読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善玉の腸内細菌は来世、人間に生まれ変われるだろうか?

信じるかどうかは別として。

たまにこんな話、聞きますよね。

善い行いをすれば、来世は人間に生まれ変われるけれど、悪い行いをすれば、来世はなんかショボいもの(虫とか?)に生まれ変わることになる、っていう話。

 

まぁ、私はそういうの信じてないんですけど、それを言っちゃうと話がそこで終わっちゃいますから、来世がある「テイ」で話を続けます。

 

でね。

 

じゃあ、善い行いってなんなのよ?

悪い行いって何なのよ?

って話ですよね。

 

腸内細菌の「善玉菌」は、おそらく、めちゃめちゃ善い行いをしまくってるような気がするんですよね。

 

そもそも名前が善玉菌ですからね。

こいつが実は悪いヤツだったら、私は人間不信に陥りますよ。

人間っつ~か、

細菌ですけどね。

細菌不信に陥ります。

 

放火魔を捕まえたら、実は消防隊員だった…

みたいな話じゃないですか。

 

空き巣を捕まえたら、警察官だった…とか。

 

校長先生が女生徒の体操着を…

まぁいいや、例え話はこのへんで。

 

とにかくね。

善玉菌は、日々、善行を積んでると思うんですよ。

たぶん、生きてるだけで、善行になっちゃってるでしょうね。

よく知りませんけど。

 

存在そのものが「善い」という評価。

 

反対に腸内の「悪玉菌」は、来世、生まれ変わったら地獄でしょうね。

細菌の立場から、さらにワンランクダウン。

もしかすると、スリーランクくらい、ダウンするかもしれません。

毎日毎日、悪いことばっかりやってる訳でしょう?

悪玉菌。

 

どのくらい悪いことしてるんでしょうかね。

 

母親の財布からちょくちょく、千円札を抜き取ったりしてるんでしょうか。

 

シンナー吸ったり。

ゲーセン(ゲームセンター)に、たむろしたりしてるんでしょうかね。

中学生が来たらカツアゲしたりして。

悪玉菌。

 

「腸内」細菌なだけに、

「町内」でもうわさの、札付きのワル。

 

落語家みたいになってますけどね。

 

 

そもそも、善とは何か?悪とは何か? 

おそらくね、善玉菌だって本当は「善意」があって、善い行いをしてるわけじゃないんですよね。 

ただなんとなく、あるいは、精一杯、生きているだけですよ。

 

それを 勝手に「人間たち」から、

「おっ、キミ、いいね~!良い働きするね~!」

 って、言われちゃっただけなんですよね。

 

善玉菌的には、「知らんがな」って話だと思うんです。

 

何が善なんだ?って話ですよ。

人間にとって都合がいいことをしてくれる存在は「善」としましょう。

ってだけのことで。

 

偉そうで傲慢な、人間様の都合ですよ。

 

本当は、善玉菌も、悪玉菌も、精一杯、必死に生きてるだけでね。

そこには、善意も悪意もありませんよ。

 

人間みたいに裏表もありません。

他の細菌を騙して、おとしいれたりすることもないし、

自分よりも立派な腸内細菌に嫉妬することも無い。

知らんけど。

 

ぶっちゃけた話、

「来世がある事にしましょう」とか、「無い事にしましょう」とか、そういうことだって、全部、人間様の都合次第なんですよね。

 

 

そういえばこんな歌がありましたね。

一応、貼っておきましょう。

日食なつこ「ヒューマン 〜ピアノ弾き語りver.〜」

www.youtube.com

ちょっとネタバレになっちゃいますけど、歌詞の中にこんな感じのフレーズがあります。

 

神様は悩みぬいた結果

「こいつなら人間として生まれても、生き抜いてくれるだろう」

と信じて、僕らを選んだ

 

そういう視点から見れば、ある意味なかなかの罰ゲームですね、「にんげん」として生きるって。

 

 

 

結局、何が言いたいかと言うと、特に言いたいことはありません。

ただなんとなくね、こんな事を思ったよ、って話。

 

今後はとりあえず、記事の文字数は気にしない事にしました。

つ~ことで短めだけど、今日はこのへんで。

 

 

gattolibero.hatenablog.com

 

gattolibero.hatenablog.com