自由律すぎる俳句をリリース。

このブログを読んでいる人は、かなりの確率で「翼の折れたエンジェル」だと思いますので、いまさら尾崎放哉について書くのは野暮かなって気もしますが、ちょっとだけ書きますか。