読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録に便乗する天才を見て凍りついた

【炎上】

ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。」ってのは、ご存じ、日本最強プロブロガーのイケダハヤトの名著のタイトルです。

 

オレはあんまりイケダハヤトのこと、よく知らないんだけど「ブログで小銭を稼ぎたい!」っていう人たちには超~有名な人らしいな。

当ブログは、基本的に敬称略で進めていく方針です

 

でだ、

イケハヤくらいの有名人になってくると、その知名度にあやかろうとして、いろんな人間が便乗してくるワケ。

「イケダハヤト」で検索したら、自分のサイトが上位に来るようになれば、アクセス数稼げたりするもんな。

 

そういうわけで、天才的な人が、こんな記事を書いていたので参考にしてみようと思った。

天才の記事へのリンクは、このエントリーの最後の方に載せます。

まぁ読まなくていいと思うけど。

 

ようするに、オレは便乗の便乗をするのだ。うしし。

 

天才のブログを読んで気付いたことが3つほどあった。

まぁオレみたいな素人が気付いた点だから、本当はもっと高度なテクニックをたくさん駆使しているのかも知れない。

 

狡猾なテクニックその1 ブログのタイトルに、思いっきりイケハヤの本のタイトルを全部、盛り込む。

イケダハヤトの話題の著書、「ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。 」というタイトルを、一言一句、抜かりなくそのまま記事のタイトルに使用する。

そうすることで、

本のタイトルで検索した時に、自分のブログが上位に来る可能性が高くなる。

典型的な「他人のふんどし」。

プライドなんていらない。

重要なポイントは、記事タイトルの初っ端に持ってくる事だろう。

グーグル的にはタイトル前半部分のワードをより重要視する。はず。

なるほど。

えげつないまでに、したたか。

 

 

狡猾なテクニックその2 実質、エントリーの内容はぺらっぺらなのに、画像をふんだんに使い、ひたすらスクロールさせて、読者の滞在時間を長くさせる。

文字だけなら、スクロール無しでも全文読めちゃうほど、ぺらっぺらな内容。

しかし!

中身がほとんど無いコンテンツだとしても、画像を大量に貼り付けて、読者の滞在時間を引き延ばす事が可能だ。 

滞在時間が長くなると、Google(グーグル)からの評価が高くなる。はず。

読者が腱鞘炎になるまで、

徹底的にスクロールさせろ!

なるほど。

えげつないまでに、したたか。 

 

 

狡猾なテクニックその3 最終的には「メルマガに登録してね~」の方向へ持って行く。 

ちょっと久々と言うか、もしかしたらこれほど「××××」なブログにはちょっとお目にかかったことはないかも知れない。

 

イケダハヤトに完全に乗っかり、

「イケハヤの本、超~中身ね~な~」と言いながら

自身はイケハヤの本以上に薄っぺらい記事を書いて、

似たり寄ったりな画像をひたすら何枚も載せて

読者が腱鞘炎になるまで画面をスクロールさせて

最終的には

「イケハヤの本よりもお薦めの本があります。その本のタイトルが知りたい人はメルマガに登録してね」

みたいな着地の仕方。

 

ちょっと嘘だろ?と思ってしまった。

 

天才ってのは、やはりやることが違うね。

 

このやり方を真似すれば、オレのブログにもアクセスが増えるぞ。

うしし。

 

 

急に気が変わった。

やっぱり天才のリンクはるの辞めた。虚しすぎる。

 

一応タイトルだけ書いておくか。興味持った人は勝手に自分で検索して。

まぁ、読んでも後悔すると思うけどな。オレみたいに。

ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。の目次で凍りついた - 天才ブログ

 (読まなくていいと思う。記事自体の中身は特になかった。)

 

本来であれば、天才のように、ここで自分のメルマガへ誘導するのがセオリーなんだろうけど、そういうのは面倒なのでオレはやらない。

 

オレのこの記事自体も、内容が何もない薄っぺらい記事なので、皆さんとしては物足りないと思う。

だから、こっちの記事を読むことをオススメします。

 

天才と同様、イケハヤの著書「ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。」を読んだ感想ですが、こちらは天才の100倍内容が濃いです。

読むなら絶対にこっち読んだ方が良いよ。マジで。

www.haradesugi.com

はらですぎVSイケダハヤト の戦いは、超面白いよ。マジで。

 

www.haradesugi.com

 

www.haradesugi.com

 

個人的にオレが一番、気に入ってるのはこの記事かな。

宿敵イケハヤに死なれたら困るから、敵の健康状態を心配しちゃう、はらですぎ。

愛と憎しみが表裏一体という事がよく分かる名作だ。

めっちゃ良い記事だと思ったのに、ブックマークが全然付いてない。

ブクマ職人の見識を疑いたくなるよ。

(前述の天才ブログのクソ記事には6個もブクマついてたのになぁ。)

www.haradesugi.com

 

 

一応、一個だけ自分の記事も載せておく。 

ちょっとズレてるが、イケダハヤトに言及した記事が、これしかないのでやむを得ない。

今度、まるごとイケダハヤトで記事を書くことにしよう。

gattolibero.hatenablog.com

f:id:gattolibero:20160403073919j:plain

炎上マーケティングばかりしているから、イケダハヤトの家を燃やしに行った話 | 菊池良の「やってみた」

 

 

このブログは

はらですぎVSイケダハヤト

の戦いを応援しています。