【夏期特別篇の怖い話】海岸でひとりで一夜を明かした時の話

あれはまだ、私が20代の頃でした。

人生に行き詰まり、全てを捨てて逃げるように、自転車で日本各地を旅していた頃の話です…。

あの日はねぇ、すごい雨が降っていました…。

 

沖縄から九州へと折り返し、日本海沿岸のルートを辿って、北上していた時のことです…。

怖いな~怖いな~…。

ネコ川淳二です。

 

何が怖いってね、当時の~私は~

何も考えていませんでしたからね、

梅雨前線と~共に~

北上しちゃってるんですよね~…。

嫌だな~怖いな~。

 

あれぇ~?

雨ってこんなに毎日、降ってたかなぁ~

って思ったら、

・・・・・・

梅雨…前線と…同じペースで…

移動してたんですねぇ…。

 

怖いな~怖いな~…。

 

あれぇ~…?

おかしいなぁ~…

稲川淳二のぉ~口調を~

表現しようと~思うと~

クソめんどくさいなぁ~…

怖いな怖いな~…

 

・・・・・・

 

(普通に書くことにしよう)

 

毎日のように雨が続くわけですよ。

ヘタすると、数日降りっぱなしで、ず~っとテントの中でじっとしていなければならない状況です。

とりあえず、湿っている衣類が全然、乾かないので、持ってる服は全部、カビが生えてしまいました。

財布もカビちゃったし、ゴアテックスのカッパもカビてしまいました…。

怖いな~怖いな~。 

 

 

そんな中、事件は起きました。あれはどこだったかなぁ~…。さびれたちいさな漁村だったような…。

その日も、あいにくの天気でしたので、自転車での移動は明るいうちに早々に切り上げようと思い、寝床を物色しながらチャリをこいでいました。

 

とにかく雨が降ってますからね、建物の軒先など、雨のあたらない場所でテントを張りたいわけです。

 

どこか、雨風をしのげるような場所で、勝手にテントを張って寝ていても怒られない場所は無いかな~…と思いながら海沿いの道を走っていると、何やら謎の建造物を発見。

 

あれは何か、元々は売店のようなものだったのか…あるいはインフォメーションセンターだったのか…。

すでに閉鎖されていると思われる何らかの小さな施設がね、海辺にポツンと佇んでおりました。

記憶があいまいで、ハッキリとは思い出せませんが…あれはなんだったのかなぁ…。

 

とにかくその軒下がずいぶん広くて、雨をしのぐには十分のスペースがありました。

「これぞ天の助け!今夜はここで寝るしかない!」そう思いましたね。

 

ただ、気になることが1点だけありました。いや、2点ですね。

軒下にね、犬のうんこが鎮座してたんですよね…両サイドに。

一応、人間ではなく犬の仕業だったと信じたいです。

 

んで、すごく悩んだんですけどね、もうこっちは疲労困憊の状態ですし、とにかく、うんことうんこの間には十分なスペースがありましたから、そこにテントを張って、とにかく休もう、と決めました。

 

f:id:gattolibero:20170723104959p:plain

何なんすかね、左右に振り分ける感覚。

何かシーサーとか狛犬みたいな、深い意味合いでもあったんでしょうかね。

そのへんはちょっとよく分かりません。

 

 

その日の夜…。

とにかく無事にテントを設営し、くつろぐことができました。

両サイドには、うんこがセッティングされたままですが、放置プレーです。

 

一度は「うんこたちを片付けた方がいいかな…?」

と迷ったんですが、

やはり、何と言いましょうか。

私はナチュラリストですから、自然界にあるものは、可能な限り、そのままにしておきたい、という気持ちが強いんですね。

ネイチャー・自由ネコ。

 

自然の法則にのっとったものは、すべて美しい。

すなわち、いぬのうんこの配列でさえも、ちゃんと意味があるのではないか?

そんなふうに考えたわけです。

まぁウソですけどね。

 

 

唐突ですが。

皆さんは、夜の海の怖さをご存知でしょうか…。

真っ暗闇でね、なにかこう…引き込まれてしまいそうな。

はたまた、海から何か得体の知れないものが上がってきそうな…。

・・・・・・

どう?

怖くない?

 

外は土砂降りの雨。

荒れ狂う風、そして押し寄せる波…。

 

真っ暗闇の中、私はひとり、テントの中…。

 

・・・・・・・・・

 

超怖くないですか。

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

無理矢理、怖がらせようとしてますね…。

 

 

翌朝。

何事もなく、一夜が明けました。

 

さて!

テントを撤収して、今日もチャリで走るか!

 

私はそそくさと荷物をまとめ、出発の準備を始めました。

 

そして、テントをたたもうとした時…!

 

あぶねっ!

うんこじゃん!

 

もうね、一晩経過したら、テントの外のうんこのことなんて、すっかり忘れてましたね。

危うく、ガッツリ踏んでしまうところでした…。

 

いや~…危なかった…。

要注意だな…。

 

私はホッと胸をなでおろし、後ずさりしたその足で、逆サイドのうんこを踏み抜いてしまいました。

 

・・・・・・・・・

 

to be continued…!

 

 

いかがでしたでしょうか。

真夏のスペシャル企画。

夏期特別篇、世にも奇妙な怖い話、いかがでしたでしょうか。

楽しんでいただけましたでしょうか。

 

皆さんも、犬のうんこには気をつけた方がいいですよ…。

 

ふっふっふ…

 

次にうんこを踏むのは…あなたかも…知れません。