三浦九段の将棋ソフト不正使用疑惑と将棋連盟の対応について。

【お知らせ】

今回の将棋ソフト不正使用疑惑に端を発した一連の騒動(その後の将棋連盟理事解任、さらには、渡辺竜王の処分を求める署名活動などなど)につきましては、すべての決着が付いたと思われた時点で、言及しようと考えております。

今しばらくお待ちを。

 

ここから本文

まだ疑惑の段階ですが、三浦弘行九段は十中八九、カンニングやっちゃってますね…。

 

将棋の対局中に席を外し、スマホからパソコンを遠隔操作して将棋ソフト「技巧」を使い、最善手をチェックしていたようで。

本人は当然、カンニングはしていないと主張していますが、状況証拠は徐々に積み重なってきています。

 

結論から言います。

将棋ファンの私個人としては、今回の将棋連盟の対応は、正しかったと思っています。

 

まず「三浦九段ソフト不正疑惑」事件の基本的な内容をザックリとおさらいしておきましょう。

今回は事実関係うんぬんについての言及はメインではありませんので、軽やかに、まるで鼻歌でも歌うかのように、ザックリした感じでいきます。

 

将棋のタイトル戦「竜王戦」の挑戦者になった三浦弘行九段(42)が過去の対局で将棋ソフトを不正使用したとされる疑惑で、渡辺明竜王(32)が、三浦九段の勝った20局のうち4局で定跡手順を外れて以降「ソフトとの一致率が90%を超える」として、その不自然さを日本将棋連盟の幹部に訴え、対応を求めていたと、10月21日に朝日新聞デジタルが報じた。

三浦九段をめぐっては、対局中の不自然な離席を5人前後の棋士が指摘し、対応を求めていたと日本将棋連盟が公表。連盟側は12日、三浦九段に年内の公式戦出場を停止する処分を下した。

将棋の対局中、棋士は持ち時間の範囲で対局室から出られることになっているが、三浦九段をめぐっては7月以降「対局中に十数分、席を外す」「1手ごとに席を立つ」などの指摘が対戦相手らから相次いでいた。

三浦弘行九段の将棋不正疑惑、渡辺明竜王「ソフトと一致90%超」と指摘

 

もう、清々しいくらい「クロ」な予感。

 

7月以降、三浦九段が、終盤の場面でやたら「トイレ休憩」など、席を外すようになった。

酷い時には一手指すごとにトイレ。

トイレから帰ってくると、ことごとく最善手を指す。

 

対局を観戦していた棋士が将棋ソフト「技巧」の指し手と比較検証していたところ、三浦九段と「技巧」の手がほぼ一致(90%以上)していることを発見。

(通常、他の棋士は平均70%程度の一致)

 

ちなみに三浦九段は、若手棋士の三枚堂達也四段に、

スマホでパソコンを遠隔操作する方法を教えて欲しい」

と尋ねていた…。

・・・・・・

ハイ、アウト~~~~~!

 

 

「三浦九段は頻尿なんだよ!お前らに頻尿の辛さが分かってたまるか~!」という擁護派の意見も。

ちょっと笑っちゃったんですがね、「三浦九段・頻尿説」ってのもあるわけです。

席を外したのは、スマホで指し手を調べに行ったわけじゃねぇんだよ!って。

 

対局中にどうしてもオシッコがしたくなっちゃうんです、最近の三浦九段。

「あれぇ?さっき行ったのに、まただ…」みたいな。

 

まぁ…ねぇ…ありますよ、そういうこと。

私も筋金入りの頻尿なんでね、

頻尿派を代表して申し上げます。

一手指すごとにトイレに駆け込むなんてのは、全然アリです!!

 

それにしても三浦九段、急に頻尿になったのかな。

それとも、今までは対局中はずっと、おしっこを我慢してたのかな?

 

だとしたら、つじつまが合いますね。

今まではおしっこの事が気になって、将棋に集中できないまま戦っていた。

だから実力を発揮できずにいた。

 

しかし!

これからのオレは違う!

放尿したいときに放尿する!

NOと言える日本人になる!

 

おしっこを我慢する必要が無くなった三浦九段は、トイレ休憩後、見違えるように対局に集中し、指し手にミスが無くなった…と。

 

う~~ん……。

ありえる!!

 

※ちなみに三浦九段、席を外した後、トイレに向かわず、そのまま別室へ入っていったケースも多々あるようなので、頻尿説も信憑性は薄いです。

 

 

人間的に信頼できそうな大物棋士たちが、こぞって「三浦はクロに近い」とコメントしているという現実。

例えばさ、加藤一二三さんとかね、ああいう元々クレイジーなキャラクターの棋士が、

「三浦はカンニングしてんじゃね?」

って言ってるんなら、こんな大事には至ってないんですよ。

 

「あぁ、また加藤さんが滅茶苦茶なこと言ってんなぁ~」

くらいでさ。

 

ところがね。

今回は、人間的にも信頼できそうな、ちゃんとした棋士たちが、こぞって

「クロなんじゃないかなぁ~」的なコメント出してるわけですよね。

中には「99.9%やってますね」という意見もあったそうで。

 

三浦九段の疑惑をめぐり、10月10日夜にトップ棋士らの会合が島九段の自宅で開かれたという。参加者は島九段、渡辺竜王佐藤天彦名人(28)、羽生三冠、棋士会長の佐藤康光九段(47)、プロ棋士で最もソフトに精通していると言われる千田翔太五段(22)、将棋連盟会長の谷川浩司九段(54)の7人。会合では、不正を否定する声は上がらなかったという。

 

普段、人を攻撃するようなタイプの人たちじゃないし、

軽はずみな発言なんてしない、思慮深い方々ですよ。

 

他にも、三浦九段と対局中に「あっ!今、カンニングされた」と感じた棋士も何人かいたそうです。(郷田、久保、あと橋本もかな?)

そういうのって、おそらくトッププロなら分かりますよね。

だってさ、

過去の三浦九段との対戦の内容(棋譜)も、当然全て、頭の中に入ってますから。

ぶっつけ本番じゃなくて、事前の研究で、三浦九段の過去の指し回しや、最近の対局の傾向なんかも、全部、調べてあるんですよね。

 

それが

「トイレ休憩から帰ってきたら、三浦がなんか変わってる」

って。

そういう違和感を持った棋士たちが、何人も声をあげている。

 

素人たちは騙せても、羽生さんや渡辺さんクラスは騙せないって。

 

渡辺さんは

「たとえ自分のタイトルを返上することになろうとも、私は不正疑惑のある挑戦者とは対戦しない」

みたいなことを語ったらしいじゃないですか。

タイトルを返上?これって相当な決意ですよ?

もしも三浦九段がシロだった時、どうすんの?

もう引き下がることは出来ないよ?

 

以上のことからも、渡辺竜王はおそらく確信を持っています。

三浦はクロだ、と。

 

 

思慮深い羽生さんでさえ

「限りなく“黒に近い灰色” だと思います」

って言ったそうだし。

そのあと、

「疑わしきは罰せずが大原則と思っています」

と、フォローしていたようですが…。

 

 

私なりの結論。将棋連盟のやり方は、あれで正解だったと思いますよ。

将棋連盟は「三浦クロ」の完全な証拠をつかむ前に事件を公表すべきじゃなかった、というような意見もチラホラ見かけますが、私はそうは思いません。

 

これは、あえて、なんだと思いますよ。

 

だってそうでしょ。

 

もし仮に、押収したスマホから完全な証拠が見つかっちゃったら、三浦九段は永久追放ですよ!?

将棋連盟がそれを望んでいるわけないでしょ?

スマホは押収せず)

 

99.99999%クロだということは分かっている。

もしかしたら、確固たる証拠も実はすでに掴んでいる。

 

しかしそれでも、三浦九段の将棋人生を完全に終わらせるという選択肢は選ぶべきではないと考えたんだと思います。

温情です。

三浦をそこまで追い詰めるべきではないと考えたんでしょう。

 

子供の頃から将棋一筋でやってきたプロ棋士から将棋を奪ったら、そのあとどうなるのか?

三浦九段が世を儚んで、自ら命を絶ってしまうことだってないとは言えない。

 

将棋連盟としては、言い方が悪いですけど、きっと

「逃げ道を残しておこう、ぐうの音も出ないところまで追い詰めるのはやめよう」

そういう風に考えたんじゃないかと、私は思っています。

 

なんかとても日本人らしい感じがします。

 

「三浦は多分、悪いことをやったけど、次から正々堂々、やってくれたらいいよ。

これだけ大騒ぎになればもう誰もカンニングなんてやらんだろ。」

・・・・・・そういう感じで収めたかったんだと思います。

 

 

だから将棋連盟は、一度は、

「もうこれ以上の調査はやりません、はい、この話はもうおしまい!」

って言ったんだと思います。

 

これ以上徹底的に調べたら、もはや三浦が言い逃れする余地なんて無くなってしまいますから。

彼をこれ以上、追い詰めて社会的に抹殺することが目的じゃない。

 

「今回の事件が、対局中の不正を防止するための、抑止力になればいい」

そう考えたんじゃないかと思います。

 

 

ところが、話がどんどん大きくなってしまった。

連盟側がこれ以上、調査しないと言っているのに、三浦九段側が黙らないという想定外の泥沼化。

三浦さん……もうやめておけば?

三浦さん側の弁解が、どうもズレてるように見えるんだよなぁ。

 

スマホからパソコンを遠隔操作する方法を若手棋士から詳しくは聞いていないとか、そんな言い訳、効果ないよ?

 

だったら若手棋士はなんのためにこんな「内部告発的な」発言をする必要があるんだ?

三浦は若手棋士に陥れられたとでもいうのか?

 

むしろ若手棋士としたら、自分の身の安全や今後のことを考えて、可能な限り正直に語るはずだろ。

 

「問題の将棋ソフト「技巧」をダウンロードしたのは私ではなく妻です。」

とかさ。

ああそうなの、じゃあセーフだ、ってならないから。

しょ~もない言い訳を並べてもダメなものはダメなんだって。

 

他の弁明も、全部、弁明になってないから。

 

 

メンツのためには、ある程度、戦う姿勢を見せなければならないのかも知れないけどさ、三浦さん、ほどほどのところでやめておきなよ…。

 

と、そんな風に思いました。