読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーティスト「自由ネコの中の人」が挫折するまでの一部始終

昔、芸術の道で生きていこうと思っていた時期があった。

小手先のテクニックなんて関係ない「実力勝負」の世界だと思ったから、ここでなら戦えるって思ったんだよな。

 

「芸術、アートの世界」って、オレの中では超~敷居が高くて、飛び込む時にはメチャメチャ勇気が必要だった。

でも、ずっと表現者になりたかったから、人生を棒に振る覚悟で行くしかなかった。

 

勇気をもって飛び込んでみると、意外とあっけないほど、手ごたえは最初からあった。

まぁ、少しは「オレなら絶対にやれるはずだ」っていう自信もあったんだけど。

 

オレの中には、グツグツと煮えたぎるような、何か得たいの知れないエネルギーが充満していたから、それを発散して作品にすればいいんだろ?ってのは、分かっていた。

 

試しに一枚、新しくできたギャラリーが主催した、なんちゃらビエンナーレ的な公募展に出してみたら、「がんばったで賞」みたいなウンコをもらった。

あとで事情に詳しい人から

「賞をもらった連中は、君以外、だいたいみんな審査員の知り合いだよ」

って話を聞いて、芸術の世界って、超クソなんだなって心をへし折られた。

 

オレは、ひたすら部屋に籠って絵だけを描いていればいいんだろ?って思ってたけど、そんなに甘い世界じゃなかった。

 

いろんな人に会いに行かなきゃならない。

オレと同じレベルのアーティストなんてごまんといるから、差をつけるには顔を売るしかなかったし、最悪、賄賂とかが必要だったりするんだよな。

互角の場合は「世渡り上手な方が勝つ」そういう世界だった。

まぁ、普通の会社と同じだよね。

営業努力が必要だった。

 

知り合いの無名アーティストの個展がある度にオープニングパーティーに顔を出して、そこに来ている連中と名刺交換をしなくちゃならない。

それをサボると、自分の個展に人が来なくなるから、行くしかないんだよね。

円滑な人間関係を築けるかどうか?は、かなり重要だった。

誰かの個展が常に開催されているから、毎週末、パーティーがあった。

ギブ&テイク。

 

なんなんだこれは。

オレがやりたいのは、こういう事じゃない。

 

オレが圧倒的なまでの天才芸術家であれば、営業なんて不要だったのかも知れないけど、残念ながらオレにはそこまでのチカラが無かった。

 

ちなみに、

無名時代のピカソには、こんなエピソードがある。

 

ピカソは変装して、街中の画廊を回るんだ。

ピカソの絵が欲しいんですが、この画廊で扱ってますか?」

 

画廊のオーナーたちに

ピカソという無名画家の絵は、カネになりそうだ」

と思わせるためだ。

 

 

ダリの場合は、相棒のガラが、あの手この手で売り込んでいた。時にはハッタリかましたりしてね。

 

とんでもない天才たちでさえ、駆け出しのころは、必死に営業を頑張ってたんだよね。

 

オレはそういうのは、ちょっと無理だった。

コツコツと続けていれば、カネにはならなくても、ちょっとは有名になったかも知れない。賄賂とかいろいろ駆使してね。

 

社会人失格だよね。

みんなは出来てるのに、オレは出来なかった。

 

そうやって、何度も心をへし折られる事があって、

他にも、

ちょっと第三者がかかわる話だから書かないけど、いろいろとあって、けっこう悩んでいた時に「大福」に出会った。

 

gattolibero.hatenablog.com

 

それまでオレは「生きる」ためには、作品を生み出し続けるしかないって思っていた。

「芸術に生かされている」と思っていた。

「アートが無ければ死ぬ」って思っていた。

 

それは、カネのためとかそういう事じゃなくて「生きる意味」を見失う事だったからだ。

 

でも、大福と出会って、生きていけるって感じた。

大福さえいてくれれば、大丈夫だって思った。

芸術なんかに頼らなくたって、オレは生きていくことが出来るって思えた。

 

大福と一緒にいると超~楽しい。

人生って、こんなに楽しいもんなのかと思った。

 

大福もなかなか立派なクリエイターだったが、オレと出会って、モノづくりを辞めちゃった。

大福のファンの人、サーセン

大福も「自由ネコの中の人」と出会って、作る必要が無くなった、と言った。

 

きっと、オレも大福も「誰かに認められたい」という衝動が、無くなったんだと思う。

 

たった一人でも「あなたは世界で一番、最高だよ」って言ってくれる人がいれば、それで人間は救われるのかも知れない。

 

ありのままの自分をまるごと全部、受け入れてくれる人の存在があれば「今とは違う自分」を目指す必要が無くなるんだろうな。

 

つ~ことで、オレはアートを辞めました。

 

そして多分、

AKIRA杉山明)に出会ったことも、オレがアートを辞める大きなきっかけだった気がする。

gattolibero.hatenablog.com

はてなブログ公式ツイッターが人気記事としてピックアップしていたようだが、ブックマークは1個もついていないというミラクル(笑)

これはもう、勲章のようなものだから、みんなブックマーク付けないようにね。

 

え~と。

 

今、大福に怒られた。

晩御飯の時間にパソコンやめろってさ。

 

ま、そういうこと。

続きはまたいずれ。