読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田(仮名)を輝かせる方法を割と真面目に考えてみる。

石田(仮名)~・・・。

居候(いそうろう)先から追い出されちゃったかぁ~…。

人生、甘くねぇなぁ~。

でもまぁこれで全てが終わったわけじゃない。

気持ち切り替えていこう!

ここからだよ…勝負は!!!

 

説明しよう。まずは、石田(仮名)に関する豆知識

あくまでも、私なりの石田(仮名)の印象&見解ね。

まず、起業家として成功するにおいが全然しない。

 

昔、和田アキ子

「あなたには希望のにおいがする~♪」

って歌ってたけど、

石田(仮名)には、何か

「会社を立ち上げて上手く回していける感」

というか、そういう気配がない。

 

しかし!

 

しかしだ。

石田(仮名)には、何か別の魅力をヒシヒシと感じる。

可能性を感じる。

 

組織の中で輝くようなタイプじゃないし、やり手のビジネスマンに成れるとも思えないが、何か別の方法で輝けるんじゃないか?

そんな気がしてならない。

 

彼の持ち味を存分に発揮できるフィールドが、間違いなく別の場所にあるはずだ。

私はそう睨んでいる。

 

 

彼は気づいていないだけだ。

自分のストロングポイントに。

長所を生かすべきなのに、そこに気づいていない。

 

ということで。

 

割と真面目に、石田(仮名)を活かす方法、そのポテンシャルを存分に発揮できる道を探ってみたいと思う。

 

参考過去記事。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

ダイヤの原石的存在の石田(仮名)を存分に活かす道4選

ふざけていると思われるかもしれないが、こっちは真面目に考えております。

結果的におかしなことになったとしても、それはいわゆる不可抗力というものです。

 

その1 石田(仮名)ユーチューバーへと華麗なる転身

まず、ユーチューバーにとって、もっとも大事なのは、知名度のアップですね。

どれだけ面白い動画を作成しても、その存在を誰にも知られていなければ、ちっとも拡散しないわけです。

逆に超有名人であれば、あんまり面白くなくても、何とかなる可能性もあります。

 

本能寺の変」で大ブレイクしたエグスプロージョンも、最初の頃はいくら動画をUPしても、誰にも見てもらえなくて大変だった、と語っていました。

まず、観てもらうところまで行かないわけです。

www.youtube.com

 

しかし。

石田(仮名)には、すでにある程度の知名度があります。

(ブログの記事が大炎上しましたからね)

彼にはアドバンテージがあります。

これは、他の新参ユーチューバーにとっては、喉から手が出るほど欲しいアイテムなんです。

 

彼のファンも、彼のアンチも、とりあえず一度は、石田チャンネルをチェックするはずです。

動画を再生してくれるはずなんです。

そこから先は、まぁ実力が必要になってくるんですけどね。

 

石田(仮名)には、なんというかすでに「ヘタレキャラ」の印象がこってりとこびりついていますからね。

これを上手に活用すれば、それなりに面白い動画が作れるような気がします。

 

毎日、何かにチャレンジして、ことごとく失敗してみる。

いつ見ても、失敗ばかりしている石田(仮名)。

これ、確実に愛されますよ。

 

例えば。

ソフトクリームの機械で、巻き巻きして失敗するとか、そういうしょ~もない感じの動画を毎日、手を変え品を変え、ひたすらUPする。

 

このカオスなソフトクリームをつくった店員さんは、その後、超絶人気の深夜番組「月曜から夜ふかし」に登場してましたよね?

 

ソフトクリームを何度つくっても失敗してしまうので、あまりにも作りたくない時は、まだ商品があるのに「完売」の札を出して、客の注文を拒否する、って言ってました。

 

この「ソフト下手おばちゃん」みたいに、自分の失敗を笑い飛ばすことが出来れば、新しい世界が開けてくるわけです。

人は、誰かの失敗が面白いんですよ。

石田には、その期待に応える「才能」が、きっとある…!

 

石田の失敗が、世界を平和にするんじゃないか?

私にはそう思えるのです。ちょびっとだけど。

 

何やってもうまくいかなそうなので、その感じを逆に武器にすべきだと思うんですよね。

 

なんかもう、名前にいちいち(仮名)って付けるのが面倒になってきたので、シンプルに「石田」でいきます。

 

 

その2 ヒモになる。

おそらく。

口には出さないだろうが、今「石田を養いたい」と思っている女性が、少なからずいるのではないだろうか?

石田は、母性本能をくすぐりまくっているような気がする。

勝手な憶測ですが。

 

ナチュラル・ボーン・捨てられた子犬。

「生まれながらの捨て犬」感。

 

こういうのに弱い女性って、いるはずなんですよ。

 

起業とかなんとか言ってないで、すみやかに、迅速に、

「ぼくを養ってくれる女の子大募集中です。君だけの王子様になります。」

ってブログに書いてみればいいのではないか?

きっと、いくらかの問い合わせがあるだろう。

 

あるいは。

坂爪圭吾氏が提唱する「超ひも理論2.0」というのもある。

これは、特定の女から養ってもらうのではなく、宇宙全体から養ってもらうという発想だ。

宇宙のヒモになる。

なんという壮大なスペクタクルだ。

石田よ、誰なんだお前は。

 

坂爪氏の「超ひも理論2.0」にも言及している過去記事。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

その3 ガチのホームレスになる。

いっそのこと、誰かの家に転がり込むという前提をご破算にして、路上で寝てしまえばよいのではないか?

 

「石田のホームレス日記」 

 みたいな方向性でやっていく。

 

寝床用の段ボールの選び方など、ホームレス(通称・ムレス)初心者にとってはタメになる耳寄り情報をどんどんリリースしていく。

ムレス・ライフハッカー

 

今、ちまたにはムレス予備軍なんかも多いような気もするので、有益な情報をどんどん記事にしていけば、きっと読者がつくはずだ。

 

「工業用ブルーシートのオススメブランド8選!」

みたいなエントリーとか、

「工業用ブルーシートの意外な使い道20選!」

とか、

「工業用ブルーシートでつくるハンドメイド雑貨30選」

とか、

「工業用ブルーシートで・・・

 

もういいだろ。

ブルシーは。

 

 

その4 いわタワー(仮名)と組んで、友情モノのロードムービーを撮影するアメリカ横断の旅に出る。 

もう、適当ですよね。

思いつかないから。

 

結局、こういったウルトラC、斜め上の発想で大逆転しないと、今のままではジリ貧って感じがするんだよなぁ~。

 

まだ賞味期限が残っているうちに、次のアクション起こしちゃっていいような気がします。

野次馬的なみんなが飽きちゃった頃に

「動画配信始めました~」

とか言っても、観てもらえないからさ。

 

もう、名前も顔も出しちゃってるし、破れかぶれで、どんどん行っちゃっていいんじゃないでしょうか。

失うモノは何もねぇ!って感じで。

 

そうすることで、また新たな魅力が生まれてくるような気がします。

 

レールに沿った人生にピリオドを打ったわけだからさ。

イバラの道を自ら選んだ、ってのは多分そういうことだからさ。

 

今のところ、誰かの車に便乗してるだけで、自分の足で歩いていないヒッチハイカーみたいな感じになってるからなぁ。

 

まぁとにかくだ!

石田の未来に幸多かれ!

 

 

このエントリーはフィクションであり、実在の人物とは一切関係がありません。

(特に石田祐希氏とは一切関係がありません)

 

 

あわせて読まれたい。 

石田をモチーフにした短編。

gattolibero.hatenablog.com