小説「レールに沿った人生にサヨナラ」

西暦2XXX年…日本はフリーランスの炎に包まれた…。

f:id:gattolibero:20160920103319j:plain

 

大学生のI田 Uキは叫んだ。

「ぼくは、レールに沿った人生なんて、まっぴらピラスケなんだよ!」

 

 飼いならされた家畜同然の友人たちは口々に言う。

 

「お前も、みんなと同じ道を歩めよ。護送船団方式が心地いいぜ!」

 

「そうだよ。お前だって古き良き『THE・ジャパニーズ』の血が流れてるんだろ?」 

 

「オレたち農耕民族は、和を尊び、多数派におもねることを信条として、ここまで頑張ってきたじゃないか!?」

 

 

しかし、I田の決意は固かった。

 

今までの人生、さんざん周囲の意見に翻弄され続けてきた…。

 

親、兄弟、親戚、近所の人、学校の先生、ソフトバンクにいるペッパーくん…。

あらゆる他者からの干渉を受け、自分を捻じ曲げて生きてきた。

 

しかしだ。

そうやって生きてきた18年間で、ぼくは一体、何を得たというんだ?

 

薄気味悪い作り笑顔が上手になっただけじゃないか!?

 

本当に思っていることを口に出せず、顔にも出せず、これが自分の人生だなんて言えるのか?

 

こんな生き方、まっぴらだっ!

 

まっぴらピラスケなんだよ!

 

ぼくは決めたんだ!

 

絶対に!

 

大学に!

 

4年間、通うぞ!!!

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

西暦2XXX年、日本全土を覆った「フリーランス」という名の黒い影…。

 

もはや「大学」は、教育機関としての機能を果たしておらず、単なる踏み台に成り下がっていた。

 

日本の大学生の約89パーセントは、大学を中退し、フリーランスという名のブロガーへと華々しく転身。

街には、フリーランス、そしてブロガーが溢れかえっていた。

 

ちなみに、残りの11パーセントの内訳。

  • 何らかの家庭の事情(経済的?)で4年間大学へ通う…3パーセント
  • 無回答…8パーセント

 

大学はすでに、ブログを開始すると同時にバズるための、単なる1ステップでしかなくなっていた。

 

「初バズは大学中退ネタで!」

これはもう、合言葉のように、ブロガーにとってはごくごく当たり前のセオリーとなっていたのだ…。

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

そんな中、I田は独り、疑問に思っていた。

 

フリーランスだと?

ブロガーだと?

ふざけんじゃねぇ。

そんなレールに沿った人生なんてうんざりだ。

 

ぼくは、決めたんだ。

 

例え誰に何と言われようとも、絶対に、大学に、4年間通うぞ!

 

イバラの道へと踏み出したI田…。

 

その先に、何が待ち受けているのかは誰も知らない。

 

 

 

PS

西暦2XXX年、大学を中退したブロガーの約7割がキャンピングカーに住んでいることは言うまでもない。

(残りの3割はNEOハイパー・リ〇バ〇邸在住)

 

 

一歩踏み出した若者へ。

この歌を捧げます。

www.youtube.com

 

自分の人生だ。

 

好きに生きりゃいいよ(^^)

 

 

 

※ネタにマジレスは無しでお願いします~