読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マスオ炎上】

いまだかつて、これほどまでに綺麗に燃えあがる炎上があっただろうか。

この火力ではマスオさんの遺骨も残らないだろう。

率直に言おう。

ちょっと笑ってしまった。

 

そもそも、マスオさんのブログ「嫁を動かす」は、当初から徹頭徹尾、クレイジーだった。

正直な話、私が過去に、マスオさんが書いたまともな記事を読んだのは一回きりです。(オレ調べ)

ず~~っと最初から、マスオさんの頭、おかしかったんですよ。

「この人、狂ってんなぁ~~!」って思いながら、ゲラゲラ笑いながら読んでたわけです。

少なくとも「嫁を動かす」の読者のみなさんは、マスオさんの狂人っぷりを楽しみにして、読者登録してるわけですよね。

たまにまともな事を書くと、逆に「おい、マスオ大丈夫か?」って心配しちゃう感じなんですよ。

 

 

マスオさんが書いた、まともな記事を読んで狼狽するワタクシ。

東京駅を降りて会社に向かうそこの若いの、聞いてくれ!という件 - 嫁を動かす

「ふざけていない」という事実に驚きを隠せないワタクシ。春の陽気のせいだろうか。マスオさんどうかしてるぜ…!

2017/04/10 12:11

b.hatena.ne.jp

 

 

他の読者も、困惑している様子。

東京駅を降りて会社に向かうそこの若いの、聞いてくれ!という件 - 嫁を動かす

真面目な話だとブコメがしづらい。

2017/04/10 20:41

b.hatena.ne.jp

 

とにかく、最初から徹頭徹尾、首尾一貫して、マスオさんは、ふざけた記事ばかり書いてるんです。

ちょっとホントに、ここに引用できないような卑猥なこととかコメントしてたり、酷いんです。ドイヒーなんです。

 

狂っているのです。

この男は!!

f:id:gattolibero:20170422081235p:plain

https://twitter.com/move_wife

 

 

それにしても、よく燃えてますなぁ~。春先は空気が乾燥してるのかな…?

問題のエントリーはこちら。

www.move-wife.com

 「発狂してるのは嫁ではなくお前だろwww!(ブログ開始当初から)」

というツッコミが、春風に乗って、野の花を揺らし、我々の耳元まで届いてきそうです。

 

あ~~面白いwww

相変わらず、頭おかしいwww

 

ところが…

マスオさんのクレイジーぶりを事前に知らなかった「いちげんさん」たちにとって、これは全くもって、笑いごとではなかったのです…。

まさに、

暖簾に腕押し、ネタにマジレス。

 

人気コメントのほぼ全てがバッシングという純度。

f:id:gattolibero:20170422082330p:plain

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.move-wife.com/entry/shitsuke

 

 おぅ…。

 

こういうことが起きるのかよ…。

やっぱ、はてな怖ぇわ…。

 

ブログ開始当初から一貫して、ふざけたスタンスでブログを更新してるのに、初めて訪れた人にとっては、そんなの関係ねぇって話です。

 

いや、わかるだろ、タイトルが「嫁を動かす」だぜ…?

クレイジーを装ってる芸風だろうがよ…。

と、思っているはずです。

以前からのマスオブログの読者のみなさんはね。

 

私はマスオさんの事を「芸風ではなくガチのヤバい人」だと思っていますけど。

まぁいずれにせよ、ここは笑うところでしょ、って思っています。

 

「しょうがないよ、マスオはそういう人なんだ」

達観ですよ。

あきらめの境地ね。

(いや、あきらめちゃダメか)

 

 

今回の騒動で、いろんなことを学びましたね。

こっちまで火の粉が飛んできたら困りますので、マスオさんを弁護は致しません。

炎上の原因は、マスオさんにあります。

人間として破綻しているマスオさんが悪いっ!

こらっ!マスオ!

ダメっ!

 

マスオさんは一回、派手に炎上しておくべきだったんですね、これで正解なんだと思います。

炎上して正解。

 

燃えたマスオ、

燃やしたブクマ職人、

それを見て爆笑したワタクシ、

まさに「三方良し」!!!

ナイス・ビジネスモデル!!

いや~、全員が得しちゃいましたね!!

ラッキーラッキー!!

 

最後、うまくまとまりましたね!

めでたい!

こいつは春から縁起がいいわい!

 

【追記】

 「マスオ」じゃなくて「マスヲ」が正解らしいですね。

でもクソめんどくせぇから訂正しません。

 

クレイジーなマスオさんに言及した過去記事。

gattolibero.hatenablog.com