渡辺謙さんは不倫をしても何故バッシングされないのか?

最近ニュースになってましたね。

渡辺謙さんの不倫疑惑。

ただ、どこのマスコミもあんまり大きく取り上げていないようだし、ベッキー乙武さんの時のような、一般ピープルからの激しいバッシングは一切無いようで。

これは一体、どういうことなのでしょうか。

調査してみたいと思います。

 

まず最初に申し上げておきますが、これは完全に、私個人の独断と偏見と妄想と悪ふざけでございます。ご了承ください。

 

渡辺謙さんが不倫をしても、全然バッシングされてないのは何故?

私はあんまりテレビのワイドショーとか観ないので、実際のところはよく知りません。

渡辺謙さんが不倫をしていたらしい、という話自体もよく知らないし、それがどの程度報道されているのかも知りません。

世論とか、ネットの反応がどんなもんなのかも、知りません。

私が今回の件に興味を持ったのは、ツイッターのタイムラインに流れてきた、とあるツイートを目にしたからなのです…。

 

うろ覚えですが、こんな感じの内容でした。

 

ベッキー乙武の不倫はメチャメチャ叩かれたのに、渡辺謙の場合はバッシングされないのは何故か?

それは世の中の人間が、ベッキー乙武に対しては不倫報道以前から何らかの不快感を持っていたということだ。

 

……みたいな感じ。

 

ようするに、ベッキー乙武さんも、不倫がバレたから、みんなに嫌われたのではなく、多くの人たちが、口には出さずとも漠然と「アイツ、なんとなく嫌い」と感じていたのだろう、という考察ですね。

 

ベッキー嫌い」

乙武嫌い」

そういうふうに思っていた人々にとっては彼らの不倫発覚は「バッシング開始」の単なるきっかけに過ぎなかった、という考え方。

批判できそうな案件なら、何でもよかったんです。

例えば、

ベッキーのエッセイ集が盗作だったとか、

乙武さんが酒気帯び運転したとか、

ベッキーがインスタグラムで小顔に加工しまくってたとか、

乙武さんがインスタグラムで手足を長く加工しまくってたとか、

とにかく

いちゃもんをつけることができる何か」なら、なんでもよかったんですね。

別に、不倫じゃなくてもよかった、って事なんです。

 

なるほど。

この考察、一理ありますね…。

 

ひるがえって、渡辺謙さんの場合どうだったか。

おそらく、世の中の人々の多くは

「なんか渡辺謙、気にくわねぇんだよな…」

という感情は持っていなかったと思うんですよね。

どっちかと言うと、プラスのイメージ。

「ハリウッドでも活躍する日本を代表する名俳優」

みたいな印象しか、持ってないと思うんですよね。

 

そもそも、渡辺謙さんがどういう人間かなんて、大半の人は知らない。

知らないから、嫌いになりようもない。

分かっているのは、謙さんが演じている役の部分だけ。

事前に「渡辺謙という人間」に対して悪いイメージを持っている人がほとんどいなかった。

だから、

渡辺謙が不倫したってよ!」

って言われても

「お…おう…。」

というリアクションしか、取りようがない。

 

(知らんがな)って感じ。

 

「もともと渡辺謙に興味持ってないし、映画とCM以外で見かけたことないし、正直、好きでも嫌いでも無くてどっちでもいいです。」

というスタンスの人の耳元で

「ナベケンが不倫してたってよ!」

ってささやいたとしても、

「なにぃ~!!ナベケン、許せねぇ!!!(大激怒)」

ってならないでしょ。

※ナベケン=渡辺謙

 

「ああそうですか」で終わりですよ。

 

結局、そこの部分がベッキー乙武さんとは違ってたんでしょうな。

ベッキーも、乙武さんも、事前に敵をたくさん作り過ぎていた。

自らせっせと火薬を貯めこんでいて、あとは火種さえあれば爆発するような状態になっていた、ということなのではないでしょうか。

 

 

ベッキー(本名:レベッカ・英里・レイボーン)のイライラポイントを探る。

こんにちは!ベッキーだよ!

音楽活動するときの表記は「ベッキー♪♯」です!

(べっきーおんぷしゃーぷ)

ほら。

今、イラってなった人、挙手願います。(自己申告制)

 

有吉がベッキーにあだ名をつける時に

「元気の押し売り」

って名付けてましたけど、やっぱ有吉のアンテナの感度がスゴイね。

多くの人が漠然と思っているモヤモヤをピンポイントでズバッと指摘する。

 

潜在的

「な~んかベッキー見てると、変な気分になるわ~」

って感じてた人々にとっては、ベッキーの不倫&センテンス・スプリング問題は、絶好のバッシング・ポイントだった、ということなのでしょうね。

 

 

乙武さん(本名:おとたけ ひろただ)もまたしかり、ですね。

障がい者叩きとか言われそうだから、乙武さんをディスることができない、という空気ってあったと思うんですよ。

んで、それを利用する形で、乙武さん本人も弱者という立ち位置から、傲慢な態度を時々見せていましたからね。

「お前ら、障がいのある俺をバッシングできるのか?(ドヤ)」

みたいな。

 

漠然と「乙武って嫌なヤツだな~」って思ってたけど、口には出さなかった、という人々、結構いたと思うんですよね。

勝手な憶測ですが。

 

そこへきて乙武さんの不倫5股騒動ですから。

オーディエンスの怒り大爆発ですよ。

「うらやましいぞ!この野郎!!!5股は、やり過ぎだろ!!絶倫!」

 

 

そもそも「渡辺謙」とはどういう人物なのか?今一度、再確認してみよう。

先ほど偶然、ナベケンに関する記事を見かけました。

これです。

去年の6月のニュース記事。

まだ、自身の不倫が発覚する前ですね。

俳優渡辺謙(56)が13日、都内で行われた「第7回岩谷時子賞」授賞式に出席し、同賞を受賞した。

 ミュージカル「王様と私」でブロードウェーの舞台に立ったことを評価された。

舛添要一都知事の疑惑や芸能人の不倫が相次いでいることには「政治家の領収書や不倫の情報ばかりが錯綜しているこの国はどうなっていくんだろう。文化の担い手として、深い人間的ドラマを伝える作品を作らないと、この国はまずい」と苦言を呈した。

渡辺謙苦言「この国はまずい」 小林麻央にはエール - 芸能 : 日刊スポーツ

 

ナベケンいわく

「不倫の情報ばかりが錯綜しているこの国はどうなっていくんだろう。」

お前が言うな、って話ですが。

 

もう一個。

最新のニュースを。

渡辺さんは、前妻との離婚時も、法廷で多数の女優との“不倫三昧”を暴露されていて、池上季実子高島礼子斉藤由貴若村麻由美、荻野目慶子らの名前も挙がった無類の“女好き”

渡辺謙は過去に別の女性3人との不倫疑惑も 10年間で通算4人と関係か - ライブドアニュース

 

不倫三昧を暴露される無類の女好き

・・・・・・

本当にありがとうございました。 

 

さすが、

ケン・ワタナ―ヴィ。

 

お前はラストサムライか!

 

 

結局、不倫どうのこうのって話じゃなくて、普段、潜在的に、大衆からどのくらい嫌われているのかが、バッシングの度合いと密接に関係あるのかもね。

普段のおこない、大事ですねぇ。

 

 

もうさ、こうなったら、一夫多妻制とか導入した方がみんな幸せになれるんじゃないだろうか?

 

一番いいのは多夫多妻制かな。

もう「お一人様一名まで」みたいな縛り、やめた方がいいんじゃないだろうか?

現実問題、一夫一婦制って破綻してない?

 

必ずしも複数の異性と結婚する必要はなくてさ、今まで通りでもOK。

そのうえで、結婚は上限4人までOK、みたいな制度ってどうだろうか。

 

もし仮に、そういう制度が導入された場合、どんな弊害が発生するんだろうか?

 

今、現時点で、結婚したいけど一生独身のまま、って人、結構いると思うんだけど、多夫多妻制を導入すれば「結婚」のハードルも低くなるような気がするんだけど、どうかな?

 

多夫多妻制、どうでしょうか?

ベッキー乙武さん、渡辺謙さんは、同意してくれると思う。

(勝手な憶測)