引きこもり&ニートの皆さんへオレからのアドバイス「なんかつくれ」

オッス!オラ、ニート!(引用元 ガリガリガリクソン

オレ今、気付いたわ。お前ら、なんかつくれ。

 

スマホのゲームとかひたすらやってても、多分、現実逃避にしかならないだろ。

だったら、絵を描いたり、彫刻ほったり、作曲したり、まぁ何でもいいよ。

短歌や、俳句でもいいし、編み物や、パッチワークでもいい。

何か、つくった方がいいよ。

規模はどうあれ創造主ですよ、何かを生み出すってのは。

創っている瞬間、お前は「神」だからな。

 

どんなものでもいいんだよ。

なんか作ってみて「これだ!」っていうものが見つかるまで、いろいろと試してみる。

お金がないから無理です。

っていうのは、完全に言い訳。

 

例えばこれ、見てみ。

1円も使ってないだろ。

ロックバランシング(ストーンバランシング)といわれる作品だ。

www.youtube.com

 

 

こういった作品を創る人は実は世界中にいるな。

バランスじゃなくても、自然界にあるもので作品を生み出すアーティストは大勢いる。

カネなんて全然かからない。創意工夫とセンスだけ。

 

この人の作品はマジでやべぇぞ。

www.gravityglue.com

f:id:gattolibero:20160523172649j:plain

 

f:id:gattolibero:20160523172709j:plain

 

f:id:gattolibero:20160523172720j:plain

 

f:id:gattolibero:20160523172732j:plain

 

例えば、コレと同じようなことを、今、机の上にある文房具だけでやってみる。

冷蔵庫の中の野菜でやってみる。

まぁ、何でもいいよ。

自分の創意工夫で、何か新しいものを生み出してみる。

 

お金がないから無理とか、才能が無いから無理なんてのは、逃げだよ。

 

バナナ一本で道を切り開いている男もいるぞ。

bananasculpture.com

 

 

「熱い気持ち」さえあれば、誰でも自分の作品を生み出せるんだ。

ただ、自分のセンスを生かせる分野が、どっち方向なのかを見極めるのが大変なんだけどな。

ニートや引きこもりなら、時間はたっぷりあるんだから、凄まじい作品を生み出せる可能性を持っているんだ。お前ら、可能性の塊(かたまり)だ。

 

 

「キング・オブ・コミュ障」といえばこの人。

ヘンリー・ダーガー。マジリスペクト。超カッケー。

誰とも関わらずに、世界的なスーパースターになった。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

宮間英次郎っていう、超~貧乏なじいさんも、世界的に評価されてるな。

やっぱ、カネは関係ないよ。

宮間 英次郎(みやま えいじろう、1934年 - )は、横浜市中区の寿町の簡易宿泊所に住みながら、自らが制作した大きな被り物をかぶり、街中を練り歩くパフォーマンスを行っている日本のアウトサイダー・アーティスト。通称「帽子おじさん」。

宮間英次郎 - Wikipedia

 

plginrt-project.com

f:id:gattolibero:20160523180222j:plain

 

 

自分が戦えるフィールドを見極めないと、一向に芽が出ないぞ。どうせ頑張るなら、自分の適性を把握することにエネルギーを注げ。

どんな人間にも、向き不向きはある。

社会や、親や、先生の言いなりになって、自分を殺してしまわない事だ。

向いていないフィールドでいくら戦っても、絶対に勝てない。

 

 

 

例えば、ジャズピアニストの上原ひとみは、最初クラシックをやっていたんだよな。

でも、どうもパッとしない。

そこで恩師が

「あなたはジャズの方が輝けるんじゃないの?」

と、アドバイスしてくれたおかげで、

ジャズに転向して道が開けた…

という話を聞いたことがある。

 

っていうか、これは誰がどう見ても、ジャズの人だろ(笑)

ひろみ!!いくらなんでもジャズ過ぎるぜ!!

www.youtube.com

 

同じ「ピアノ」というカテゴリーだったとしても、クラシックでは芽が出なくて、ジャズで開花したりするわけよ。

 

油絵だとイマイチだけど、水彩画ではスーパースターになれるかもしれない。

あるいは、水墨画なら?クレヨンなら?

 

道は無限にあるよ。

 

100メートル走で勝てなくても、110メートルハードルでなら輝けるかも。

フルマラソンなら?ハンマー投げなら?

 

宮本亜門みたいに、

俳優としては大成しなくても、演出家としてなら力を発揮できるかもしれない。

 

諦めずに道を探っていけば、どこかに突破口があるはずだ。

 

問題なのは、自分自身に勝つか負けるかだ。

逃げたくなっている自分自身にナックルパンチをお見舞いしろ。

 

自分の人生なんだから、お前自身が立ち向かうしかないんだ!

 

 

ということで、オレはブログを書いているのだ。これはオレの作品だ。 

オレが活路を見出したのは「ブログ」だった。

将来的には絵本を描くかもしれないし、そんな先の事は分からんけど、今、オレが何か出来ることは無いかな?って考えた末に、たどり着いたのが、このブログなワケよ。

 

オレがブログを書いている一番の目的は、オレの魂を燃やすってことだ。

 

魂が燃えないんじゃ、アクセス稼いでも意味がねぇんだ。

(でも、ちょっとくらいは小銭も稼ぎたいけどな。)

 

スパークさせたいわけですよ。

バチッと火花が出るような、そういう生き方をしたいのよ。

 

オレはね、皆さんと一緒に戦いますよ。

部屋から一歩も出なくたって、輝いて見せる。

 

オレが誰とも関わらずに、部屋から一歩も出ずに、人生を最高にエンジョイできたとしたら、それはお前らにも出来るって証拠だからな。

 

だから見てろよ~。

やりまっせ~~~!

gattolibero.hatenablog.com