もう一人旅なんてしないなんて言うよ絶対

私は過去に「人生に行き詰ったら旅に出ろ!」的な記事を書いたことがあります。

「旅はイイぜ!旅推奨!」みたいな。

 

しかしですね、実を言うと個人的にはもう、ホントね、

「旅とか旅行とかマジ勘弁!」って心境に達しております。

 

プリン食いすぎると、プリン嫌いになるじゃん?

あの感じかも知れない(全然違うかもしれない)。

 

逆に言うと、地球人全員、「もう旅とか超ウンザリ!」ってなるまで、徹底的に旅してもいいんじゃないでしょうか。

おそらくね、もともと別に、旅が好きなワケじゃなかったんでしょうね、私の場合。

でもさ、

煮詰まっちゃって。人生に。

 

どうしようもなくなっちゃったから、とにかく環境を強制的に変えなきゃダメだなって思って、アパート解約しちゃったんですよね。

20代の後半くらいの話。

 

とにかくさ、「社会の歯車」のひとつとして、ただグールグールと回ってるだけの人生なんてまっぴらだ!まっぴらぴらすけ出ておいで!

…ってなるじゃないですか、若い頃って。

 

なんかもう、全部、納得いかなくてさ。

社会に対しても、自分に対しても。

 

共同便所、共同玄関、家賃2万のボロッボロのアパートの四畳半にこもってさ。

「人生とは何ぞや?」

って考えてても、ラチあかねぇな、ってなって。

 

どうやって生きていったらいいのか、全然分かんなくなっちゃってさ。

 

んでさ、確実に間違いないのは「このままではダメだ」ってことなのよ。

それだけはハッキリ、分かってる。

 

そんな時に、たしか…

アウトドア雑誌のBE-PAL(ビーパル)でさ、九州までヒッチハイクする、っていう記事を見かけたワケ。

それで、ピンと来た。

 

私は、人にペコペコ頭を下げるのが大嫌いだったし、他人の善意をあてにしながら旅をする、っていうのは性に合わなかったから、人力で、自分の足で移動しようって思ったんだよね。

 

それから、人力で移動する旅行者とか冒険家の本を図書館で読みあさって、イメージトレーニングですよ。

有名無名問わず、国内国外問わず、陸上海上問わず、とにかくいろんな人の旅行記?を読んだ。

 

徒歩、

自転車、

ローラースケート

車椅子

乗馬用の馬

カヤック

リアカー

……などなど。

 

旅の資金を確保するために真面目にバイトするようになって。

無駄遣いもしなくなって。

体(というか足)を慣らす意味で、バイト先までは往復2時間だったかな、自転車で移動するようになって。

少しずつ、キャンプの道具とか買いそろえて。

 

心技体、っつ~かな、全方位的に、準備を進めていくわけですよね。

着々と準備が整ってる時って、楽しいんだよね~。

遠足の前のような気分。

 

とにかくね、人生に煮詰まってるヤツは、強制的に環境を変えるために、旅に出るといいですよ。

自分の中で必ず、何らかの変化がありますからね。

ニート&ひきこもりには、ぜひ薦めたい。

 

家族との関係で悩んでるとか、仕事の関係で悩んでるとか、人間関係で悩んでるとか、まぁとにかくそういうの、全部、ブン投げて、逃げちゃえばいいんですよ。

 

もちろん、旅なんてしなくても、部屋で座禅を組んで瞑想してるだけで、何かに気づけるなら、それに越したことないんだろうけどさ。

凡人にはなかなか難しいからなぁ。

 

 

旅に出て、いろいろあって、ドミノが倒れるように人生が激変して、現在に至る。自分が得た一番大きな「気づき」は…

いろいろと心境にも変化があったしね、目には見えないけど得るものもたくさんあったと思います。

 

んで。

 

とにかく、私の中で、一番、大きかった気づきはね、

 

ひとりで生きててもあんまり楽しくない

 

みたいなことだったんだよなぁ…。

 

言っとくけど、それまでの人生、散々、ひとりで生きてきたんだけどね。

「ひとり、最高!」くらいの人間だったからね。

 

でもある時、はじめて、

誰かと一緒に生きた方が楽しいだろうな。

ってメチャメチャ思ったんだよね。

痛感したというか。

 

・・・・・・・・・

 

どこだったか、琵琶湖だったか、忘れちゃったけどさ、

今日はここで寝ようって思ってさ、夕日が沈むのを見てたのよ。

 

すごくイイ景色っつ~かな、感動したんだよね。

夕日なんて死ぬほど何回も見てるんだけど。

 

おぉ~!

って思って、写真撮ってさ。

 

その時に、もしも周りに誰かがいたら、

「この景色、スゲーな!」

って、話しかけてたと思うんだよね。

相手は単なる通りすがりの、全然、知らない人だったとしても。

 

いま自分が味わっている感動を、誰かと共有したい!

って、強烈に思ったワケ。

なんというセンチメンタル。

 

普段はそういうこと全然思わないんだけどさ。

もう何百日も日本各地を放浪しながらテント生活しててさ。

精神的にもいろいろ、極限状態にあったのかも知れない。

 

喜びは分かち合えば2倍になり、

悲しみは分かち合えば半分になる。

…みたいなこと、よく聞くけどさ、ホントにね、そう思ったんだよね。

 

今ここに誰かがいたら、自分はもっとうれしいだろうなって、心底思ったワケ。

 

多分、この経験だと思うね。

自分の中で一番大きかったのは。

 

「さびしさの向こう側」を知った、みたいな。

なんか変な言い方だけど。

 

 

これさ、多分、実体験じゃないと分かんないのよ。

「誰かと一緒に生きるって素晴らしいですよ」って本に書いてあるのを読んだだけではダメなんだよな。自分の血や肉になるかっていうと、ならない。

 「実感」がないと気づけない。

 

 

理想を言えば、ひとりで生きていけるのがベストなんだろうけどさ。人は誰でも、矛盾を抱えて生きているのです。 

「誰かと一緒に生きる」ってのは、危ないっちゃ危ない面もあるんですよ。

いわゆる「共依存」とかね。

 

たった独りで生きていくことができれば、他者に翻弄されることはなくなるわけで、それはある意味、理想と言えば理想的な生き方なんですけどね。

それって無人島で生きるようなもんだから、あまり現実的ではない。

そして、

ひとりの人間に依存せず、バランスよく数人に依存すると精神的に安定しますよ、っていう考え方も、正しいと言えば正しい。

gattolibero.hatenablog.com

 

これはもうね、人の数だけ、正解があるんすよね。

どの生き方が正しいとか、どの生き方が間違えているとか、そういう問題じゃないんで。

各自がそれぞれ、自分にとっての心地よいスタイルを取り入れればいいんでね。

 

んで。

自分の場合は、

紆余曲折あって、「大福」という、ソウルメイト的な相方と出会えたおかげで、今のスタイルに落ち着いたんだけどさ。

gattolibero.hatenablog.com

 

ちなみに大福さんは、旅行が好きなんですよ。

登山とか、キャンプも行くしね。

 

それで私も、大福に連れ回されて、今でもあちこち行くんだけど、正直な話、私は旅行とか全く興味なし。

どこにも行きたくない。

部屋でブログを書いていたい。

 

大福が行こうと言うから、ついていってるだけ。

これがすなわち、誰かと共に生きるっていうことだと思うんでね。

 

私は大福と共に生きるって決めたから、自分の人生の半分は大福に差し上げようと思ってるわけです。

大福も人生の半分を私の都合に合わせてくれてると思うしね。

お互いさま。

「誰かと共に生きる」ってのは、自分の人生の半分を相手に預ける、ってことだからさ。

それって、自分の都合が押し通せる状況が半分になるってことだから。

 

関連過去記事

gattolibero.hatenablog.com

 

 

「旅」って言ってるけど、本当は「人生」って言い換えても同じなんじゃないかと思っております。

話があっちこっちに飛んでる気がしますけど、どこかでうっすらと繋がっていると思って、大目に見ていただきたいです。

 

この記事のタイトルに「もう一人旅なんてしない」ってワードを入れたわけですが…。

 

これね、人生も同じだなぁと私は思っているわけです。

 

「一人旅」イコール「ひとりで生きていくこと」

これはもうね、十分です。

もうウンザリ。

マジ勘弁。

 

大事なのは、家族だったり、友達だったり、恋人だったり、「分かち合える人」がいるかどうか。

 

やっぱりね、喜びにしろ悲しみにしろ、分かち合える人がいるのといないのとじゃ大違いなんすよ。

完全に、全くの別物になっちゃう。

 

逆に言うと私は、

「分かち合える人」がいれば、それでもう十分なんじゃないか?

本当に必要なものはすでに手に入っているんじゃないか?

すでに幸せなんじゃないか?

っていう気さえしています。

 

きっと、もうね、十分なんです、私は。

足りてる。

満たされている。

 

そういうことなんだと思います。

 

だからもう、ひとりで旅に出たいなんて全然思えない。

大福と一緒なら行ってもいいかな、って感じです。

 

 

なんとなく、まとめましょうか。とにかくね、旅したくなくなるまで、旅してみると良い。

人生に行き詰って、どうしようもなくなった時は、全部捨てて、旅に出てみましょう。

2泊3日とかじゃダメですよ。

そんなのは、ただの息抜き、その場しのぎでしかない。

 

何かを掴むまでは戻らない!という覚悟ね。

会社も辞めて、友達とも縁を切って、恋人とも別れて、家族とも音信不通状態…。

「不退転の決意」ってやつですね。

逃げ道を全部ふさぐ。退路を断つ。

そのうえで逃避行!

…って、なんか矛盾してますね。

逃げるんだか逃げないんだか。

 

 

どうやって生きていけばいいのか分からない?

何をすればいいのか分からない?

じゃあ…旅だ!

幸運を祈ります。 

 

 

 

私の場合、自転車のあと、物足りなくなって徒歩の旅も。

gattolibero.hatenablog.com