読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【創作童話】ネコはネコ、ライオンはライオン

あるところに、ライオンのようになりたいネコがいました。

 

ライオンみたいに、みんなから「すごい」って言われたい。

 

ネコは、そんなふうに思っていました。

 

 

「どうしたら、ライオンみたいになれるんだろう?」

 

 

ネコはいろいろかんがえて、

どうぶつたちに、そうだんしてみることにしました。

 

 

まずは、いろんなことを知っている、ゾウのところへいきました。

 

 

 

(=^・・^=)

「ゾウさん、ゾウさん、どうすればライオンみたいになれるかな?」

 

 

 

ゾウは言いました。

「ライオンみたいに強くなりたいのかい?ライオンに勝ちたいのかい?」

 

 

 

(=^・・^=)

「う~~ん…。そういうことなのかなぁ。」

 

 

 

ゾウは答えました。

「かんたんだよ。ぼくのように大きくなればいいんだよ。」

 

 

 

(=^・・^=)

「ゾウさん、ナイス・アドバイスをありがとう」

 

 

 

ネコは家にかえったあと、ごはんをたくさん食べたけれど

ゾウのように大きくなることは、できませんでした。

 

 

 

(=^・・^=)

「何か、ちがうなぁ~。」

 

 

 

ネコはいろいろかんがえて、

今度はキリンに、そうだんしてみることにしました。

 

 

 

(=^・・^=)

「キリンさん、キリンさん、どうすればライオンみたいになれるかな?」

 

 

 

キリンは言いました。

「アナタは、ライオンをやっつけたいの?」

 

 

 

(=^・・^=)

「う~ん…。そうなのかも…。」

 

 

 

キリンは答えました。

「ワタシのように長い足で、けっとばしちゃえば、ライオンだってにげていくよ」

 

 

 

(=^・・^=)

「なるほど。キリンさん、ナイス・アドバイスをありがとう」

 

 

 

ネコは家にかえったあと、自分の足を毎日ひっぱったけれど、

足はちっとも、ながくなりませんでした。

 

 

 

(=^・・^=)

「う~ん…。こういうことじゃない気がする。」

 

 

 

ネコはいろいろかんがえたあと、

今度はワニに、そうだんしてみることにしました。

 

 

 

(=^・・^=)

「ワニさん、ワニさん、どうすればライオンみたいになれるかな?」

 

 

 

ワニは言いました。

「おまえは、ライオンをガブリと食べてしまいたいのかい?」

 

 

 

(=^・・^=)

「え~!…そうなんだろうか?」

 

 

 

ワニは答えました。

「オレにはかんたんなことだ。ライオンを水の中まで引きずりこむのさ。」

 

 

 

(=^・・^=)

「なるほど。自分の土俵(どひょう)でたたかうんだね。ワニさん、ありがとう。」

 

 

 

ネコは、川でおよぐれんしゅうをしたけれど、

ワニのようには、およげませんでした。

 

 

 

(=^・・^=)

「水の中は自分の土俵(どひょう)じゃないなぁ。」

 

 

 

ネコはいろいろかんがえたあと、

今度はオオカミたちに、そうだんしてみました。

 

 

 

(=^・・^=)

オオカミさんオオカミさん、どうすればライオンみたいになれるかな?」

 

 

 

オオカミのリーダーは言いました。

「おまえさんは、ライオンと同じくらい、つよくなるほうほうをしりたいのかい?」

 

 

 

(=^・・^=)

「そうそう、そんなかんじです。」

 

 

 

オオカミのリーダーは答えました。

「われわれを見てごらん。ひとりひとりは弱くても、みんなで力を合わせればライオンにだって負けないよ。」

 

 

 

(=^・・^=)

「なるほど。そういう方法があるんだね。オオカミさん、ありがとう。」

 

 

 

ネコは家にかえって、よくかんがえてみました。

「自分には、たくさんの人たちとじょうずにやっていけるほどの

社交性(しゃこうせい)も、コミュニケーションのうりょくもない」

 

 

ネコはなんとなく分かってきました。

 

みんなのアドバイスは、どれも正しい。

でもそれは、かれらの答えなんだ。

ぼくの答えじゃない。

 

ぼくの答えは、ぼくが見つけるしかないんだ。

 

 

 

そんなある日のこと…。

 

 

ネコが歩いていると、向こうからライオンがやってきました。

あの、ゆめにまで見た、あこがれのライオンです。

 

 

 

(=^・・^=)

「ラ…ライオンさん…こんにちは…。」

 ネコはきんちょうしながら、あいさつをしました。

 

 

 

ライオンは言いました。

「やぁ、ネコさん、こんにちは。あんたはいいねぇ。うらやましいよ。」

 

 

 

ネコは「びっくりぎょうてん」です。

だってライオンが、ネコのことをうらやましいだなんて思うかな?

 

 

 

(=^・・^=)

「ぼくは、ライオンになりたかった。ライオンの方がいいよ。ネコよりもずっとつよいじゃないか」

 

 

 

ライオンは言いました。

「でもネコさんは、人間たちといっしょに住んだり、人間たちのこころをいやしたりできるだろ?それは、わたしには、とてもむずかしいことなんだよ。」

 

 

 

ネコはようやく気づきました。

みんなそれぞれ、あたえられた「やくわり」がちがうんだ。

 

自分とだれかとくらべて、ゆうえつかんをもったり、れっとうかんをもったり、

そんなこと、しなくていいんだ。

 

 

 

ぼくは、ぼくにできることをやればいいんだ。

 

 

 

その日の夕日は、ネコの目には

いつもよりも、もっと、うつくしく見えました。

 

f:id:gattolibero:20160718122930j:plain

 

 

 

おしまい。