読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の若者と最近の年寄りの話。

今日のダーリン的な何か

最近の若いもんは、けしからん。

ナイスな人材が

あまりにも多すぎるぞ。

 

この少子化の時代になんてことだ。

おそらく最近の若者の65%は

ナイスなんじゃないだろうか。

 

面白い人を見つけたら

ブログで紹介しようと思ったけど

ちょっと調べてみたら、

面白い若者が大勢いて愕然とした。

 

多過ぎる。

いちいちブログに書いてたら

オレが腱鞘炎になる。

 

人を見る時のオレの中にある指針は、

「そいつが面白いかどうか?」だけだ。

 

面白ければ、

若くてもジジイでも、ババアでも

ゲイでも、レズでも、宇宙人でも

性別、国籍、宗教を問わず

無差別に評価したい。

 

世の中の人は、とかく

年収やルックスや肩書で

他人を評価したがるが

オレはそんなの関係ねぇ。

 

はてなブックマークの数で

ブログの価値は決まらねぇんだよ!

(完全に負け惜しみ)

 

金持ちだろうが美人だろうが

ノーベル賞受賞者だろうが

つまらない奴には興味が持てない。

 

そんなわけで面白人間を

どんどんピックアップ

していこうと思ったら、

面白い年寄りが意外と少ない。

 

ひとりだけ、

マザーテレサっていう

超~面白い婆さんがいたけど

他はあんまりいないんだよなぁ。

 

聖人マザー・テレサの死後に発覚した「真実の姿」について考える

 

あ、あの婆さんも面白いな。

何だっけな。

書家の。

「かぶとむし」

とか書いちゃう婆さん。

え~と。

名前が全く思い出せないから

検索できないな。

 

え~と。

 

分かった。

斉藤けさ江。

 

ナイス・ババア。

マジリスペクト。

 

でも死んでた。

 

けさ江、感動をありがとうな。

今度、あんたの事を記事にするからな。

 

そっか~

面白い老人は死んじゃってるから

なかなか鉢合わせしないんだな。

 

面白い若者は

インターネット上に

バンバン露出してるから

目につく機会が多いんだ。

 

最近の若者は

メッチャ輝いてるから

最近の年寄りも

メッチャ輝いてほしいね。

 

先日、

メッチャ輝いてる

貧乏な爺さんの記事を書いた。

ホセ・ムヒカ

っていうジジイ。

元、ウルグアイの大統領。

 

「世界一貧しい大統領」ムヒカさんが、政治家というよりも哲学者な件

 

ムヒカは若い頃に

政府に盾突いたという理由で

13年くらい牢屋にぶち込まれてた過去がある。

 

13年って事は、小学校1年生なら

もう高校卒業しちゃってるよな。

ムヒカは、それだけの長い間、

狭い部屋に閉じ込められる

という拷問を受け続けた。

 

畳1~2畳分くらいの

独房に閉じ込められて

孤独と絶望と栄養失調で

頭がおかしくなりそうなところまで

追い詰められたけど

投獄から10年目に科学の本だけなら

読むことを許可されて

それで、なんとか

精神の平静を保てた、

とか言ってたな。

 

ナイス・ジジイ。

マジリスペクト。

 

ムヒカは、誰の事も

恨んでないって言ってたな。

 

ふところ、深いなぁ。

 

 

オレもこの

インターネットという監獄の中で

オレなりのやり方で戦うぞ。

 

ムヒカじいさん、長生きしろよ。