脱出サバイバル小説「漂流」について熱く語る - 自由ネコ

 

リリー・フランキー主演でドラマ化もされましたね。実話。

実話!「洞窟おじさんカズマ」13歳で家出し56歳まで森でサバイバル生活!? - 自由ネコ