脱・井の中のフロッグ★次の戦いは「はてな村関連のネタを封印する事」

今朝、便所で屁をこいた瞬間にひらめいた。

はてなブログユーザーにしか理解できないような、内輪ウケを狙った記事を書くのは、もう辞める。

はてな村」での騒動には言及しない。(もし書いちゃったらゴメン)

 

正直にカミングアウトすると、オレは世の中のほとんどの事に興味が無い。 

ホントのこと言うと、オレは結構、全部どうでもいいのよ。

「知らんがな」って思ってる。

 

でも、それ言っちゃうと、全部、終わっちゃうわけ。

冷めちゃったら、終わり。

 

行きつくところは、

なんで生きてるんだろう?

生きてる意味ねぇな。

 

って事になっちゃうからな。

 

そこは、自分自身を奮い立たせて、言い聞かせるしかない

人生って、たのすぃ~な~!って。

 

アミーゴたちみたいに、自分から掴みに行かなくてはならない。

彼らは、人生を楽しむように心がけていた。

たとえ無理してでも、

全力で「楽しい人生」を掴みに行っていた。

思い出のアミーゴたち

  

 

趣味がない。やりたいことがない。欲しいものもない。

完全な自由ってのは、完全な孤独ですよ。

オレは思ったね。

 

皆、「世間のしがらみ」という牢獄の中に閉じ込められている。

牢屋の中で、やいのやいのやっている。

 

オレはね、この牢獄から脱出したいと思っていた。

でもさ、

いざ脱出に成功して、自由を手に入れたら、こういう事になった。

 

f:id:gattolibero:20160518065731p:plain

 

オレ以外の全員が牢屋の中で暮らしている。

まぁ、イメージだけどね。

 

もう二度と戻りたくないはずの牢獄の中が、なんだかやけに楽しそうに見えるんだよな。

 

結局、生きていくっつ~のは、そういうことなんじゃねぇんですかい?

 

 

オレは「世界」から切り離されちゃった。

自分が意図してそうしたんだけど。

 

だから映画を観るとか、ご飯を食べに行くとか、旅行に行くとか、そういう事はいっさい「自主的に」することはない。

全部、相方の大福が、オレの手を引っ張って、連れ回してるだけ。

連れ回してくれてる。本当にありがたい。

 

私にとって大福は圧倒的に重要な唯一無二の存在であり、「私」と「世界」とを繋ぐ架け橋だ。

人生が一変した「ソウルメイト」との出会い

 

大福がいなければ、オレは単なる仙人ですよ。

仙人なんて、クソつまらねぇぞ。

 

話が異常なまでに脱線した。戻すか。

 

 

はてな村という牢獄の中で巻き起こる悲喜交交(ひきこもごも)に関与したいと思っていたが、もう辞めた。

はてな村っていうのは、本当に面白いところで、個性的な連中が住んでいる。

 

個性的なヤツって、めんどくせぇんだよな。

でも、面白い。

愛すべき人々だ。

 

はてな村は、ダメ人間の見本市みたいなところだ。

ブログを書く以外に生きる方法を知らない村人たちは、とてもチャーミングだ。

 

ブログに頼らずに生きていける者は幸いである。

これほど救いのない生き方なんて、出来る事なら選ぶべきじゃない。

書き続けなければ精神的に死ぬ者だけがブロガーとして生き残る

 

ただね。

村には村の掟(おきて)みたいなものがあって、非常に息苦しいことも事実だ。

 

「芸歴が長いだけでクソも面白くない先輩芸人」が、楽屋で、若手芸人にダメ出しをしてるような世界でもある。

 

困ったことに芸歴の長いパイセンは「お山の大将」みたいになってしまう。

間抜けな取り巻き連中に囲まれて、勘違いし始めちゃう。

ちっぽけな村の中でしか通用しなくても、なんだか自分が偉いような気がしてきちゃうんだろうな。

 

おれはね、ちょっといろいろと考えたワケ。

 

はてな村の「回覧板」に書かれている騒動なんて、めちゃめちゃ小さな世界の話だよな。

村人以外、誰も知らないし、興味も持っていない。

 

あ。

逆に「はてなタイムズ」みたいに、村で起こってる騒動だけをピックアップした「かわら版」みたいなブログって面白そうだな。(すでにあんのかな?)

 

少なくとも「はてな村の話題」に興味を持つのは、村の住人だけなんだよな。

村ネタをブログに書くって事は、すげー狭い範囲を相手にしてる、って事だ。

まぁ、村から一歩も出ないなら、それでいいのかも知れないけど。

 

村に住んでると、ついつい村の話題を書いちゃうんだけど、

これさぁ、

田舎に住んでいるオバちゃんたちが井戸端会議で、同じ地区に住んでいる誰かの噂話をしてるレベルとあんまり変わらないんじゃないのかな。

ほかの町から来た人には、超~どうでもいい話。

 

この、村人をターゲットにしている記事を書いているあいだは、ブログも、自身も、そこから先へは進めないような気がしてきたんだよね。

 

はてな村関連のネタ」を封印する事で、新しい何かが見えてくるんじゃないのか?

まぁ、やってみなくちゃ分からんけどさ。

村の話題をブログに書かない、っていう縛りを設けることで、何かが変わるんじゃないか?という気がしてきた。

逆に、書き手としての幅が広がるんじゃないか?みたいな。

 

オレは、みんなが興味を持っている事には、だいたい興味が無い。

 

「悪そうなヤツはだいたい友達」っていう面白フレーズ的に言うと、

オレ的には

「皆が食いつくコトはだいたい面白くない」 

 

ホントにこれ、困ったもんだよ。

共通の話題が無いんだよな。

 

テレビも、映画も、HIPHOPも、アニメも、コスプレも、音楽も、お金も、地位も、名誉も、

正直、全部どうでもいいんだよな。

 

そうすると、何の話で盛り上がればいいのか、全然わかんねぇの。

 

で、考えた。

 

何についてなら、熱く語れるんだろうか?って。

 

そしたらねぇ、なんつうかな。

 

人生とは何か?

生きるとは?

みたいな事しか、話すことが無いんだよ。

オレには、それくらいしかねぇんだよな。

 

大きなくくりで言えば、全ての人に共通する話題だから、70億人の読者を獲得できるかもしれない。

 

という大逆転のポジティブ的発想。

 

 

とりあえず、買い物行ってきます。

牛乳とタマゴが安い日なんだよね。

 

 

オマケ。

 

オレが取り組んでいるチャレンジ その1

「全てを肯定する」 

gattolibero.hatenablog.com

 

 

チャレンジ その2

「月間100記事更新」

gattolibero.hatenablog.com

 

 

チャレンジ その3

今回の決意ね。

はてな村関連のネタを封印する事」