お久しぶりです。「クソ田リプ男」と申します。

暑さ厳しき折、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

お久しぶりです。

「(68歳)無職 男性」 改め、クソ田リプ男 と申します。

 

あの伝説のクレーマー「(68歳)無職 男性」が、装いも新たに表舞台へと帰ってきた…!

過去記事を読んでいない方のために「(68歳)無職 男性」の初登場シーンを今一度、お届けします。(架空の人物です)

 

ビートたけしの「ダンカン、バカ野郎!」という名フレーズに対して、怒り心頭、あるいは正義感、はたまた、歪んだ愛と思いやりを込めて、アドバイスと言う名のクレームを披露しています。

 

ビートさん、はじめまして。

入梅の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度は、貴方にひとつ言いたいことがありまして、筆をとらせていただきました。

貴方の言う「ダンカン、ばかやろう」についてです。

長年、自分を慕ってくれている、お弟子さんに向かって「バカ野郎」と暴言を吐くなんて、ちょっと傲慢すぎやしませんか?

ビートさんは、映画監督で成功したことで、天狗になっているのでは?

ダンカンさんとそのご家族に対して、謝罪した方が良いと思います。

ダンカンさんがかわいそうです。

ダンカンさんの立場になって考えてみてください。

私はダンカンさんが不憫で涙が出ます。

皆さんも私くらいに、思いやりを持って生きてくれれば、世界はきっとよくなると思います。

今後は「ダンカン、ありがとう」というフレーズに変更した方が、良いと思います。

その方が、テレビの視聴者も皆、ホッコリできると思います。

ダンカン、ありがとう」というのが恥ずかしいのであれば、

ダンカン、サンキュ♪」でもいいと思います。

あと、ダンカンさんご本人に面と向かって言うのが恥ずかしいのであれば、携帯電話の「メール」という機能を使えばいいんじゃないかと思います。

メールはとても便利ですよ。

天候不順のみぎり、くれぐれもお体を大切になさってください。

(68歳)無職 男性

 

コアな読者を増やすためにブログの方向性をどうすべきか考えた結果… - 自由ネコ

 

コアな読者を増やすためにブログの方向性をどうすべきか考えた結果… - 自由ネコ

68歳無職男性のウザさ、半端ないですwww

2016/06/04 12:35

b.hatena.ne.jp

 

お分かりいただけたでしょうか。

 

初っ端から、徹頭徹尾、芯を外しています。

フェアゾーンに飛んでないんです。

ファールチップです。

 

 

実は「クソリプ」は、日常に潜む身近な存在。 

皆さんが日頃、何気なく駆使しているリプライ(返信)…クソっていませんか?

 

NASAの協力を得てクソリプ(クソみたいなリプライ)を詳細に分類した図。

NASAは関係ないかも。

f:id:gattolibero:20160604131558j:plain

https://twitter.com/ikazombie/status/513994681290465281

 

ちなみに私自身が過去に皆さんに送ったリプライを確認してみたところ、7割はクソリプでした。おそろしい。

 

自分自身がクソリプ職人だったのです…!

 

※注

人間の体内の水分も70%

地球の表面の海水も70%

私のクソリプ率と全く同じ数値です。

因果関係は現在、調査中です。 

 

 

参考文献

gattolibero.hatenablog.com

 

 

「クソリプ職人(クソコメ職人)」の汚名を返上する秘策。

上記のクソリプ分類図に当てはまらない、「クソではないコメント」をしようと思うと、実はかなり苦労をします。

はてなブックマークのコメント欄もまた然り。

 

何となく書いたコメントは、確実にクソリプ認定の範囲内になってしまうのです。

 

では、一体どうすれば、我々一般市民が、クソリプ、クソコメントの呪縛から逃れることが出来るのでしょうか?

 

今のところ、私が導き出した答えはひとつだけ。

他にはちょっと思いつきませんでした。

 

クソリプ、クソコメントと相手に認定されない方法…

それは、

そこに「愛とユーモア」を忍ばせておくことではないでしょうか。

 

ドヤ顔で上から目線で正論風なコメントを投げつけるのではなく、

ほんの少しだけでも「愛&ユーモア」を含んだ言葉を贈ることを意識すること。

 

それだけで、コメントの内容自体はほぼ同じでも、相手の受け取り方、捉え方は全く別なものになるはずです。

 

愛とユーモアがあるコメントは、完全に的外れだとしても、許されます。(勝手な憶測)

 

 

今回の記事は、内容が大幅に想定外の方向へ行ってしまいました。 

なんか、この記事自体がドヤ顔で書いてる「クソ記事」になってしまいました。

 

まぁ愛とユーモアが若干含まれているから良しとしておきます。(自己都合) 

 

本当は、クソ田リプ男が、

アヴリル・ラヴィーンのゲリラ・ライヴに物申す」 

 っていう内容にする予定だったんですよね。

 

結局、アヴリルは1行も出てきてないし。

 

やっぱり今日は、ポケモンGOに関する記事を書くべきだったかも知れません。

とりあえず便乗出来る時に乗っかっておくべきでした…。

 

 

クソ田リプ男(68歳・無職)…

このキャラクターに何とか光を当てたいと画策している今日この頃です。