読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリゴリの独断と偏見で選ぶ「録画してでも観たい」テレビ番組リスト

ここ数日、訳あってテレビをよく観ています。

いや~、今さらですけど世の中には面白い番組がたくさんありますね!

魔物ですよ、魔物。

テレビは魔物(笑)

今回は、私が「録画してでも目を通したくなる番組の数々」を紹介しますよ~。

 

チャンネル権の獲得、および、インターネット皆無の日々。そりゃテレビ観ちゃいますよ。

いま私は、両親の引っ越しによって無人となった実家の後片付けを、独りダラダラと続ける日々を過ごしております。

引っ越し先に持って行くもの、私が譲ってもらうもの、人にあげるもの、リサイクル業者に売るもの、ゴミにしかならないもの、and more…。

とりあえず、あと1週間もかからないと思うんですけど、それにしてもすごい量です。

人間が80年近く生きた場合に「貯め込める物資の量」ってハンパないですね…。

 

欲しいものは深く考えずにバンバン買って、不要になったらバンバン捨てる…。

(あるいは不要になったら押し入れや納戸の奥にとりあえず押し込んでおく)

そういう「大量生産大量消費」のサイクルに巻き込まれて、ある意味、翻弄されながら生きていくのはイヤだな~って。

つくづく思いましたね。

 

なんかもう、カモられてるような気がして。

欲しくもないものを買わされちゃってるんじゃないかと。

gattolibero.hatenablog.com

 

うろおぼえですが、

映画「ファイトクラブ」に中でタイラー・ダーデンは言っていました。

「お前は物に支配されている」

部屋の片づけをしていたら「ファイトクラブ」のVHS(!)のテープが字幕版と吹き替え版の2本、出てきましたので、近いうちに「山寺宏一さんの吹き替えによるタイラー・ダーデンの名言集」を改めて記事にしたいと思います。

 

こちらは過去記事。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

はい。

通常通り脱線しておりますね。

今回の話は「面白いテレビ番組」についてでした。

 

まぁそんなこんなで、引っ越しの後片付けをダラダラとこなしながら、インターネットと繋がっていない環境で数日過ごしているわけですが、一応、テレビは見ることが出来るわけです。

そして!

いつもテレビのチャンネル権を牛耳っている相方の「通称・大福」がいない!

そりゃテレビ観るでしょ。

(ちなみに、このエントリーは一時帰宅中に書いています)

 

 

ということで、人生のバイブル的存在と言っても過言ではない、私のオススメ番組はこちら!

 

探偵!ナイトスクープ

まず、真っ先に取り上げたいのはこちら。

これはもうね、今さら言うのもなんですが、本当に「生きる勇気」をもらえる番組です。

朝日放送 | 探偵!ナイトスクープ

泣けるし、笑えるし、人間ってイイな…って、思える番組です。

ナイトスクープに関しては、後日、改めて記事にしたいと思います。

言いたいことがありすぎるので。

視聴者参加番組なんですけど、とにかくね、登場人物が全員、素敵な人たちなのよ。

悪人がひとりも出てこない。

 

なんなんだろうね、この感じ。

「あれっ?世の中って、自分が思ってるほど悪くないんじゃね?」

って、思えるんですよ、ナイトスクープを観ると。

 

人生に絶望しかかってる時に観ると

「うん、もう一度、生きてみよう」

って思えるような番組です。

 

ナイトスクープの魅力に関して、めっちゃ言及したい…。

でも今日は我慢しておきます。

後日、改めて。

 

ちなみに、こちらから、最新の放送内容を確認できますね。

TVer(ティーバー)」。

これ、スゲー便利ですね。

番組放送終了から約7日間見放題だそうで。

見逃した番組もその週のうちなら、いつでも観れちゃいます★

探偵!ナイトスクープ」はこちらから。

探偵!ナイトスクープ|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

民放テレビ局が連携した公式テレビポータルサイトTVer(ティーバー)」。各局の好きな番組を、好きな時に、好きな場所で、好きなデバイスで!自由に視聴できるテレビの新しいスタイルです。

 

 

ドキュメント72時間

これもめっちゃ面白いんだよなぁ~。

面白いっていうか、興味深いと言うべきかな。

www4.nhk.or.jp

人々が行き交う街角に3日間カメラをすえてみる。
同じ時代に、たまたま居あわせた私たち。
みんな、どんな事情を抱え、どこへ行く?

 

例えば、

都内のカプセルホテルとか、

病院内にあるコンビニとか、

24時間営業のガソリンスタンドとか、

何か興味深い事情を抱えた人々と出会えそうな場所に72時間(24時間×3日)、取材班が張り込むわけです。

そうすると、いろんな人たちと出会えるわけね。

 

みんなそれぞれ、何かを抱えて生きてるワケ。

前出の「探偵!ナイトスクープ」もそうですけど、ドキュメント72時間に登場するのもまた、芸能人のような美男でも美女でもない、何かスポットライトが当たるような特別な功績を残した人でもない、普通の人々です。

 

私はね、きっとそういう「普通の人々」の人生に興味があるんでしょうねぇ。

いたって普通に見える人たちだって、いざ取材をしてみたら、みんなそれぞれ何か深い深い事情を抱えているんですよね。

ひとりひとりが、それぞれの人生の主人公なんです。

 

割と頻繁に、芸能人とかセレブの豪邸自慢みたいな番組とかあるみたいですけど、個人的には、そんなの全く興味が湧きません。

超~どうでもいい。

大金持ちが高級外車を何台持っていようが、ご自慢のシャンデリアが一千万円だろうが、そんなのはどうでもいいんです。

そこに共感は、ないんです。

タレントが、庶民には手の届かないご馳走を食べるような番組とかも、何が面白いのか全くピンと来ない。

「うらやましいなぁ~。自分も高級食材、味わってみたいな」

という反応が正解なのか何なのか。

 

セレブだか人生の成功者だか知らんけど、そんな連中の

「どう?すごいでしょ?」に、お付き合いしていられるほど人生は長くはない。

私には時々、そう思えるのです。

 

 

確か、映画評論家の町山智浩さんが

「自分の生きる力にならない映画なんて観てもしょうがないでしょ」(うろおぼえ)

っていうようなことを言ってたと思うけど、きっとそういうことなのかも知れませんね。

 

 

我々にとって大切なものって、

今日を

そして明日を

「前向きに生きる力を与えてくれる何か」なんだと思うんですよ。

 

極論を言ってしまえば、それが正しいとか間違ってるとか、そんなことはどうでもよくて。

 

誰の魂も救わない、誰の力にもならない言葉なんて、発信する意味がない

・・・・・・

ブログを書いている時、

ツイッターでつぶやいている時、

そんな思いが時々、私の脳裏をよぎったりするのです。

 

さて。

いい感じに脱線しております。

軌道修正。

 

 

長くなったので、残りのオススメ番組を一挙に公開!

 

ハートネットTV

www.nhk.or.jp

「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた新しいスタイルの福祉番組

障害や病のある人、悩んでいる人、支える家族や共感する人。現代社会には、さまざまな「生きづらさ」と向き合っている人がいます。そんな「生きづらさ」を抱える全ての方々のために、ハートネットTVはスタートしました。“当事者の目線”を大切に、ほかのメディアやニュースとは違う視点で「生きづらさ」を掘り下げ、シリーズ化して放送しています。
また、「生きづらさ」を抱える全ての方々がつながりあえる場になるよう、2006年の放送開始直後からこのホームページを運営しています。番組の放送スケジュールをチェックしたり、見逃してしまった過去の放送内容をテキストで読んだりするほかにも、「カキコミ板」での意見交換・情報交換など、みなさんの交流としてご利用ください。

 

 

100分 de 名著 

www.nhk.or.jp

一度は読みたいと思いながらも、手に取ることをためらってしまったり、途中で挫折してしまった古今東西の“名著”。
この番組では難解な1冊の名著を、25分×4回、つまり100分で読み解いていきます。
プレゼン上手なゲストによるわかりやすい解説に加え、アニメーション、紙芝居、コントなどなど、あの手この手の演出を駆使して、奥深い“名著”の世界に迫ります。
案内役は、タレントの伊集院光さんと、礒野佑子アナウンサー。
偉大な先人の教えから、困難な時代を生き延びるためのヒントを探っていきます!

 

 

ちょっとベタですけど一応!

プロフェッショナル 仕事の流儀

www.nhk.or.jp

番組に登場するのは、誰もが認める、その道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、数々の修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている仕事人たちです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか。これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか。そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか。普段はカメラの入れない仕事の現場に徹底密着。現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫ります。

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリー。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者のみなさんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への元気」をお届けします。

し烈な競争や成果主義ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことのだいご味を伝えたいと思います。

 

 

情熱大陸

www.mbs.jp

日曜の夜のひと時、一週間を前向きに生きるパワーを感じてもらうための明日に繋がるテレビドキュメンタリー。毎回、スポーツ、演劇、音楽、学術など、ありとあらゆる分野の第一線で活躍する人物にスポットを当て、その人の魅力・素顔に迫ります。

https://twitter.com/jounetsu

 

 

バリバラ

www6.nhk.or.jp

2012年にスタートした、障害者のための情報バラエティー「バリバラ」。
笑いの要素を織り交ぜ、これまでタブー視されてきたテーマにも挑んできました。
2016年4月からは、障害のある人に限らず
「生きづらさを抱えるすべてのマイノリティー」の人たちにとっての
“バリア“をなくすために、みんなで考えていきます。
みんなちがって、みんないい
多様性のある社会を目指して、バリバラは進化します!

 

 

スーパープレゼンテーション

www4.nhk.or.jp

さまざまな分野で世界の最先端を走る人たちがみずからのアイデアを披露するイベント・TEDカンファレンス。そこで行われたプレゼンから毎週1~2本を厳選、独自取材を交えてお届けします 。

 

 

 

人生には笑いも大切です。

ロンドンハーツ

www.tv-asahi.co.jp

 

 

アメトーーク!

www.tv-asahi.co.jp

 

 

はい、強引にまとめま~す。

本当は、まだまだオススメしたい番組があったような気もするんですが、忘れてしまいました。

とりあえず、今日はこんなもんでいいでしょう。

気が向いた時にでも第二弾を発表したいと思います。

あっ、

モーガン・フリーマンの「時空を超えて」の再放送も結構頻繁にやってますけど、あれも面白いですねぇ~。

まぁいいや。

きりがない。

結局、今日もグダグダなフィニッシュで恐縮です。

なんとなく私の、ゴリゴリに偏った好みが炸裂してしまいました。

 

「こっち系が好きなら、この番組もオススメですよ!」という、

皆さんからのナイスなタレコミも、随時募集しております('◇')ゞ★

よろしくどうぞ~。