読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終戦記念日ということで戦争についてアレコレ

ブログを書いてる暇があったらオリンピック観るわ。

そんな日々が続いております。

昨日は終戦記念日だったんですね。

ちょっとそのへんについて。

 

※今回も、とりとめのないことを支離滅裂に書き綴ります。(マジレス不要)

 

なんで人間は戦争しちゃうんでしょうかね。

「戦争のない平和な世界」なんつ~のは、可能なんでしょうか?

 

私個人的には、まだまだ幼い人類にとっては、戦争のない世界っつ~のは難しいだろうなぁ~と、思っております。

将来的には、そういう争いごとの無い世界ってのも、あるかも知れないと思いますが、まぁ当分の間、たとえば数百年とか?先の話なんじゃないかなって思っています。

 

国と国との争いは一切ない世界が出来上がりました。

でも、会社レベル、コミュニティレベル、家族レベル、個人同士の間では、相変わらずイザコザはたくさんあります・・・・・・

・・・・・・

なんてことは、無いと思うんですよね。

 

根底にあるものは同じだと思うんでね。

「人と人とが個人同士ではいがみ合ってるけど、戦争は無くなりましたよ。」

なんてことは、あり得ない気がするんですよ。

 

たとえば「ジャイアンのび太のおもちゃを奪う」という行為が、

小学生同士の間で発生するか、国同士の間で発生するか、ってのは、どこかで繋がってると思うのですよ。

単位の違いでしか無くて。

 

 

なんで戦争って起こるんでしょうね。

誰ですか。

戦争したがってる人って。

 

今、もしも戦争が始まったら、誰が得するんですか。

 

一般市民は、損する一方ですよ。

全然良いことないでしょ。

 

調子こいて、「ケンカ上等じゃ!」

とか言ってるアホだって、

「はい、徴兵で~す。明日から戦場で殺し合ってね。」

って言われたら、いやだ~~!ってなるんでしょ。

一般人なんて、捨て駒みたいな扱いを受けるわけですよ、戦争が始まっちゃえば。

将棋で言えば「歩」みたいな。

いや、「歩」以下だね。

 

「戦争始めようぜ!」って言った人たち、例えば政治家なのか、富豪なのか軍人なのか。

そのへんの人たちは、高みの見物みたいな感じでね。

戦場に赴くこともなく、あれこれ指示を出すんでしょうけど。

最前線で戦わされるのは、普通の人です。

 

不思議ですよね。

戦争始めたがってるのはごくごく一部の「偉い人」たちですよ。

戦争をやる、やらない、それを決定できる権限を持っているのは本当にごく一部。

 

我々のような大多数のただの一般ピープル(通称・パンピー)は、否も応もなく、戦場に駆り出されるだけ。

THE・捨て駒。

 

もしも多数決で

「みなさ~ん、戦争やりたいですか~?」

ってアンケート取ったら、ほとんどの人は、やりたくな~い、って答えるでしょ。

そうでもないのかな?

国民の98%が戦争したくない、って答えても戦争って始まるんですかね?

 

もし戦争が始まって、

「兵隊が不足してるから徴兵制度、復活しまーす、強制的に戦ってもらいまーす!」

ってなった時に、みんな従順に、

「ハイ!分かりました!お国のために死んできます!」

ってなる?????

 

やなこった!

ってキッパリ言い切れないのかな?

 

ナウなヤング(もしくはゆとり世代)全員が兵士になることを拒否したら?

勇気をもって拒否できたら?

殴られても蹴られても、オレは絶対に兵士にならない!って言い切れたら?

 

爆弾製造工場で強制的に働かされることを婦女子がみんな拒否できたら?

拒否できないのかなぁ~。

「でも時給4000円よ?ちょっと頑張ればビトンのバッグ買えるよ?ビトン。ヴィトン。」

とか言われたらひょいひょいついていくのかなぁ。

 

どうなんでしょう。

 

戦争が始まる直前には、あれなのかね。

テレビでキムタクとか福山雅治とかがカッコよく戦場で戦うドラマがオンエアされてるのかね。

もうちょっと若い役者か。

誰よ?

福士蒼汰か。

菅田将暉か。

よく知らんけど。

そのへんの役者が志願兵になってカッコよく戦うドラマやCMがバンバンテレビから流れてくるんだろうな。

洗脳。

アホなヤングが

「オレも軍に入れば女にモテるかな?」

とか思うんだろうな。

 

オタクが軍に入って、なんらかの才能が開花して輝く…みたいなアニメも放送されちゃうんだろう。

 

AKB48とかも、好きな男性のタイプは軍人です。とか言わされちゃうんでしょ。

 

「お国のために命張れない奴ってダサいよね」

という謎の同調圧力が国中を覆い尽くし、そのへんの洗脳が十分行き届いたところで、戦争GO!ですよ。

 

 

 

あ、今、気づいた。

今トイレ行ってきたんだけど。

トイレの便器に座ってる時って、いろんなことを思いつくね

 

もう、リビングにも洋式便器、置いておこうかな…。

普段からずっと座ってる作戦。

 

このまま少子化が進んだら、戦争できなくなるんじゃない?

捨て駒になってくれる若者が足りなくなる。

 

発展途上国から輸入するのかな。若手兵士。

介護者が足りないなら、移民受け入れればいいじゃん!とか安易なこと言うテイストで、兵士も受け入れたらいいんだ!ってなるのかな。

 

それか、「老人部隊」みたいなのが組織されるのか…。

老い先長くないジジイ&ババアを戦場へ送り込む。

ハイテク技術の進歩のおかげで、おいぼれでも簡単に扱える戦車とかミサイルとか、いろいろ開発されるんだろうな。

 

アイポッドみたいに、限界までボタンの数を少なくしたシンプルなジェット戦闘機とか。

らくらくホンみたいに文字がデカかったりして。

 

 

脱線に次ぐ脱線。

結局、言いたかったこと全然言えなかったわ。

最初に付けたこの記事のタイトル、

「戦争とスポーツなんたらかんたら・・・」

みたいな感じだったんだけど、スポーツのことに触れる前に終了でございます。

ということで、

タイトルを訂正して、これにてフィニッシュ。

 

ラブ&ピース

 

 

 

 

 

 

あ、ごめん、

&ピース

(律義に訂正)